仕事の悩み

仕事ができるようになるために、今やるべき8つのこと!

更新日:

あなたの周りに、この人はすごいな!と思えるような、仕事のできる人はいますか?

そんな人を見ると、どうすればあんな風にサクサク仕事が進むようになるんだろう、それに引き換え私は…と比べてしまいがちです。

それなら、仕事ができる人の秘密を探ってみましょう。

仕事ができる人のやり方に、ヒントが隠れているはずです。

仕事ができるとはどういうことなのか、その特徴を踏まえて、仕事ができるようになるためのポイントをまとめました。

私も評価されたい!と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

仕事ができる人って、どんな人?

仕事ができる人って、どんな人?

一言で「仕事ができる」といっても、職種や立場によって評価が違うこともあります。

ただ、それぞれの職場で「この人はすごい!」と言われる人には、共通点が見られます。

例えば、このような人が仕事ができるといわれるのではないでしょうか。

例を挙げてみます。

  • レスポンスが早い
  • 決断力がある
  • 仕事の段取りが上手
  • 自分が今何をすべきか、仕事の優先順位がわかっている
  • トラブルの対処がうまい
  • 常に人の意見を聞き、学ぶ
  • 同じミスを繰り返さない
  • 客観的に物事を判断できる
  • 周りの人への対応が公平である

仕事ができる=勉強ができる、というのとは少し違います

頭がいい、賢いという点以外にも、人との関係の作り方や、仕事に対する姿勢などが問われます。

仕事ができるようになるために必要な8大要素とは?

仕事はできるようになるために必要な8大要素とは?

仕事ができる人の特徴はわかっても、具体的にどうすればそうなれるのか、実践方法を知りたいところです。

「あの人は仕事ができる」と言われるようになるためには、8つのポイントを押さえて行動してみてください。

1.自分が目標とする人を徹底的に観察する

上記で示した、仕事ができる人の特徴を備えている先輩や上司、もしくは自分が「この人みたいな仕事がしたい!」と思えるような人は身近にいませんか?

もしいれば、どうやって仕事をしているのか、徹底的に観察してみてください。

そして、その人のものの味方、考え方、人との関わり方など、自分とは違う点を見つけるのです。

そこに、仕事ができるようになるポイントがあります。

そうか、こういう時はそうやって考えるといいんだ!ということがわかると、仕事ができる人に一歩近づきます。

2.仕事に優先順位をつけて段取りを決める

次は何をやるんだっけ?やることが多すぎて何から手をつけたらいいかわからない!と慌ててしまうことはありませんか?

それは、仕事に取り掛かる前に、段取りができていないからです。

段取り上手は仕事上手。サクサクと仕事を進めている人は、頭の中に事前に決めた段取りが入っているので、手が止まることなく仕事を片付けていけるのです。

  1. この仕事の目的と期限を明確にする
  2. どれから手をつけるか優先順位を決める
  3. 期限から逆算して予定を立てる
  4. 不測の事態が起きた時のために余裕のあるスケジュールを立てる

こんな風にして、段取りを考えてから仕事に手をつけるようにしてみてください。

3.目の前の仕事に真摯に取り組む

仕事ができる人は、小さな仕事でも手を抜きません。

仕事に優先順位をつけることがあっても、それは「今やるべき重要な仕事かどうか」というだけであって、順位が下ならいい加減にやってもいいということではないのです。

華々しい結果が出ないような仕事でも、地味で小さな仕事であっても、大きな仕事と同じように真摯に取り組んでいる

ものです。

4.人に仕事を任せ、人を手伝う

自分一人でできることなど限られています。どうしても自分でないとできない仕事以外は、極力人に任せます。

それが、自分を楽にし、なおかつ人を育てることにもなるからです。

その上で、周囲で困っている人がいれば積極的に協力し、手伝います。

お互いにとってギブアンドテイク、Win-Winの関係が築ければ、人間関係も円滑になり、仕事もうまく回ります。

5.リスクマネジメントをしっかりする

目標を高く掲げて仕事に取り掛かるのは大事なことですが、理想だけでは物事が動きません。

常に「これがうまくいかなかったらどうしようか」というリスクについて考えているのが、仕事ができる人です。

リスクを想定できていれば、何かが起きた時に落ち着いて行動できますから、「あの人はトラブルが起きてもきちんと対処できる人」であるという評価が得られるでしょう。

6.失敗を必ず糧にする

きちんとリスクを想定しても、不測の事態は起こります。

思いも寄らないトラブルに発展することだってあります。

しかし、仕事ができる人は、同じミスやトラブルを繰り返しません。

それは、失敗したことから必ず何かを学んでいるからです。

  1. なぜこの事故が起きたのか(原因を探る)
  2. どうすればよかったのか
  3. 今後、どうするべきなのか

このようにして、起きたことから改善策を作ることが大事なのです。

間違いは起こるものですから、そこから必ず学び、ひと回りもふた回りも成長できる。

それができれば、仕事ができるという評価がもらえるようになります。

7.人のアドバイスを聞いて常に学ぶ

積極的に周囲にアドバイスを求め、耳の痛いことであっても、素直に聞いて参考にしましょう。

全く違う価値観を持った人の方が、自分にはない考え方、物の見方を教えてくれることもありますから、色々な人の意見を聞くのはとても大切です。

たとえ相手が年下でも、自分よりも経験が浅くても、他人の意見からは何かしら学ぶことがあります。

どんな相手からでも貪欲に学ぼうとする姿勢こそが、仕事ができるようになるために大切なことなのです。

8.いちいち落ち込まない

頑張っても結果が出ないことはあります。

仕事ができる人であっても、百発百中ではありません。

しかし、たとえ結果が出なかったとしても、仕事ができる人はいちいち落ち込まないのです。

落ち込んでいる暇があったら、次の対策を考えています。

落ち込んでも悔やんでも、過ぎた時間は取り戻せません

それよりも、この先どうすればいいのか、常に建設的に考えるようにすると、仕事ができる人に近づけるでしょう。

仕事ができるようになるとわかる!「本当は仕事ができていない人」ってこんな人

仕事ができるようになるとわかる!「本当は仕事ができていない人」ってこんな人

すごく忙しそうにしている人や、なんでも自分でさっさとこなしてしまう人が、仕事ができる人だと思っている人もいますが、それは少し違います。

なんでも自分でやろうとする人は、人に仕事を任せられない人、部下や後輩を指導できない人です

一人でなんでもやってしまうことの問題は、「この人がいないと仕事が回らない」という状況を作るということです。

そして、他の人の経験する機会を奪ってしまうということは、いつまでたっても後進が育たないということ。

会社にとっていいことではありません

部下や後輩に仕事を任せるのは勇気がいりますし、いい関係性を作っていく努力も必要です。確かに自分でやった方が早いですし、楽なのです。

しかし、そこをあえて人に任せることで、人を育て、自分も違う仕事に時間が避けるようになり、組織のためになるのです。

「私が全部やらないとダメなのよね」と思っているなら、それは間違いです。

社会人になって30代に入り、部下ができたら、部下を育てるのも仕事のうちです。

仕事を任せられないというのは、人を育てられないといっているに等しく、自分で「仕事ができません」と公言しているようなものだと思った方がいいでしょう。

まとめ

まとめ

あんな風になりたいなと思う人を見習ったとしても、次の日からいきなり仕事ができるようになるわけではありません。

でも、大丈夫です!

仕事ができるようになりたい、自分を変えたいと思っているなら、今回ご紹介したポイントを踏まえて、行動を積み重ねることできっと結果が出ます。

1つ1つは特に難しいことではありませんから、今日からでもできることをやってみましょう

周りを観察してみる、仕事の段取りを決めてみるなど、すぐにでもできそうなことから手をつけてみてください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.