仕事の悩み

転職に年齢上限はあるの?40代でも転職はできる?

更新日:

【12月2日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


転職の年齢上限については、色々といわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

28歳という説もあれば、35歳という説もあり、自分の年齢を考えた時、40歳も近いともう難しいかな?と諦めてしまう人もいると思います。

しかし、近年はその転職に関する年齢上限は、なくなりつつあるのです。

日本は労働人口が減ってきていますから、若いという点しかアピールすることがないよりも、多少年齢が高くても能力が高く、いちいち教えなくてもすぐ仕事をしてくれる人の方がいいと考える会社も増えてきました。

ですから、年齢だけで転職を諦めてはいけません。

とはいえ、年齢が上がれば若い人と同じ条件では見てもらえなくなりますので、年齢の上限を突破し、希望の転職を叶えるためにはそれなりの対策が必要です。

なぜ転職の年齢上限説が根強かったのか

なぜ転職の年齢上限説が根強かったのか

転職をするなら○歳まで、という年齢上限説は、いつの時代でもあります。

2008年のリーマンショック以前、転職サイト「doda(デューダ)」の調査によると、転職成功者の平均年齢は29.2歳でした。

この頃は、35歳が限界であるといわれていました。

それには2つ理由があります。

1つは、年代によって求められるスキルが違うため、年齢が上がるほど内定を勝ち取ることが難しくなっているためです。

高い給料を払うなら、それなりのスキルがなければ採用できないと考えるのは当然ですから、即戦力となる優れた人材でないと、なかなか転職ができなかったのです。

もう1つは、キャリアアップのための期間が足りなくなるということからです。

例えば、38歳で転職となると、60歳の定年までにあと22年しかありません。

今後のキャリア形成のことを考えると、できれば若い方がいいと、企業は考えるため、35歳で区切っている会社が多かったのです。

転職と年齢の関係〜企業が求めるものは?

転職と年齢の関係〜企業が求めるものは?

しかし、転職者の年齢は徐々に上がり、40歳以上の転職者も増えてきました。全体の割合としては、限界だった35歳以上の人が4分の1を占めるまでになっているのです。

また、2007年10月までは、求人広告に「○歳まで」と記載しても良かったのですが、法改正によって年齢制限が禁止されたことも、年齢が上がっていることと関係しているでしょう。

定年は伸び、終身雇用制もすでに崩壊しつつあります。

1つの会社に勤め続けるよりも、自分のやりたいことをやり、自分らしい生き方を探すために転職をする人も増えてきました。

転職に対するネガティブなイメージも、なくなりつつあります。

このような状況で、転職の年齢35歳上限説は、崩れているといっていいでしょう。

企業が35歳以上に求めるもの

そうはいっても、35歳以上の転職が楽になったわけではありません。

それは、大した経験がなくても若さを評価して採用される20代とは違い、35歳以上になるとそれなりの実績が求められます。

今後、管理職として活躍できるのか、マネジメント能力があるかというところがポイントになるでしょう。

企業が40代以上に求めるもの

40代以上になると、さらに求められるスキルは高度になります。

すでに管理職となっている年代でもありますので、即戦力であることはもちろんのこと、

  • ポータブルスキル
  • テクニカルスキル

など、年齢に応じたスキルが身についているか?ということもポイントになります。

会社によっては「業界経験○年以上」などの条件をつけているところもありますので、自分の経験がどう活かせるのか?ということをよく見極めることが大切です。

熱意だけでは採用されにくくなるのが40代です。

転職が成功しないのは年齢のせいだけではないかもしれない

転職が成功しないのは年齢のせいだけではないかもしれない

もしあなたが、なかなか転職活動がうまくいかない、やはり年齢が高いせいなのかな?と悩んでいるなら、頑張っている方向が間違えていないか、今一度見直して欲しいのです。

もしかして、

  • この先もずっと安定して働けるような上場企業がいい
  • 知名度の高い大きな会社がいい

と、企業の表面的な部分にこだわっていないでしょうか?

確かに、大きな会社は安定感があるように思えます。

長く働いている人も多いです。

しかし、実際はどうかというと、同期入社の人が多いほど、途中でふるいにかけられている人も多いのです。

今、出世をして長く働いている人は、競争を勝ち抜いた一部の人であり、途中からその一角に食い込むのは至難のわざです。

若くないから採用されないのではなく、大きな会社は人材が豊富なので、中途採用の人数自体が非常に少ないのです。

そのような狭き門を無理やりくぐろうとするよりも、自分という人間を必要としてくれる会社を探した方が、転職の成功率はぐんとアップします。

転職の上限年齢を気にするよりも大事なこと

 

転職の上限年齢を気にするよりも大事なこといまだに、「若年層のキャリア形成のため」という理由で、「30歳まで」というように、年齢制限をしている会社はあります。

しかし、長く人手不足が続いているので、中小企業ほど、即戦力となれる優秀な人材を求めています。

「自分にはこのスキルがある!」と自信を持って言えるものを持っているなら、年齢に関係なく、十分チャンスはあります。

年齢に応じた経験、スキルを身につけているか

企業が35歳以上の人に何を求めるのか、を考えれば、転職成功の道は見えてきます。

大学を卒業してから入社したとしても、新卒で入社していれば、すでに10年以上同じ会社での経験があります。

管理職にはならないまでも、後輩の指導を行うなど、ある程度のマネジメントは行ってきているはずですし、その仕事に関する資格を取得するなどしてテクニカルスキルも上がっているでしょう。

自分は即戦力で働けます、ということをアピールできるならば、むしろ35歳以上ということが武器になるのです。

自分で自分のアピールポイントがわからないという人は、転職エージェントなどを利用して、自分の強みを掘り下げるといいでしょう。

もし足りないと思うなら、今からでも遅くはありません。

勉強できることはどんどんして、スキルをアップさせましょう。

どうしてもこの会社に入りたいという熱意があるか

年齢にこだわらず、人柄で採用するという会社もあります。

そのような会社なら、ただ若いだけよりも、多少年齢が高くても熱意とやる気があって、一緒に会社を盛り上げてくれるだろうと思える人を採用するでしょう。

この会社で頑張りたいという気持ちは誰にも負けない!というくらいの気概で面接に臨んでください。

その熱意をわかってくれる会社がきっとあります。

情報収集がしっかりできているか

いくら書類を送っても面接までたどり着かないという場合には、企業研究などがしっかりできているか?という点をもう一度考え直してみます。

求人欄やホームページには「こういう人を求めています」ということが必ず書かれているはずで、自分がその人物像と一致しないのに応募しても、面接まで進むことは難しいでしょう。

履歴書を送るとき、どんなことをアピールすれば通りやすいのかは、求人欄にヒントがあります。

業界と企業研究を徹底して行ってみてください。

転職の条件を絞ることも大事

年齢が上がるほど、お給料も大事だし、家族のための休みも欲しいしと、転職にあたって望む条件が増えていきやすくなります。

自分が望む条件を全て満たすような企業はなかなかないため、「いい会社が見つからない」となってしまっている人もいます。

条件は、できれば3つくらいまでに絞って、どうしても外せない条件だけで会社を探してみてください。

まとめ:転職の年齢上限はなくなりつつあるが年齢に応じたスキルは必須

まとめ:転職の年齢上限はなくなりつつあるが年齢に応じたスキルは必須

転職は35歳まで、といわれた時代も終わりつつあります。

今は30代後半から40代の転職も増えていますので、年齢だけで転職をあきらめる必要はありません。

しかし、年齢が上がるにつれて、求められるスキルも上がります。

自分が年齢や経験に応じたスキルを身につけているだろうか?という点をよく掘り下げてください。

そして、企業研究を徹底し、自分にあった企業に応募してみてください。

そうすれば、年齢が高くても、転職は成功します。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【11月25日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.