女性の悩み

管理職にキャリアアップ!でも女性にとってはストレスがいっぱい!?

更新日:

バリバリ働く女性にとってキャリアアップは憧れ。

でもその一方で、女性の管理職はストレスも多そうだし大変そう、忙しそう…と感じませんか?

実際に上司にキャリアアップを打診されても、ストレスがかかりそうなどのネガティブな理由で辞退してしまう女性も多いんだとか

しかし女性にとってキャリアアップのチャンスは絶対に逃してはいけないもの!

あとで後悔しないように、女性のキャリアアップにはどんなストレスがかかるのか、またその対策法を事前に学んでおきましょう。

女性のキャリアアップでストレスに感じること


女性がキャリアアップをした場合、どんなことにストレスを感じるんでしょうか?

管理職の男女約5000名を対象にした国際EAP研究センターのデータを参考にしてみましょう。(2015年4月~12月に実施)

女性が男性よりもより感じているストレスの三大原因は

・組織体制
・風土が良好でない
・キャリア形成がうまくできない

ことでした。

このストレスチェックデータによると女性のストレス度は男性のおよそ2倍

同じ管理職同士なのに、男女の違いというだけで2倍のストレスがかかってしまうことになります

「ワークセルフバランス・ポジティブ」という言葉を聞いたことがありますか?

ワークセルフバランス・ポジティブとは、充実した仕事によってエネルギーをもらい、そのポジティブなエネルギーが仕事以外の生活面でも大きく影響し、ライフスタイル全体がポジティブなものになるという考え方です。

上記のデータからは、女性管理職はこのワークセルフバランス・ポジティブが実践できていないことで大きなストレスがかかっていることが分かります。

むしろ、仕事が悪影響して彼女たちの生活をより悪いものにしている可能性さえあります…

女性はストレスを感じやすい


女性は男性よりもストレスを感じやすいということをご存知でしたか?

一般的に女性はEQ(感情を読み取る能力・共感力)が男性よりも高いと言われています。

自分の感情の変化にも敏感だったり、まだ起きてもいないことを心配する能力があるのでストレを感じやすいのです。

実際に厚生労働省が行った調査を見ても、全年齢で女性の方が男性よりも悩み・ストレスを抱えていることが分かります。

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/04.pdf

また、なぜ女性がキャリアアップしてストレスを抱えてしまうのかというと、男性にはない“ライフステージの変化”があるからです。

結婚、出産、子育ては女性のキャリアに大きな影響を与えることは間違いありません。

・結婚・妊娠したら仕事をやめる
・子育てが終わったら社会復帰したいけど…
・まだまだ仕事がしたいのに、パートナーが子どもを欲しがっている
・育休明けてももとの仕事をできるだろうか
・子育てと仕事を両立できる?

などなど、結婚・出産・子育てによって仕事に制限が出てきてしまうためそれがストレスになってしまうケースも多いんです

働く女性のストレス対策


ストレスを抱えやすいのが女性ですが、発散する方法をきちんと知っていれば簡単にストレスをコントロールすることもできます

そこでここからは、毎日できるストレス対策を6つご紹介します。

1.気晴らしの時間をこまめにとる

一番やってはいけないことは、ストレスは溜め込むこと

人間ですから毎日ストレスを感じるのは当たり前。

それをいかにこまめに発散するかが大切になってきます。

お休みの日にまとめてストレス発散するのもいいですが、朝のちょっとした時間、通勤中、お昼休みなど、ちょっとした空き時間でできる自分なりのストレス発散法を見つけておくのがおすすめです。

2.他人の意見に惑わされない

友人や家族、ネットの情報など、現代にはありとあらゆる情報が溢れています。

さまざまなライフスタイルがある中で、仕事や育児・家庭にについても多種多様な意見があります。

そういった情報を知ると、「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と焦りや不安が出てきますが、自分は自分。

他人の意見ももちろん大事なときもありますが、あくまでも決めるのは自分です。

不必要な情報はどんどん置いていきましょう。

3.睡眠をしっかりとる

意外に思うかもしれませんが、睡眠不足だとストレスが溜まりやすくなると言われています

反対に、睡眠をしっかりとればストレス解消に繋がります。

最低でも1日6時間以上は睡眠を取るようにしましょう

あれもこれもやらなきゃと夜遅くまで起きているのだけは避けてくださいね。

4.誰かに相談する

誰かに相談することを遠慮しないでください

自分の中で溜め込むと、ストレスはどんどん大きくなります。

信頼できる人にまずは相談してみましょう。

案外相談してみたらすぐに解決する場合もありますし、誰かに話すこと自体がストレス解消にもなります

5.優先順位を決める

仕事で一番ストレスが溜まる瞬間は、やるべきことが山積みで何からやればいいのか分からないというときではないでしょうか?

女性は家庭でもやることがいっぱい

その上仕事までやることがいっぱいとなっては、とにかく目の前のことをこなすだけでいっぱいいっぱいになり、ストレスも溜まるし体力も尽き果てます

そんなときはまずはいったんタスクを整理してみましょう。

やるべきことを分類し、優先順位をつけてみてください

今すぐやらなければならないものはそんなにないことに気づくはず。

頭の中が整理されていると、ストレスも溜まりにくいものです。

6.好きなものを食べる

ストレスが溜まるとドカ食いしてしまう…という人がいますよね。

それはある意味理にかなっていて、食と幸福度は密接に関係しているため、本能的にストレスを軽減するために食べるという行動に走っているのです

とはいえ食べ過ぎは身体に悪いですし後々罪悪感も生まれやすいため、「本当に大好きなものをご褒美程度に食べる」というのがおすすめです。

たとえば毎週金曜日は、1週間がんばった自分へのご褒美としてハーゲンダッツのアイスを食べる、など。

ささいなご褒美でも、好きなものを食べるというのはストレス軽減にかなり効果的です。

それでもストレスがなくならないときは?


何をしてもストレス解消できない、イライラが続き、不安感、焦りなどが続く場合は、専門医を受診しましょう。

ストレスを抱え込みすぎると鬱などメンタル系の症状が出ることがあります

自分は大丈夫と過信せず、危ないと思ったらすぐにメンタルクリニックなどを受診しましょう

気持ちの問題だけでなく、

・集中力が続かない
・今まで簡単にできた仕事に時間がかかるようになった
・ミスが増えた
・朝起きれない

などの症状も単なる疲れと思われがちですが、鬱の可能性があります

鬱は適切なカウンセリングや治療で治せる病気です。

手遅れになる前に、病院に行きましょう。

まとめ


いかがでしたか?

女性が管理職にキャリアアップするとどうしてもストレスを抱えやすいです。

それは女性ならではの特性と、環境がもたらしているもの

ですが、ストレスが溜まるからという理由だけでキャリアアップを諦めるのはとてももったいないことです!

日々の細やかなストレス解消によって大きな負担がかかるのを避けられるので、ぜひ自分をうまくコントロールしてストレスを溜めないようにしてみてくださいね

-女性の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.