仕事の悩み 女性の悩み

結婚がきっかけの転職を成功させるには?タイミングが大事!

更新日:

【12月2日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


残業が多いなど、労働環境が良くない会社では、このまま結婚後も働き続けられるだろうか?と悩む女性も多いと思います。

結婚すれば、出産も考えている女性が多いですから、ワークライフバランスを重視して、今のうちに子育てしやすい会社に移りたいと思うのは当然でしょう。

しかし、結婚をきっかけに転職をするなら、慎重に計画を進めなくてはなりません。

とりあえず結婚してから転職するか、転職してから結婚するか、どちらがいいんだろう?と迷っているなら、この記事を読んで、しっかりタイミングを考えてください。

若いから、とりあえず大丈夫でしょ?と思っているなら、要注意です。

結婚を控えた女性の転職が難しいといわれる理由

結婚を控えた女性の転職が難しいといわれる理由

結婚するから転職、というのは意外と難しいとされています。

それは、いまだに「結婚、出産したら、すぐ辞めるんでしょう?」と思っている企業が多いからです。

特に、幹部や経営者が昔ながらの価値観を持っている男性だと、その傾向が強いでしょう。

辞めないまでも、すぐに育休に入られてしまったら、せっかくお金をかけて採用したのに、それが無駄になってしまうと企業側は考えます。

お金も時間も無駄になるくらいなら、少しでもリスクのある人をさけたいと思い、結婚を控えた女性の採用を渋るのです。

ですから、一般的には20代なら転職は有利とされていますが、30歳前後で、結婚適齢期といわれる年代は、転職が難しくなることがあるのです。

この年代の場合、結婚を機に転職を考えたとしても、結婚以外の理由で転職への熱意をアピールした方が良いでしょう。

結婚による転職を成功させる4つのポイント

結婚による転職を成功させる4つのポイント

結婚をきっかけに転職しようと思うなら、時期が大事です。

また、結婚のことだけでなく、ずっと先の人生も見据えて、しっかり計画を立てて転職活動に挑みましょう。

結婚前に転職する方が良い

結婚を機に、できるだけ働きやすい環境に移りたいと考えたなら、できるだけ早い時期に転職活動を始めることをおすすめします。

独身の方が身軽で、転職活動をしやすいからです。

自分のキャリアプランをしっかり立ててから転職活動をする

転職活動に入る前に、まずは自分が今後どのような人生を歩んでいきたいのか、仕事との関わり方をしっかりと考えていきましょう。

そうでないと、単に給料の良さや休日の多さなどで会社を選んでしまいがちになるからです。

  • 40代、50代になった時、その会社で大きな仕事が担えるような働き方をしたい
  • いずれは自宅で仕事ができるようなフリーランスになりたい

このように、10年先の自分を考えてみてください。

そこから逆算していくと、今どんな会社を目指すべきなのかがわかります。

女性の活用に積極的な会社を探す

既婚女性が少ない会社は、女性の活用に消極的だと判断したほうが良いでしょう。

どうしてもやりたい仕事がその会社でしかできないというなら別ですが、そうでないなら、わざわざ女性が少ない会社を選ぶ理由はありません。

女性の比率が多く、なおかつ幅広い年代の女性が活躍している会社が理想です。

結婚がきっかけでも仕事への熱意をアピール

自分の中で「結婚がきっかけ」という思いがあると、どうしての福利厚生など、労働条件に目がいってしまいがちです。

面接でも、うっかり「子供がいても働きやすそうだから」といってしまいそうですが、それは気をつけてください。

福利厚生が第一で、仕事を一生懸命する気はないのか?と思われたら、内定はもらえません。

たとえ結婚がきっかけだったとしても、あくまでも仕事に対する熱意をアピールすることが大切です。

今の会社では育休が取りづらいと感じたから転職したいと思ったかもしれませんが、それはいったん脇においてください。

  • ずっと仕事を続けていくために仕事の幅を広げたい。
  • もっとキャリアアップしたい。

など、ポジティブな理由を前面に押し出しましょう。

結婚をきっかけに転職活動をするときに注意したいこと

結婚をきっかけに転職活動をするときに注意したいこと

できれば、結婚の1年以上前には転職を成功させたいです。

内定をもらってからゆっくりと結婚式の準備ができるよう、スケジュール調整をしっかりしてください。

育休のことを考えると1年以上前に転職すべし

結婚して、子供も持ちたいと思っているなら、転職してから出産までに1年以上ある状態が理想です。

こればかりは予定通りにいかないこともありますが、もし転職直後に妊娠がわかった場合、産休は取れるとしても、育休が取れない可能性もあるからです。

というのも、労使協定により、「入社後1年は育休が取れない」と規定している企業があるからです。

この適用除外は法的に認められているため、意外と多いので注意が必要です。

もしこのような規定があった場合、入社してから1年は育休が取れないということにになるのです。

もちろん1年経てば申請はできるので、産休から一時的に復帰するか、もしくは欠勤扱いで育休までつなぐか、もしくは会社側と話し合い、育休を取れるようにしてもらうか、という方法はあります。

いずれにしても、少し面倒な手続きになりますので、できれば子供が欲しいと思っているなら、転職してから1年以上あくように、転職時期を考えた方が良いでしょう。

結婚式の準備が始まる前に転職活動を済ませた方が良い

結婚式直前は、忙しすぎて転職活動どころではなくなります。

特に、式の半年前くらいからは、招待客を選ぶなどの作業が本格化してくることもあり、これらの作業と転職活動を並行していくことは、かなり大変です。

ですから、できれば転職活動をささっと済ませ、スッキリした気持ちで結婚式の準備ができるよう、結婚式の1年前には始め、どんなに遅くとも半年前には、内定をもらっておきたいものです。

結婚後の転職は条件が合わなければ考え直すことも視野に入れる

結婚後の転職は条件が合わなければ考え直すことも視野に入れる

結婚してからの転職となると、必ず出産について聞かれるでしょう。

子供ができた場合、仕事がきちんとできるのか?辞めてしまうのではないか?と思われないようにするには、

  • 出産しても仕事は辞めないこと
  • 親のサポートなどを受けながら、夫婦で協力して家庭と仕事を両立させていくこと

など、出産後の予定について、明確に説明することが大切です。

要は、この人を雇ってもすぐには辞めないなと、企業側に安心してもらうことが大事だということです。

もし結婚していることで、思ったように転職活動が進まないなら、いっそのこと今の会社にとどまることも考えてみてください。

いい条件の会社が見つからないなら、たとえ報酬ダウンしても、今の会社の中で家庭と仕事が両立できそうな部署はないか、配置転換を願い出ることはできないか、上司と相談してみるのも良いと思います。

正社員として働いてた人が、パートなどにキャリアダウンしてしまうと、再び正社員に戻るのが難しくなります。

いい条件の会社が見つからない時は、転職そのものを考え直すという選択肢も考慮してください。

結婚を理由に採用しない会社なら割り切りも大事!

結婚を理由に採用しない会社なら割り切りも大事!

れから結婚する、あるいは結婚していることを理由に、なかなか仕事が決まらないと悩んでいる人もいると思います。

「どうせすぐ辞めるんでしょ?」というようなニュアンスで質問をしてくる面接官もいて、転職活動でストレスを溜めてしまう人もいるでしょう。

しかし、それは逆にあなたにとって良いことかもしれません。

確かに、せっかく採用したのにすぐに育休に入られるのが嫌だという企業側の考えも理解できます。

しかし、これから10年、20年と働く可能性のある人ならば、たった1年程度の育休は、それほどのブランクにはなりません。

むしろ、子供がいることによって効率的に仕事をしてくれることや、ママが働きやすい会社として優秀な女性が集まってくるかもしれないのに、いつまでも古い考えで人を採用しようとしているなら、そんな会社に入らなくてよかったのだと割り切ることもできませんか?

本来、採用する上で大事なことは、

  • 今後その会社でどう働きたいのか
  • どんな活躍をしてくれるのか

ということのはずです。

会社の求めるスキルとあなたのスキルが一致しなかったのなら仕方ありませんが、結婚を理由に採用しようとしない会社なら、今後発展することもないでしょう。

そんな会社からは断られてよかったのだと、ポジティブな気持ちに切り替えてください。

まとめ:結婚をきっかけに転職するなら結婚の1年以上前が理想

まとめ:結婚をきっかけに転職するなら結婚の1年以上前が理想

結婚後よりも、結婚する前の方が転職はしやすいです。

出産する予定があるなら、育児休業の取得などを考え、できれば1年以上前に転職を成功させるのが理想です。

今後のキャリアプランを明確にし、仕事への熱意をしっかり示すことで、内定を勝ち取りましょう。

ただ、家庭の事情によって、結婚後に転職しなくてはならないことも出てくると思います。

そんな時は、仕事を続けていくという意思を伝えるとともに、仕事と家庭を両立できるよう工夫しているということを話し、安心してもらえるようにしましょう。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【11月25日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み, 女性の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.