仕事の悩み

朝「仕事に行きたくない」と感じたときに心を楽にする方法

投稿日:

【1月20日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


毎朝、仕事に行くことを考えるだけでうんざり…と感じてしまう人は、ただの怠け心ではなく心が悲鳴をあげている可能性があります。

なぜ仕事に行きたくないと感じてしまうのか、理由は人それぞれですが、放っておくとその憂鬱な気持ちはひどくなるかもしれません。

憂鬱になる理由に合わせて対処することで、朝の憂鬱を減らすことができる可能性があるので、まずは仕事に行きたくないと感じる理由を考えてみましょう。

どんな理由で朝から「仕事に行きたくない」と感じてしまうのか

どんな理由で朝から「仕事に行きたくない」と感じてしまうのか

株式会社ビズヒッツがおこなったアンケートによると、「働きたくないと思ったことがある」人は84%もいることがわかりました。

また、@niftyニュースの何でも調査団がおこなった「仕事・職業についてのアンケート」によると、仕事を辞めたい、仕事に行きたくないと思った理由は以下の通りでした。

1位…人間関係

2位…仕事内容

3位…労働時間、残業

4位…評価

5位…体を壊す(壊した)

6位…給料が低い

7位…社風や風土

8位…企業の将来性

9位…ただ働きたくない

10位…雇用形態

このように、仕事内容に関することや職場内のこと、労働自体が嫌な人などさまざまな理由があることがわかります。

仕事に行きたくないと感じるのはどんな理由でも少なからずストレスがあるため、そのストレスを取り除くことで働く意欲になる可能性もあるのです。

次に、朝仕事に行きたくと感じる原因ごとに、対処法をご紹介するので見ていきましょう。

仕事に行きたくないと感じる原因①人間関係がつらい

仕事に行きたくないと感じる原因①人間関係がつらい

  • 今日も会社の人たちと関わらなければいけないのか…
  • 出勤したらあの人がいる…

など、人間関係でお悩みの方は多いでしょう。

では人間関係が嫌で、仕事に行きたくないと感じる場合はどうしたらいいのでしょうか。

職場の雰囲気が悪い場合

職場の雰囲気が悪いと感じる場合、原因はどこにあるのでしょうか。

  • 全体的に覇気がなく、みんな暗い雰囲気
  • 一部の人たちが陰口を言うなど雰囲気を悪くしている

このようになぜ雰囲気が悪いと感じるのか、原因はどこにあるのでしょうか。

全体的に覇気がないのであれば、自分がムードメーカーとなり挨拶をしっかりするなど雰囲気改善をしてみましょう。

あなたにつられて、職場全体の雰囲気が柔らかくなるかもしれません。

また、一部の人たちが雰囲気を悪くしているのであれば、その人たちとは関わらないようにうまく逃げてください。

お昼に誘われても、プライベートな用事があるなど理由をつけて断ってしまいましょう。

そうすることで、あなたに陰口などを言ってくることもなくなります。

上司がパワハラ気質な場合

パワハラ気質な上司は、気分が悪くなることでイライラをぶつけてきます。

適度に褒めるなどして機嫌を損ねないようにしておきましょう。

また、反抗すると余計に話が通じなくなることもあるので、落ち着いて対応することを心がけて。

怒鳴りだしても話半分に聞き流してしまいましょう。

もしもその上司のことを考えるだけで家からなかなか出られなくなったり、腹痛がおこるなどの影響が出てしまっているのであれば、早めに上司よりも上の役職の人に相談したり、異動や転職をした方がいいでしょう。

仕事に行きたくないと感じる原因②疲れ・寝不足

仕事に行きたくないと感じる原因②疲れ・寝不足

毎朝眠くて仕方がないので、会社に行きたくなくなるという人は、なぜ朝眠いと感じるのか原因に合わせて対処してください。

寝つきが悪い場合

寝る時間は遅くないけれど、寝つきが悪くてあまり寝た気がしないという人もいるのではないでしょうか。

寝つきが悪い人にオススメなのが朝日を浴びること。

朝日を浴びると眠気を感じる「メラトニン」というホルモンを抑制し、さらに朝日を浴びてから15時間前後でメラトニンが分泌され、自然と眠くなるようになります。

23時前後に眠りたいのであれば、朝7時ごろにウォーキングなどで全身にしっかりと朝日を浴びるのがオススメです。

デスクワークの人は筋トレなど体を動かしてみると、気持ちのいい疲労感により寝つきが良くなる可能性があります。

夜更かしで寝不足になる場合

ついつい毎晩趣味などで夜更かしをしてしまう…という人もいるでしょう。

楽しいと時間を忘れて没頭してしまったり、「あとちょっとだけ…」と思っていたら気付けば真夜中だったという経験はありませんか?

そのようなことが頻繁にあるのであれば、寝る時間にアラームをかけておき、アラームがなったら何があっても寝ると決めることで、「つい夜更かし」をキッパリやめましょう。

仕事の疲れが取れない場合

仕事の疲れが取れず毎朝仕事に行きたくないと感じる場合、体が疲れているのでしょうか、それとも心が疲れて体調に影響が出ているのでしょうか。

体が疲れている場合はストレッチをしたり、寝る前にスマホを見ることをやめたりして睡眠の質を高めたり、昼休みにも少し仮眠を取るようにしてみましょう。

心が疲れてしまっている場合は、人に話しをじっくり聞いてもらったり、自分の気持ちを日記などにすべて吐き出すのもオススメです。

思い切り笑えたり泣ける映画などを観るのも効果的。

自分の疲れはどこからきているのかを考えて、それに合わせて疲れを取りましょう。

仕事に行きたくないと感じる原因③残業が多い・休みが少ない

仕事に行きたくないと感じる原因③残業が多い・休みが少ない

残業や休日出勤は休む時間自体が少なく、朝起きたときに疲れが取りきれていないということもあるでしょう。

そのような場合は、まず自分の仕事がもっと効率化できないかを考えましょう。

仕事を効率化できればその分仕事が早く終わり、残業なども減ります。

効率的に仕事を進めるのであれば、出社後すぐにタスクの優先順位を見ながらスケジュールを組む習慣をつけてみてください。

そうすることで、やり忘れやだらだらと仕事をしてしまうことも防げます。

また、ひとりで抱え込まないことも大切です。

誰か手伝ってもらえそうな人がいるのであれば、手を貸してもらうことを躊躇しないで。

朝、仕事に行きたくないと感じるほどであれば、体だけでなく心も疲れてしまっている証拠でしょう。

人の手を借りることは悪いことではありません。

手伝ってもらった人が困っていたら、次は自分が手助けをすればいいだけなのです。

しかし、仕事を効率化しても手伝ってもらっても、どんどん仕事が舞い込んでしまったり押し付けられてしまうという職場もあるでしょう。

あまりにもつらいと感じるならば、転職を考えてみるのもひとつの方法です。

仕事に行きたくないと感じる原因④やりがいを感じられない

仕事に行きたくないと感じる原因④やりがいを感じられない

やりがいを感じられないと、目的や目標を見失いやすく仕事が嫌になってしまうこともあります。

しかし、今までやりがいを見出せなかった仕事で「やりがいを見つけるべき」と言われても難しいものです。

無理に今の状態でやりがいを見つけようとするのではなく、人に教えられるほど自分の業務への理解を深めることから始めてみましょう。

そうすることで、今まで気づかなかったやりがいを見つけられることもありますし、周りから頼りにされるようになるかもしれません。

仕事に行きたくないと感じる原因⑤給料が不満

仕事に行きたくないと感じる原因⑤給料が不満

自分の給料に満足しているという人は少ないものですが、不満を持ちながらもアクションは起こさないという人がほとんどなのではないでしょうか。

自分の貢献度やスキルに給料が見合っていないと考えるのであれば、給与交渉をしてみるべきでしょう。

自分にはスキルがないと考えるのであれば、スキルアップを目指しましょう。

なかには、「今の会社では昇給や昇進が望めない」という人もいるかもしれません。

そのような場合は、転職を検討してみましょう。

転職活動で、自分の市場価値はどの程度なのかも知ることができますよ。

仕事に行きたくないと感じる原因⑥働かずに暮らしたい

仕事に行きたくないと感じる原因⑥働かずに暮らしたい

「とにかく働きたくない!」という理由で、朝仕事に行くのが憂鬱だという人は、職場を変えても同じ理由がつきまといます。

このような考え方の人の中にも、働かなくて済むように必死に仕事をして貯金をし、不動産を購入して不労所得で生活をしている人もいます。

ただ「働きたくない」と考えるのではなく、自分がゆくゆく働かなくて済むようになるにはどうしたらいいかを本気で考えて、計画を立ててみましょう。

目標が見つかれば、その目標を叶えるための仕事も少し苦痛ではなくなるかもしれません。

仕事に行きたくないと感じる原因⑦家事との両立が苦痛

仕事に行きたくないと感じる原因⑦家事との両立が苦痛

家事との両立が苦痛で仕事に行きたくなくなってしまうのであれば、家族で家事の分担を話し合ってみましょう。

このように感じてしまう場合、家事を女性がほとんど引き受けていることが多いのではないでしょうか。

家事と仕事、どちらもしなければいけないことがつらいという気持ちを家族に伝えてみましょう。

仕事に行きたくないと感じる原因⑧通勤が苦痛

仕事に行きたくないと感じる原因⑧通勤が苦痛

都内で仕事をしている人は、通勤をしなければいけないことが苦痛で毎朝うんざりしてしまうと感じてしまう人が多いようです。

満員電車が嫌なのであれば、電車が満員にならない早い時間に家を出て朝活を始めてみるのもひとつの方法。

会社の近くにあるジムでひと汗かいてから出勤したり、カフェで朝食を摂りながら1日のスケジュールチェックなどを済ませておくなど、自分のためになることに時間を使うことで、朝の時間を充実させてみましょう。

まとめ:朝仕事に行きたくない理由を考えてみよう

まとめ:朝仕事に行きたくない理由を考えてみよう

働きたくないと思ったことがある人は84%もおり、多くの人が仕事に対して悩みがあることがわかりました。

朝から「仕事に行きたくない」と憂鬱になっていては、1日を元気にスタートさせることができないだけでなく、放っておくと「うつ」になってしまう可能性もあります。

自分がなぜ仕事に行きたくないと感じるのか理由を考えて、その理由を無くすためにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【1月20日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.