【10月28日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事の悩み

肺炎で仕事を休んだら給料はどうなる?新型肺炎の場合は?

更新日:

肺炎は、子どもや高齢者がかかりやすい病気ですが、免疫力が下がっていると誰でも発症してしまう可能性があります。

もし肺炎になってしまったら、仕事はどの程度休むべきか、もし休んだら、お給料はどうなるのかが気になるところです。

また、新型コロナウイルス感染症は、新型肺炎とも言われ、重症化すると肺炎を発症する可能性のある病気です。

今回は、肺炎にかかってしまったときにどう対処すべきか、新型コロナウイルスの場合も含め、具体的に説明します。

肺炎はどんな病気?

肺炎はどんな病気?

肺炎は、ひとつの病気と思う人もいるかもしれませんが、実は、肺に炎症が起こる病気をまとめて肺炎と呼びます。

一般的な肺炎の症状とは?

肺炎の症状は風邪やインフルエンザに似ていると言われ、具体的にはこのようなものがあります。

  • 激しい咳
  • 黄色や緑色のタン
  • 息がゼーゼーする
  • 1週間以上の発熱

またひどい肺炎では、呼吸困難になり人工呼吸器を必要とする場合もあります。

感染する肺炎と感染しない肺炎がある?

ほとんどの肺炎は感染するので注意が必要です。

感染する肺炎にはこのようなものがあります。

  • 細菌性肺炎(いわゆるバイ菌が原因)
  • ウイルス性肺炎(インフルエンザウイルスやアデノウイルスが原因)
  • マイコプラズマ肺炎

細菌性肺炎とウイルス性肺炎は、子どもや高齢者が感染しやすい肺炎ですが、免疫力が落ちていると誰でもかかる可能性があります。

マイコプラズマ肺炎はウイルスと細菌の中間の特徴を持っていて、主に子どもがかかる肺炎ですが、大人でも40代未満の人がかかりやすいと言われています。

新型コロナウイルスによる肺炎

新型コロナウイルス感染症の症状は人によって異なりますが、もし重症化して肺炎になってしまうと、このような症状が現れます。

  • 呼吸が苦しい、または息切れ
  • 胸の痛み、または圧迫感
  • 言語障害、または運動機能の喪失

しかしながら、ほとんどの感染者は肺炎まで重症化することなく回復すると言われています。

感染しない肺炎とは?

感染しない肺炎はこのようなものがあります。

  • 過敏性肺炎
  • 薬剤性肺炎

これらは、カビや薬剤などによって起こるアレルギー性の肺炎なので、体調が回復すれば感染の心配なく仕事に復帰できます。

肺炎で仕事を休むべき期間は?

肺炎で仕事を休むべき期間は?

会社の就業規則に感染症で休む期間が書かれている場合は、それに従うことになるので事前に調べておくと良いでしょう。

また、就業規則に書かれていない場合は、医師の判断を聞いて、上司に相談することになります。

細菌性肺炎の場合

細菌性肺炎は、症状の重さによって変わりますが、仕事に行けないような状態で入院した場合は、2〜3日で解熱し、1週間くらいで退院できることが多いです。

ウイルス性肺炎の場合

ウイルス性肺炎は、ウイルスが原因となっているのでそれぞれのウイルスの感染力によって休むべき期間が異なります。

例えば、インフルエンザウイルスは、通常「発症から5日、かつ、解熱から2日」程度、アデノウイルスは1〜3週間で感染力が落ちると言われています。

いずれも、症状の重さによって異なるので、体調が回復してきたら医師に判断してもらい仕事復帰することになります。

マイコプラズマ肺炎の場合

マイコプラズマ肺炎は、2〜3日発熱したあと感染力が落ちるまで1〜2週間かかるとされています。

しかし感染力は強くないので発熱がおさまれば、医師に判断してもらい出勤可能になります。

その場合は、周りに感染させないように、マスクをするようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症の場合

新型コロナウイルス感染症の場合、厚生労働省の2020年5月1日の通達によると、「宿泊療養または自宅療養を始めた日から14日」経てば、仕事に復帰可能とされています。

また入院した場合、5月29日の通達では原則として「発症日から14日間経過し、かつ、症状軽快から72時間経過した」場合に退院して仕事復帰ができるとされています。

肺炎で仕事を休んだらお給料はどうなる?

肺炎で仕事を休んだらお給料はどうなる?

肺炎で仕事を何日も休む場合、お給料がどうなるか心配です。

休む場合は有給休暇を使うべき?

肺炎で仕事を休む場合は、有給休暇を消化するのが無難です。

なぜなら、有給を使わない場合は、休業手当や傷病手当金で対応することになりますが、それらは給料の一部しか補うことができないからです。

しかし、もし会社から有給を使うように言われた場合は、会社側から強制するのは違法なので、断っても問題ありません。

有給の残り日数次第で、あなたが得だと思う方を選ぶようにしましょう。

申請するときは上司に相談することになりますが、総務や経理の担当者に伝えるように言われる場合もあります。

有給休暇がない場合はどうする?

一般的に、有給休暇は、会社で半年以上働かないともらうことができません。

半年以上フルタイムで働いた場合は、1年につき10日間をもらうことができ、勤続年数によって増えていきます。

働いた期間が半年未満の場合や、有給をすでに消化してしまっている場合は、欠勤扱いになってしまうので、休業手当などを申請すると良いでしょう。

休業手当をもらえる条件は?

就業規則の中に、休業手当について書かれている場合は、すんなりともらうことができますが、明記がない場合は、会社側から積極的に休業手当を支払うことは少ないようです。

しかし、労働基準法では、従業員が休む理由が「会社の責任」の場合に、平均賃金の60%以上の休業手当を支払うと決まっています。

肺炎で休む場合は、法律で就業が規制されていないので「会社の責任で休ませている」と解釈するのが一般的で、休業手当を支払うべきだとされています。

なので、就業規則に書かれていない場合でも上司に相談するか、総務や人事の労務担当者に聞いてみると良いでしょう。

傷病手当金はもらえる?

「休業手当を会社に請求するのはちょっと…」と気がひける人は、傷病手当金を申請すると良いでしょう。

傷病手当金は、健康保険に加入している人が、仕事以外で病気をした場合でも申請できる手当です。

金額は、休んだ分の3分の2をもらうことが可能ですが、休業4日目からしか申請できないので注意が必要です。

その場合は、3日目までは、有給休暇か休業手当で対応して、4日目以降を傷病手当金を申請するのがおすすめです。

傷病手当金は、一般的には、会社の人事部門を通して申請することになっているので、もし4日以上休むことになってしまった場合は、早めに申請書類などをもらっておくと良いでしょう。

新型コロナウイルスで休んだらお給料はどうなる?

新型コロナウイルスで休んだらお給料はどうなる?

新型コロナウイルスが原因で休んだ場合も、まずは有給休暇を消化するのが無難ですが、休業手当などは一般的な肺炎の場合とは異なる判断が必要になります。

新型コロナウイルスに感染した場合の休業手当は?

新型コロナウイルスに感染した場合は、会社に休業手当の支払い義務がありません。

なぜなら新型コロナウイルスは感染症法で就業規制が決められているので、従業員を休ませたのは会社の責任ではないと解釈され、会社が休業手当を支払う義務がなくなるのです。

風邪をひいて念のため休んだ場合は?

風邪をひいたら「新型コロナウイルスかも?」と念のため仕事を休むかもしれません。

その場合、自主的に休むときは、会社の責任ではないとされるので休業手当は支払われません。

しかし、実際には会社から休むように指示されることが多いようです。

その場合は会社の責任になるので、会社は休業手当を支払う義務があります。

傷病手当金はもらえる?

厚生労働省の2020年3月24日の通達には、傷病手当金の支給対象者として「新型コロナウイルス感染症に感染した被用者(発熱等の症状があり感染が疑われる者も含む。)」と書かれています。

つまり、感染して休んだ場合はもちろん、発熱などで念のため休んだ場合も、傷病手当金をもらうことができます。

会社自体が休業した場合は?

会社自体が休業してしまったら、雇用調整助成金などの制度を会社が利用できた場合は、給与の60%〜100%に当たる休業手当が支払われることもあります。

まとめ

まとめ

肺炎は子どもや高齢者がかかりやすく、自分は関係ないと思ってしまいがちですが、実は免疫力が下がると誰でもかかってしまう怖い病気です。

肺炎の種類や症状によっても仕事を休むべき期間がまったく違うので、医師に相談して正しい判断をするようにしましょう。

仕事を休むときは、有給休暇を消化するのが無難ですが、休業手当や傷病手当金でお給料の一部を補うこともできます。

もし新型コロナウイルスに感染した場合は、休業手当はもらえないので、有給休暇か傷病手当金で対応すると良いでしょう。

肺炎は人に感染させてしまったり、悪化すると入院が必要になることもある病気なので、まずはゆっくり仕事を休むようにしましょう。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【10月28日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.