人間関係の悩み 仕事の悩み

人間関係の悩みは解決できる?試してほしい7つの対処法

投稿日:

【9月30日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


仕事が嫌いなわけではないけれど、人間関係が嫌で仕事に行きたくないという人は多いと思います。

せっかくその会社で頑張ろうと思って入社したのに、人間関係の悩みで辞めてしまうのももったいないです。

しかし、あまりにストレスがたまると健康にも良くありませんし、何より、仕事が楽しくなくなってしまいます。

世の中、いろんな人がいるとわかっていながら、なぜ人間関係の悩みは尽きないのでしょうか?

どのようなことで人間関係に歪みが生じるのか、原因を紐解きながら、もっと楽に生きていくためのヒントについて、まとめました。

相手ではなく自分に原因が?人間関係で悩む原因

相手ではなく自分に原因が?人間関係で悩む原因

重箱の隅をつつくようなことばかり言ってくる上司や、言うことを聞かない後輩など、困った人はどこにでもいます。

しかしその「困った人」とは、自分側の定義づけに過ぎないのかもしれません。

相手から見ると、あなたの方が「困った人」だと思われている可能性もゼロではない、というのが人間関係の難しいところです。

コミュニケーションがうまくできていない

自分の言いたいことだけを言って、相手の話を聞かなかったり、自分の意見が正しいと押し付けたりしていないでしょうか?

そんなことはしていないと思うかもしれませんが、「私の意見の方が絶対正しい!」と思いがちな人は、要注意です。

会話はキャッチボールですし、相手を尊重し、お互いの意見を交換しあって理解を深めていくものです。

これが、コミュニケーションの基本です。

しかし、そのキャッチボールができず、相手を尊重する姿勢がないと、人間関係はうまくいかなくなります。

相手に対する思いやり不足

誰しも、疲れて機嫌が悪い時はあります。

そんな時に、つい感情的な態度になってしまったり、思いやりのない言動をしてしまうことはないでしょうか?

気持ちに余裕があったら、絶対そんな態度はしないのに、というようなことです。

相手だって疲れているのに、そのことに全く思いが至らず、配慮を忘れてしまう。

「なんでこうしてくれないんだろう?」と腹を立て、それが態度に出てしまうと、相手もあなたに対して、良い感情は持たなくなります。

こんなことを繰り返していると、当然ながら、人間関係はうまくいかなくなります。

自分にも厳しいが他人にも厳しい

人にはそれぞれ、得意なことと不得意なことがあります。

自分にできることが、他の人にもできるとは限りません。

しかし、自分に厳しく、努力を重ねてきた人は、つい他人にも自分を同じ基準を求めてしまうことがあります。

自分に厳しいのはいいのですが、他人にも自分と同じ努力や結果を求めてしまうと、「そんなことできないよ」と反発されてしまうでしょう。

完璧主義な人ほど、その傾向があるので、注意が必要です。

人によって態度が変わる

  • 上司に対する態度と後輩に対する態度
  • 仲の良い人とそうでない人に対する態度
  • 自分にとってメリットのある人とそうでない人に対する態度

これらの態度に温度差があると、「あの人は信用できない」という評価になってしまうでしょう。

どの態度が本心なのか、わからないからです。

八方美人、腹黒いなどと言われてしまうこともあります。

適度な距離感がわからない

仕事の人間関係は、友達とは少し違う距離感が必要です。

近すぎても「友達じゃないのに」と思われますし、かといって遠慮が過ぎるのも考えもの。

相手によって、適度な距離感というのがあるので、それを見出すのが難しいのです。

その距離感を間違ってしまうと、いい関係を築くことができません。

馴れ馴れしくしていないか、あまりにズバッと直接的な物言いをしていないか、客観的に見るのは難しいですが、他人への接し方を見直してみることが大切です。

会話をスムーズにして人間関係を好転させる7つの方法

会話をスムーズにして人間関係を好転させる7つの方法

人間関係を円滑にするには、コミュニケーションをどうやって取っていくのかを考えます。

コミュニケーションを上手に取るには、日々の会話が重要ですから、次のようなことに注意してみてください。

1.誰にでも平等に接すること

人によって態度が変わる人は信用されません。

相手が目上の人でも後輩でも、分け隔てなく、誠意を持った対応をしましょう。

上の人にはいい顔をして、下の者には厳しいというのが一番嫌われます。

むしろ逆で、上の人であっても意見をはきちんといい、下の者のミスには寛大になるなど、人間の器の大きさを示すような態度でいたいものです。

2.相手を思いやる気持ちを持つ

誰かに何か言う前に、「こんな言い方をしたら相手はどう思うか?」ということを一度考えてから言葉を口にする、というくせをつけると、言葉の失敗が少なくなります。

特に、仕事で意見が衝突してヒートアップしているときは、一度その場を離れて冷静になることも大事です。

自分の言いたいことややりたいことばかりを優先せずに、相手の気持ちや立場を思いやり、「Win-Win」の関係を築くにはどうすればいいか?ということを考えて、議論をするようにしましょう。

3.人の話を真摯に聞く

自分の話をきちんと聞いてくれる相手とは、また話したいなと思いませんか?

人は、人の話を聞くよりも、自分が話したい、自分の話を聞いて欲しいと思うことが多いものです。

だからこそ、「話したい」とい気持ちをぐっとこらえ、人の話に真摯に耳を傾けます。

時折、

  • それは面白いね。
  • へえ、そうなんだ。
  • それで?どうなったの?

など相槌を入れながら話を聞くと、相手は「きちんと聞いてくれている」という印象を持ってくれるでしょう。

4.意見の違いを受け入れる

仕事の上で、意見が合わないことはよくあることです。

普段仲が良くても、衝突することがあるのですから、もともと合わない人ならなおさらでしょう。

そんな時、「あの人の意見は間違っている」というように、ジャッジをしないことです。

是か否かで考えていると、人とぶつかってばかりになるので、「そういう意見もある」といったん受け止めることが大切です。

つい「でも」と言い返してしまいがちな人は、特に注意してください。

自分の意見を曲げるということではなくて、相手の意見を否定しないということです。

5.苦手な人の「いいところ」を見つける

一度苦手だと思うと、嫌なところばかり目についてしまいがちなので、そんな時こそ、その人の長所を見つけるようにしてみてください。

嫌いだと思っていると、どうしても態度や言葉にその感情が出てしまい、相手に自分の感情が伝わってしまいます。

そうなる前に、相手をよく観察して、いいところを見つけるようにしてみてください。

こんな一面もあるんだということがわかると、少しずつ見方が変わってきます。

6.トラブルになった時は誠実に向きあう

どんなに気をつけて、自分が歩み寄ろうとしても、人間関係のトラブルは起こるものです。

悪気はなかったのに、相手を傷つけてしまうこともあります。

そんな時は真摯に向き合い、関係改善のために、自分ができることをやるしかありません。

もし、相手が悪い!と思うなら、何が嫌だったのか、冷静に自分の気持ちを伝えます。

自分に非があると思うなら、真摯に謝りましょう。

7.人に相談してみる、客観的な意見をもらう

悩んでいる時には、視野が狭くなっていたり、自分の考えにとらわれたりして、客観的に物事を見られなくなっています。

そんな時は、家族や友達など、仕事とは関係のない人に話をしてみませんか?

仕事と関係ないからこそ、客観的な意見が聞けると思います。

そうか、そういう考え方、見方もあったのかと気づくことがあれば、これからの人間関係を改善していくヒントが見つかるかもしれません。

人間関係、時には割り切りも大事!

人間関係、時には割り切りも大事!

自分がいくら頑張っても、改善できない人間関係もあります。

相手がいることなので、お互いに歩み寄っていかなければ、いい関係はできないでしょう。

自分ができるだけのことをやってみて、それでもうまいくいかないなと感じたら、仕方ないと割り切ることも必要です。

  • 挨拶だけはしっかりする
  • 仕事だからと割り切って、必要な話だけをする

こんな風にやり過ごしてみましょう。

会社は仕事をするところなので、友達になる必要はないんだと思うと、少し気が軽くなります。

まとめ:人間関係の悩みはコミュニケーションで解決!

まとめ:人間関係の悩みはコミュニケーションで解決!

いくつになっても、人間関係の悩みはつきません。

自分が原因のこともあれば、全く悪気がなかったのに相手を傷つけてしまうこともあります。

人間関係で悩んでいる時には、相手の嫌な点ばかりが目についてしまいがちですが、それはお互い様。

自分にも何か改善する点はないか?と冷静に考えてみてほしいです。

その上で、できることをまずやってみて、それでもうまくいかない時には、仲良くならなくても仕事さえ進めばいいんだと割り切ってみてください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-人間関係の悩み, 仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.