COLUMN

  1. HOME
  2. ブログ
  3. COLUMN
  4. 【全8項目】仕事が虚しいと感じる理由と効果的な解決策・対処法!

【全8項目】仕事が虚しいと感じる理由と効果的な解決策・対処法!

「仕事をしていても虚しいと感じてしまう」
「いくら仕事をしても報われない環境にいて虚しい」
「必死に頑張っても認められずに虚しい」
「虚しいと感じることが多くて仕事を辞めたい」

仕事と向き合っていく中で、そんな風に「虚しい」と感じている人は少なくありません。

誰だって理不尽な扱いを受けたり評価を得られない時期が続くと、虚しいと感じるもの。

あなたは確かに、ただただお金を得るために働いているのかもしれません。

しかし、職場の期待に応えられずに微妙な存在になってしまうと虚しくなりますよね。

・職場で期待をされなくなっている
・自分でも自分の成長を実感できない
・自分が会社の役に立っているかわからない

いくらお金のためとはいえども、上記のような状態になると人は仕事に対し虚しいと思うようになります

そんな虚しい感情から抜け出すためには仕事を続ける目的や将来の展望が必要

そこで、この記事では仕事を虚しいと感じる理由や解決策をご紹介します

ご紹介する内容を実践に取り入れて、仕事に感じる虚しい気持ちから脱却しましょう

仕事が「虚しい」と感じてしまう5つの理由!


この項目では仕事が「虚しい」と感じてしまう5つの理由をご紹介します。

あなたに当てはまる項目がないかチェックしながら読み進めてみてください。

それでは早速、仕事が虚しいと感じる主な理由をみていきましょう。

①あなただけが「報われない」と感じる

仕事が虚しいと感じるのは、あなたが報われないと感じていることが原因かも。

「真面目に働いていたのに手を抜いていると思われた」
「困っているのに誰も助けてくれない」

あなたがそんな状況にいるのなら「報われない」「虚しい」と感じるはず。

真面目に仕事をしているのに、サボっている人は放置されて自分だけ怒られる

あなたの職場ではそんな状況になることはありませんか?

もしも心当たりがあるなら、仕事をすることがバカバカしくなってしまいますよね。

そんな状況は上司や会社の感覚が少しずれていることがほとんど

そして、職場に信頼できる人がいない人も仕事に虚しさや報われなさを感じやすいはず。

あなたは「自分が報われない状況」に置かれていないか振り返ってみましょう。

②自分の努力や成果が正しく評価してもらえない

自分の努力や仕事の成果が正しく評価してもらえないことも虚しいと感じる原因のひとつ。

「自分の仕事は会社に利益を与えたはずなのに後輩が先に出世した」
「どんなに仕事の成果を出しても自分は評価されない」
「個人的に上司が可愛がっている人から順に評価されている」

そんな風に会社に尽くしてきた結果が正しく評価してもらえないことはありませんか

心当たりがあるなら、これも仕事を虚しいと感じてしまう大きな原因になります。

正直なところ、仕事と言えども人間がしていること。

そう考えると上司の好みなどが評価に反映されるのは仕方がない部分もあります

しかし、実際に自分の評価を後回しにして周囲ばかりが出世するのは辛いこと。

あなたが他人よりも能力があるのに適切に評価されないのは理不尽そのものです。

このような環境にいては仕事を虚しいと感じてしまっても仕方ありません。

③仕事に対する情熱や目的を失ってしまった

仕事に対する情熱や目的を失ってしまった人も仕事を虚しいと感じてしまいがち。

「気がついたら仕事への情熱を失っていた」
「仕事に対する目的が見えなくなってきた」
「今の仕事に期待していたことと現実が大きく違った」

いつの間にか仕事への情熱が薄れてしまうと、同時に目的も見失ってしまいがち。

情熱や目的を忘れて仕事をこなすようになると、人は虚しいと感じてしまいます

気持ちの入らない仕事は作業的になりがちで、毎日が同じ感覚に陥ってしまうのです。

また、仕事に対する理想と現実のギャップが大きい場合も虚しいと感じる原因のひとつ。

これらのことが原因になって仕事への熱意が失われていないかも重要なポイントです。

④自分自身の成長が実感できなくなった

自分自身の成長が実感できなくなったときも仕事を虚しいと感じてしまいます。

「毎日が同じ仕事の繰り返しで刺激がない」
「ルーティンワークばかりで変化がないのが辛い」
「自分が前進している実感が持てていない」

あなたはそんな風に感じることはありませんか?

自分の成長や前進する感覚が実感できないことは虚しいと感じる原因になります。

同じ仕事内容で同じ行動、同じ人と接するだけの毎日は辛いもの。

このような繰り返しでは新しいスキルや知識は身につかなくなってしまいます。

周囲の出世が目立つ中、あなただけ取り残されている状況に陥っていませんか?

もしも心当たりがあるなら、対策が必要な状況だと言えるでしょう。

⑤期待されなくなってしまった

周囲に仕事での期待されなくなってしまうことも虚しいと感じる原因となります。

「上司から仕事を任せてもらえなくなっている」
「同僚に期待されていないことがわかる」
「会社から見放されている感じがする」

本来であれば何年も仕事を続けていれば、少しずつ任される仕事が増えるもの。

しかし、勤務年数を重ねても任される仕事が増えないと感じる人もいるはず。

そんな状況にいると自分が会社から出世の期待をされていないと思ってしまいますよね。

組織の中で動いているのに、誰からも期待されていない

そう感じてしまうことは、虚しさを感じることに直結しています

仕事で「虚しい」と感じた時の3つの解決策・対処法!


仕事で「虚しい」と感じた時には3つの解決策・対処法があります。

あなたが仕事に虚しいと感じることが多いなら、この項目を参照してください。

ここで読んだ内容は必ず取り入れて実践することで効果を発揮します

必ず実践することを忘れずに、イチ早く取り入れてくださいね。

①仕事に工夫を施して「やりがい」を見つけよう!

仕事を虚しいと感じた時は仕事に「やりがい」を見つける意識を持ちましょう

仕事の「やりがい」を持つためには仕事に工夫を施すことが最も効果的

簡単なことではありませんが「やりがい」を感じられるように変化を与えましょう。

・自分の好きなお客さんに喜んでもらえるように工夫する
・自分なりに今の仕事を面白く捉えられるようにしてみる
・仕事の好きな部分、得意な部分に特化して取り組んでみる

そんな風に少しの変化や刺激を自分の仕事に与えてあげるのがいいでしょう。

そうすれば仕事を新鮮に捉えられるようになるはず。

その結果、時間の経過と共に虚しいと感じることは少なくなる可能性が高いです。

あなたの考え方ひとつで実践できるので、まずは着手してみてください。

②部署・担当を変えてもらって心機一転しよう!

それでも仕事に感じる虚しいという気持ちが治らない人もいるでしょう。

それなら少しでも環境を変えてもらうことで自分の環境に変化・刺激を与えましょう

部署や担当の変更を願い出ることは勇気が必要なことかもしれません。

しかし、あなたが今の環境にそのままいる方が恐ろしいことである可能性は高いです。

自分の立ち位置や目線を変えることは考え方にも良い影響を与えるでしょう。

周囲に関わることなので、必ず実行できるとは限りませんが効果的な手段です。

会社に相談をして様子を伺ってみる価値は十分にあると言えるでしょう。

③将来を見据えて転職することも検討しよう!

どうしても今の仕事に虚しいと感じるなら、転職を検討することも視野に入れましょう

あなたは心の底から、今の会社に対する嫌悪感や拒絶感を持っていませんか

もしも心当たりがあるなら、転職を検討した方がいいかもしれません

虚しいと感じるレベルがそこまで大きいわけでないなら、これまでの方法を実践するべき。

それでも効果がないようであれば、あなたは心底会社が嫌になっている可能性が高いです。

この場合、転職することは「逃げ」ではありません

ただし転職をするのであれば「自分が充実できる仕事」に転職できるようにしましょう。

そのためには自分の理想や最低条件などを明確にする必要があります

あなたが転職先でも「虚しい」と感じることがないよう妥協せず転職活動をしましょう

まとめ


以上が仕事が虚しいと感じる理由と効果的な解決策・対処法でした。

仕事に虚しいと感じるということは「働くことが辛い」という状態です。

・今の仕事への向き合い方を見直す
・新しい環境を求めて行動を起こす

主に2つの選択肢があると思いますが、どちらも正解・不正解はありません

仕事に虚しいと感じるときは、自分のやりがいを優先に考えることがおすすめです。

あなたが今後どんな行動をしたとしても、それは「逃げ」ではありません

虚しいと感じない環境を求めることは「前進」なのです

それを忘れずに、仕事に虚しいと感じない環境を求めて行動をしてください。

この記事があなたの仕事の虚しさ対策として役に立てば幸いです。

関連記事