人間関係の悩み

仕事場の人間関係がしんどい時はぜひ!よく起こる問題への対処法

更新日:

仕事がしんどいと感じる理由に多いのが、人間関係です。

どれだけ仕事内容が自分にぴったりで楽しく働けたとしても、それを取り巻く人間関係にトラブルがあると会社へ行きたくなくなります。

今回は、そんな仕事場での人間関係で起こりがちなトラブルと、人間関係を良好にするための対処法をご紹介します。

仕事場でよく起こりがちな人間関係のトラブルと対処法

パワハラやセクハラなどのハラスメント

職場での権力を利用して相手に無理を強いる「パワハラ」性的な嫌がらせである「セクハラ」は社会問題視されているトラブルでもあります。

両者におけるポイントは、加害者の意図とは関係なく被害者が「嫌だ」と感じたらその時点でハラスメントが成立すること

例えば、自分の同僚は上司からプライベートな予定を聞かれたり食事に誘われたりすることを不快に感じていなくても、自分が同じことをされて嫌だと感じたらそれはハラスメントにあたります

<対処法>
ハラスメントは、社員が個人で抱える問題ではありません
現代社会では対策を講じるのは職場の義務とされているため、なるべく早いうちに会社へ相談するようにしましょう
会社へ直接訴えるのが難しい場合は、上司や労働組合に相談するのも方法ですが、相談しづらい仕組みや雰囲気がある会社は健全とは言えないのも事実。
場合によってはハラスメント問題の専門家など第三者機関への相談も検討してみましょう。

派閥やグループ化へのストレス

職場の人間関係で多い悩みが、同僚間で派閥やグループ化が引き金となるものです。

職場で経験がない人でも学生時代に友達グループからはみ出されたり、苦手なグループがあり悩んだ経験がある人は多いでしょう。

職場でこの悩みに直面すると、気分が落ち込むだけでなく仕事がスムーズに進まなかったり昇進しづらかったりと、キャリア人生に影響をもたらすことがあるのが特徴です。

<対処法>
「職場に仲良しはいらない!」と割り切れる人もいますが、同僚とのコミュニケーションが要となる職場ではそうも言っていられません。
もし、昇進を左右するような派閥がある場合なら、無理をしてでも派閥に属するべきか悩んでいる人もいるでしょう。
しかし、複数人が関与する人間関係を自分の思う通りに修復するのは不可能に近いもの
一方で、視野を広げればそんな派閥やグループ化を意識せずとも仕事ができる職場はいくらでもあるのも事実です。
様々な国の社員が働く外資系企業や個人のスキルが重視される専門性の高い企業が該当するでしょう。
もちろん、内資系企業にも人間関係の悪習が少ない会社はたくさんあります。そうした企業への転職を検討するのも方法です。

慣れない相手との人間関係の構築

転職や異動をしてすぐの頃には、新しい人間関係の構築をストレスに感じる人が多いです。

もし、新しい状況下でうまく人間関係が作れなかったら、せっかくの新しい職場も楽しむことができません。

これからしばらく続くであろう職場環境のため、なるべく円満な人間関係を築いておきたいと思うのが通常です。

焦るあまり、空回りをしてしまい、孤独感や仕事のやりづらさを感じている人もいます

<対処法>
人が新しい環境に慣れるには、少なくとも1ヶ月はかかるとされています。
個々で働くことが多かったり日中に会話することが少ない仕事であれば、さらに時間を要するでしょう。
大事なのは、人間関係の構築を焦るのではなくまずは誠実に仕事に取り組むことです。
同僚ほど自分の仕事ぶりを見ている人はいないと言っても過言ではないほどです。
仕事を誠実に行いさらには成果まで出していれば、普段の会話から得られるもの以上に同僚はあなたへ高い評価をしてくれるでしょう。
苦手な人や仕事中にさほど話せない人がいれば、ランチやお酒の席へ誘ってみましょう。
苦手と感じている人ほど、じっくり話してみれば気の合う仲間となることは多いです。

人との関わりが少ない仕事とは?


どうしても人間関係の構築が苦手という人には、人との関わりが少ない職場で活躍することもおすすめです。

1:在宅ワーク

自宅でコツコツと一人で作業が進められる仕事言えば、在宅ワーカーです。

インターネットの台頭で在宅ワークの仕事が無限に出回るようになりました。

基本的にはPCがあれば仕事が行え、仕事上のコミュニケーションはメールか電話です。

リアルに人と会うことはほとんどなく、仕事上の人間関係で困ることはなくなると言えるでしょう。

得意分野がない人は、在宅ワーカーへ切り替えるタイミングでスクール通いや資格取得を行い、スキルアップにチャレンジすることも必要でしょう。

2:各種ドライバー

トラックやタクシーなどのドライバー職は同僚とのコミュニケーションがあまり必要ありません。

お客さんとのコミュニケーションは必要ですが、“人間関係”と称すほどのものではないことは、誰もがイメージできるでしょう。

運転免許に加え大型免許や第二種免許などを取得するだけで、誰でもすぐに働くことができるのも大きな魅力です。

マイペースに働くことや運転が好きな人であれば特におすすめの職業です。

最近は、女性客の増加により女性ドライバーのニーズも増えている職場でもあります。

3:作家

「作家」と聞くと仰々しく思う人もいますが、ハンドメイドのアクセサリーや小物、イラストや技術があれば音楽や動画など、様々なものを自宅や個人事務所で作る人が急増しています。

これまでは趣味で行なっていたような手作り作品が、スマホアプリを中心とした技術の革新で今は立派なビジネスとして成立しているのです。

百貨店やショッピングモールなど、大手の店販でもこの動きに着目しています。

“主婦をしながらアクセサリーを作っています”と書かれたプロフィールカードとともに、日本を代表するデパートが個人制作のアクセサリーを扱っている光景も珍しくなくなりました。

自分の好きなものを誰にも邪魔されることなく、自分のペースでコツコツ作れるため人間関係に悩むことはほとんどないと言えるでしょう。

4:第一次産業従事者

農業・林業・漁業など、自然から直接資源を採取する産業をさす第一次産業も、職場の人間関係が比較的少ないことで知られています。

特に農業への就職は、“田舎暮らしをしたい”と考える若い人の間でプチブームになっているほど支持されている職です。

専門的なスキルやネットワークを必要とする職であるため、事業の立ち上げからしばらくは非常な大変さがあることが想像できます。

一方で、ごちゃごちゃした人間関係からは離れ、自然のペースで仕事ができる魅力的な職とも言えるでしょう。

5:エンジニア

機械で動くものには全てエンジニアと呼ばれる専門職が存在します。

その職種は多義に渡りますが、ある程度のスキルを体得すれば個人のエンジニアとして活躍することが可能です。

最大の魅力は企業に属さなくとも自分の腕1つで生計を立てられることです。

在宅ワーカーとして活躍する人もいればフリーランスとして定期的に異なる企業で働く人も存在します。

今後ますます雇用が拡大するエンジニアは、スキルを高めておくと転職の際にも有利に働くこと間違いなしです。

人間関係トラブルから離れる近道は、スキルアップにあり!


人とのトラブルは、“社員”として毎日同じ環境で働くからこそ生まれるもの。

自分のスキルを高めて個人として活躍することは、人間関係のしがらみから抜け出す近道だと言えるでしょう。

ですが、今回ご紹介した内容はあくまで一例であり、絶対的な正解というわけでもありません。

スキルを鍛えることで、人間関係が苦ではなくなることも十分ありえます。

まずは、あなたがどうしたいのか。どうすることが自分の人生にとって一番良いのかを考え、行動することが大事です。

本記事を読んで思ったことがあれば、ぜひ行動してみてください。

その一歩が、あなたの人生をより良くするキッカケになるはずです。

-人間関係の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.