COLUMN

  1. HOME
  2. ブログ
  3. COLUMN
  4. 仕事を続けられない人の特徴&解決策と転職のコツ全17ポイント!

仕事を続けられない人の特徴&解決策と転職のコツ全17ポイント!

当記事は同じ仕事を続けられない人の特徴や解決策をご紹介!

また、どうしても転職を検討したい人のために転職のコツも解説しています。

自分の意思とは裏腹に同じ仕事を続けられないという悩みを持つ人は少なくありません。

しかし、日本においては転職を繰り返す人はマイナスイメージを持たれがち。

それでもなかなか同じ仕事を続けられずに、何度も転職を繰り返してしまう人はいます。

では仕事が続けられないのは一体どうしてなのでしょうか?

また、仕事が続けられるようにするにはどんな意識が必要なのでしょうか?

早速、その悩みを解決するために必要なことをみていきましょう!

仕事が続かない人の7つの特徴!


仕事が続かない人には7つの特徴があります。

そして仕事を続けられるようになるためには、これらの特徴への正しい理解が必要です。

あなたにも当てはまる項目がないかチェックしながら読み進めてください!

①逃げ道が用意されている

逃げ道をあらかじめ用意しているような人は仕事を続けられない傾向が強いです。

実家暮らしや親からの仕送りがある人などはこのパターンに当てはまります。

経済的な後ろ盾がある人の場合、自分で稼げなくても生活を送ることは可能ですよね。

この場合、経済的なゆとりがあなたの危機感を薄めてしまうのです。

仕事を続けられない人には、そんな逃げ道が用意されている人もおおいようです。

②周囲のせいにしがち

仕事を続けられない人は問題を周囲のせいにする傾向があります。

「自分は言われた通りにやった」
「うまくいかないのは上司のせいだ」

そういった受動的な立場をとって責任逃れをするようなことはありませんか?

このタイプの人も仕事を環境や人のせいにして仕事を辞めやすいようです。

③目的意識を持たずに仕事をしている

仕事に目的を見出せない人も仕事を続けられない人が多いです。

目的意識を持たずに仕事に取り組めないと、多少の不満にもストレスを感じてしまいがち。

多いのは「仕事は生活費を稼ぐ手段でしかない」という考えの人。

こういった考えで仕事に取り組んでいると、少しの不満を我慢できずに仕事を続けられないことが多いようです。

④人間関係の構築が苦手

上手に人間関係が作れない人も仕事を続けられないことが多いです。

周囲に馴染めないと、その場で働くのは辛いことに感じてしまいますよね。

それに仕事のことで相談をすることもできなくなってしまいます。

このような環境では集中して仕事に取り組むことが難しくなってしまいます。

⑤ミスをいつまでも気にしてしまう

ミスを引きずってしまう傾向にある人も仕事を続けられないことが多いです。

しかし、どんな完璧に見える人でもミスは絶対に起こります。

ミスをするのはあなただけではないのです

ミスに対していつまでも落ち込んでしまったりする人はやがて自信を喪失します。

そして「自分はこの仕事に向いていない」と思い込み、仕事を辞めてしまうのです。

⑥私生活が充実していないと感じている

私生活での嫌なことや不安を引きずってしまう人も仕事を続けられない傾向が強いです。

このタイプの人は私生活のネガティブを仕事にも引きずってしまうのです。

その結果、仕事に集中することができなくなってしまい、仕事が続けられなくなってしまいます。

⑦給与・待遇面に納得ができていない

与・待遇に満足ができないことが原因で仕事を続けられないひとも多いです。

このタイプの人は転職前の事前調査を怠らないようにする必要があります。

自分が納得できるのはどんな条件なのかを明確にして転職活動をしましょう。

そうしなければ、同じ失敗をいつまでも繰り返すことになってしまいます。

仕事を続けられない人の解決策・仕事が続くようになるコツ!

ここまでは仕事を続けられない人の特徴をご紹介してきました。

それでは、実際に仕事を長く続けていくには何が必要なのでしょうか?

この項目では仕事を続けられない人が仕事を続くようになるためのコツをご紹介します!

あなたに足りていないと感じる項目は特に理解を深め、改善に努めましょう。

①経済的な自立をする!

仕事が続けられないという悩みを解消するためには、経済的な自立が大前提

例えば、実家暮らしの人はまず1人暮らしをスタートしてみましょう。

このようにして自分を追い込む環境を自ら用意するのです。

生活にはお金が必要になるため、簡単に仕事を辞めることはしにくくなります。

②無理せず、だけど着実に人間関係を作ろう!

人間関係が原因で仕事が続けられない人は、無理して人間関係を作る必要はありません

しかし、必要最低限のコミュニケーションは確実に必要になるはずです。

マイペースでもいいので最低でも1人か2人は本音を言える仲間を見つけましょう

仕事の悩みを相談する相手がいるだけでも、仕事を続けられないことは減るはずです。

③すべてに完璧を求めないようにしよう!

完璧主義な考えは仕事を続けられない原因になってしまいます。

何事も完璧にこなすことは心身を疲れさせてしまいますし、非常に大変なことです。

誠意を持って仕事に取り組むことは大切ですが、完璧主義はほどほどに

仕事のポイントを抑えて、不要な部分は手を抜くことも重要だと考えましょう。

頑張りすぎてしまうと、仕事は長続きしなくなってしまいます。

④意識的に心身のケアに取り組もう!

仕事での心身のストレスや疲れには正直になるようにしましょう。

疲れやストレスを感じる時には自分なりのリラックス方法でケアを徹底してください。

疲れやストレスを溜め込まないことは仕事を続けるためのコツです。

無理が重なると仕事は長く続けられないものです。

⑤私生活を充実させよう!

私生活が充実している人は仕事を長く続けられる人が多いです。

もしもあなたに趣味がないなら、何かひとつでも趣味を持つようにしましょう

私生活が充実すれば仕事のモチベーションにも繋がってくることが実感できます。

そして、プライベートの充実はあなたの自信にも繋がります

少し面倒に感じても、興味があることなら積極的にトライしてみましょう。

⑥自分を評価してあげる習慣を作ろう!

毎日、自分を褒めてあげる習慣を作るようにしましょう。

自分を褒めることは、自分の長所を理解することにも繋がります

そのため、自己肯定感が高まったりポジティブになることができるのです。

この習慣が身についていれば、落ち込むことは少なくなるはず。

当然、自分に自信が持てるようになれば仕事を続けやすくなります。

仕事が続けられない人が意識するべき転職のポイント!


仕事を続けられない人は、長く続く仕事を見つけることが何より大切です。

あなたが今の仕事に合っていないと感じているなら、転職を考えるのがおすすめです。

今後は不要な転職をしないためにも、転職のポイントを理解しておきましょう。

①仕事が続けられなかった理由を明確にしよう!

あなたが仕事を続けられなかった理由を事前に明らかにしておくことは大切です。

人間関係が原因での離職が多かったなら、同じ失敗をしないためには何が必要なのかを考えましょう。

過去の経験を振り返り、次のようなことを思い返してみましょう。

・過去の離職にはどんな問題点があり、何が原因だったか?
・自分に改善できる部分はなかったか?
・自分が快適に働ける環境とはどういった環境なのか?

このような部分を明確にしておけば、職場選びを失敗しにくくなるはず。

ただし転職の前に、自分自身の改善点がある場合はそちらを優先するべきでしょう。

②徹底して自己分析をしよう!

転職を検討する前に、必ず自己分析を済ませておきましょう。

・自分の長所と短所
・自分の特性や特徴
・自分のスキル
・過去にどんな場面で評価を受けたか
・仕事に対するスタンスは

このような部分は自分自身が誰よりも把握しておくべき部分です。

あなたが仕事に求める要素や、あなたが仕事でやりがいを感じるポイントを理解していることはすごく大切なこと。

あなたの価値観を正しく分析すれば、納得のいく転職もしやすくなります。

③自分が納得できる条件を明確にしよう!

転職先に求める条件は事前に明確にしておかなければ納得のいく転職はできません。

・土日休みの仕事がいい
・いくら以上の給料が欲しい
・定時退社ができる環境がいい
・ボーナスがある環境がいい

このようにできる限り具体的にあなたが求める条件をクリアにしておきましょう

転職をする際にはどうしても条件面で妥協する部分が出てくるはずです。

しかし、ここを妥協して転職をすると、またすぐに転職先に不満を感じてしまうはず。

ただし、多くを求めすぎてしまうと、今度は反対に転職先が見つかりません

あなたの希望の条件を書き出したら、優先順位を決め、どこまでを妥協ラインにするかを決めるのがいいでしょう。

④退職前に転職活動を済ませておこう!

特別な事情がないなら、転職活動は在職に行うことを強くおすすめします

転職までの間にブランクができると転職が不利になることも多いからです。

また、無職の期間を設けることは精神的にも良くありません。

在職中に転職活動をすれば、長期化した場合も焦らずに納得のいく職場を探しやすくなります

まとめ


仕事を続けられない人の特徴&解決策と転職のコツ全17ポイントをご紹介しました。

仕事が続けられないことが多いなら、まずはその原因を自分で理解しましょう

そして、焦らずひとつずつ原因の改善に取り組むべきです。

今回ご紹介した方法を参考にして、早速、改善点の修正に取り組んでみてください。

あなたが安定して続けられる仕事に就けることを陰ながら応援しています。

関連記事