仕事の悩み

40代のシングルマザーが自分に合った仕事を見つける方法

更新日:

【7月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


40代のシングルマザーは仕事が見つからないというのは本当でしょうか?

確かに、日本では年齢が上がるほど再就職や転職が厳しくなります

さらに子供がいるとなると、なおさら厳しいでしょう。

しかし、40代のシングルマザーでも仕事を決めて、やりたいことを実現できている人もいます。

40代のシングルマザーでも仕事を見つけられる方法をご紹介しますので、気持ちを切り替えて就職活動を頑張っていきましょう。

40代のシングルマザーだから仕事が見つからないと思わないこと

40代のシングルマザーだから仕事が見つからないと思わないこと

シングルマザーはなかなか仕事が見つからないとか、採用してもらえないという声を聞きますが、シングルマザーに限ったことではありません。

40代で子供がいる人は、配偶者がいても採用が厳しい、それはどこの会社でも同じです。

独身だろうが既婚だろうが、30代より40代の方が採用は少ないですし、母子家庭だろうが両親が揃っていようが、子供が小さいと「病気になったらどうするの?」などと言われます。

つまり、シングルマザーだから仕事がないというのではなく、年齢や小さな子供がいることがネックになるのです。

ただ、配偶者がいる人は、子供が病気になっても「夫が見てくれます」と言えるのですが、シングルマザーはそれができないのが辛いところです。

シングルマザーの方が配偶者がいる人と比べて、若干のハンデはあるものの、必ずしも「シングルマザー」であることだけを理由に断られているわけではないということを知っておいてください。

40代、シングルマザーが続けやすい仕事の選び方

40代、シングルマザーが続けやすい仕事の選び方

シングルマザーは、子供に何かあれば自分が休まなくてはなりません。

子供が小さいうちは、なるべく休みやすい仕事にしたいものです。

また、将来的な展望があるかどうかも条件として考慮しましょう。

休んでも代わりがいる仕事

シングルマザーは、子供の病気に備えなくてはいけません。

ですから、

  • 同じ仕事をしている人が他にもいる
  • 人数が多い

このような仕事を選びましょう。

工場の仕事、コールセンターなどは、同じ仕事をしている人がたくさんいますので、比較的休みがとりやすい仕事といえます。

残業もほぼなく、シングルマザーには向いている仕事です。

ちなみに、コールセンターというと、苦情電話を受ける仕事というネガティブなイメージを持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。

注文を受けたり、商品の使い方を答えたり、こちらから営業電話をかける仕事もあります。

会社によって違いますし、難度が高くなるほど報酬も上がります

経験を積めば、指導者的な立場に立つことも可能です。

リモートワークを認めているところ

毎日とはいわずとも、週に何度か、もしくは出勤できない時にリモートワークを認めてくれる会社は、シングルマザーにとってありがたいものです。

リモートワークというと、エンジニア的な仕事を思い浮かべるかもしれませんが、最近ではマーケティングや営業職といった職種にもリモートワークの流れが広がっています

家でできない仕事の場合には、子連れ出勤を認めてくれる会社も増えてきました。

どうしようもないときには、子連れでも仕事をさせてもらえるかどうか、聞いてみてもいいでしょう。

シングルマザーを積極的に雇用しているところ

ハローワークに行くと、「特定求職者雇用開発助成金」という制度を利用している企業を調べることができます。

「特定求職者雇用開発助成金」とは、障害者やシングルマザーなど、就職が難しい人たちを雇用することによって企業が助成金を受け取れる制度です。

この制度を利用している企業であれば、シングルマザーを積極的に雇用してくれるはずなので、一般企業に応募するよりも採用率はぐんと上がるでしょう。

将来性のある仕事かどうかも大事!

最初はお給料が低くても、頑張り次第で昇給できる仕組みがあるか、ということもとても大事です。

シングルマザーは子供が大きくなるまで、自ら家庭を支えていかなくてはなりません

  • 資格を取れば給料が上がる
  • 正社員への登用がある

など、将来性があるかどうかは非常に大切です。

面接の時に、昇進システムなどについても確認したいところです。

40代シングルマザーが就職・転職を成功させる方法

40代シングルマザーが就職・転職を成功させる方法

大丈夫、40代シングルマザーでも仕事は見つかります。

自信を持って面接に臨むために、以下のポイントを押さえてください。

見た目を若々しくする

履歴書の写真、面接の時の第一印象を良くすることはとても大切です。

第一印象を良くするというのは、

  • 清潔感がある
  • 元気でハツラツとしているように見える
  • 明るく見える

このようなことです。

「この人だったら、うちの会社にぜひ来てほしいな」と思ってもらえるかどうかが大事で、決して、美人かどうかということではありません

例えば、求人票に「35歳まで」と書かれていても、きっちり35歳で線引きする会社ばかりではありません。

40歳でも若々しく、元気な印象のある人なら、採用される可能性はあります。

どのような人材が求められているのかを見極める

求人票を見る時に、お給料や休みばかり見ていてはいけません。

まず考えることは「この企業はどんな人材を求めているんだろう」ということです。

それがあなたの強みと合致しなければ、どんなに面接を頑張っても通過することはできません

例えば、接客業なら地味な人より明るい雰囲気の人の方が有利です。

経理の仕事なら、コツコツ作業できる人、一つ一つの仕事を丁寧にできる人が求められます。

大雑把な人が経理の仕事に向いていないことはわかると思います。

つまり、求人情報と自分の特性とのミスマッチをなくすことで、採用率は上がります

これまでやってきたことを自信を持ってアピール

履歴書に書けるような特技や資格がないと思っている人も多いですが、アピールできるのは資格だけではありません

  • どれだけ丁寧に仕事ができるか
  • 何事も意欲的に取り組む
  • 積極的にチャレンジする姿勢

なども十分アピールできる要素です。

事務職だから特に強調する成果がない、ということではありません。

例えば営業事務の仕事の経験では、

  • 普段から取引先との密なコミュニケーションを心がけていたので、至急のお願いなども聞いてもらうことができました。
  • プレゼン資料は営業担当が何を一番相手に知って欲しがっているのかを汲み取り、一目で何の説明なのかがわかるような作成を心がけていました。

など、どのような仕事ぶりだったのかということをアピールすることができます。

本当に使える資格を見極めること

  • 1ヶ月で簡単に取れる!
  • 誰でも取れる!

そんな言葉に惑わされないように、気をつけましょう。

誰でも簡単に取れる資格で、有用なものは少ないです。

その資格がないとできない仕事なのか、資格を持っていることで給料に差が出るのか、本当に必要な資格かどうかをよく見極めましょう。

例えば女性に人気の医療事務の仕事ですが、医療事務と一言でいっても資格はたくさん種類があるのです。

1〜2ヶ月の勉強で合格率80%以上という資格もあれば、50%くらいという資格もあります。

難度の高い方が当然持っている人は少ないので、採用にも有利になるでしょう

資格は人気だけでなく、採用や昇給に結びつくのか?という観点で選んでください。

40代シングルマザーが仕事を見つけるためはメンタルケアも必須!

40代シングルマザーが仕事を見つけるためはメンタルケアも必須!

年齢が上がるほど、なかなか1回で採用が決まることは少なく、面接どころか書類選考を通過することもできない日々が続くこともあるでしょう。

そんな時は、先の見えない不安から、つい気持ちが落ち込んでしまうと思います。

しかし、そんな時こそ気持ちを上手にコントロールして、元気になってほしいのです。

暗い気持ちのまま面接に臨んだら、せっかくのあなたの良さをアピールしきれないでしょう。

力を出し切れずに不採用となると、さらに気持ちが落ち込んで、次の面接もダメになってしまうという、悪循環に陥りかねません。

また、落ち込んでいる時には、なんとか早く仕事を決めたいと思い、焦ってしまうこともあります。

自分がやりたいこと、会社との相性など、応募にあたっては考えないといけないことがたくさんありますが、気持ちが焦ると大事なことを見失ってしまいます。

求めていた仕事ではないものに応募したりしないよう、冷静になることも必要です

元気で面接に臨むために、また、求人内容を見極めるためにも、不採用になっても気持ちを切り替えていきましょう!

まとめ

まとめ

40代のシングルマザーは、子供に何かあった時に自分が面倒を見なくてはならないので、確かにハンデがあります。

しかし子供が病気がちなのもほんの数年ですから、子供が小さいうちはなるべく休みを取りやすい仕事にし、大きくなるにつれて、本当に役立つ資格の勉強をするなど、キャリアアップにも力を入れていきたいものです。

最近では、リモートワークを認めてくれる会社も増えてきましたし、少しでも働く環境の整っている会社を見つけ、自分の強みをしっかりアピールしてください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.