COLUMN

  1. HOME
  2. ブログ
  3. COLUMN
  4. 転職の理由は「人間関係」どんな風に伝える?転職の方法

転職の理由は「人間関係」どんな風に伝える?転職の方法

転職時に必ず聞かれるのが、前職を辞めようと考えている理由です。

素直に答えられる理由もあれば、回答に悩んでしまうものもあるのが事実。

人間関係が理由の辞職を検討している人は回答に困ることが多いのではないでしょうか?

今回は、人間関係が理由での転職の際に覚えておきたい情報をご紹介します。

そもそも転職の理由が「人間関係」はあり?

転職前には慎重な検討を

上司や同僚など、職場での人間関係に悩む人は非常に多いです。

どれだけ仕事内容に満足していても、毎日顔を合わせ密なコミュニケーションをとって働かなければならない会社のメンバーとトラブルを抱えていては仕事が苦痛となるでしょう。

職場のトラブルについて調査をしたいくつかのアンケートでも、人間関係によるトラブルが上位にランクインしています。

では、人間関係が理由で転職を決断するのは「あり」なのでしょうか?

答えは慎重な検討のもと転職でしか解決できないと判断すれば、人間関係を理由に転職することは仕方がないと言えるでしょう。

自分を変えることはできたとしても、他人を変えることは誰にもできません

同僚や会社、場合によっては労働組合や弁護士に相談するなどの手段も検討して、やれることを全てやった上でもトラブルが解決しないのであれば転職という手段を取らざるを得ない場合も存在します

転職理由には別の理由を挙げるべき

では、転職活動中に必ず聞かれる「前職を辞める(辞めた)理由は?」という回答には、どのように答えればいいのでしょうか。

まずは、素直に答えるとどうなるかについて考えてみましょう。

多くの転職コンサルタントが答えるように、人間関係が原因であることをそのまま転職希望先の面接官に伝えるのはおすすめできません

以下は、予測できる面接官の疑念です。

「自社でも人間関係に問題を抱えて辞めてしまうのでは?」

「人間関係をうまく作り上げることができない性格なのでは?」

「人間関係が理由で仕事をうまく進められないのでは?」

このように、人間関係を理由に転職理由を説明すると、面接官に多くの不安材料を与えかねません

結局は、転職の面接で自ら自分の評価を下げてしまうことにつながるのです。

これでは転職を成功させることはできません。

人間関係が理由による転職はどのように説明する?

ネガティブな転職理由はポジティブなものに変換

人間関係のトラブルに関わらず、面接の際に退職理由について問われればネガティブな理由をそのまま伝えるのは避けなければいけません

どうせ変換するならポジティブに聞こえるものに変換してみましょう。

人間関係にトラブルを抱えたことを例に挙げて確認します。

・「(転職先が)人間関係を良好に保てる職場だと思ったので」
・「チームで連携を取って働ける仕事がしたいので」
・「同僚と協力して働ける職場がいいので」

上記のように、人間関係が理由で退職してもポジティブな理由として変換できるのです。

実際に、人間関係に不満があって転職をするまで考え抜いたわけですから、次の職場では良好な人間関係を保ちたいと考えるのは正直な気持ちです。

また、職場の人間関係にこだわるからこそ転職という答えを出したわけであって、チームでの連携などを希望するのも本心です。

このように、自分の気持ちに正直になりながらポジティブな答えに変換するのがポイントです。

人間関係以外の変換すべき転職理由

・サービス残業

昨今の日本では深夜におよぶ残業休日出勤を是正する傾向にあります

しかし、それでも会社や上司が主体となってサービス残業を敷いているケースは散見されるもの。

転職理由にサービス残業を挙げるのは、一見正当な理由のように思えますが、ポジティブな理由に変える必要があるでしょう

なぜなら、面接官によっては「しっかり働きたくないのかな?」「うちの会社も残業が全くのゼロというわけではないな」と懸念を抱いてしまうからです。

サービス残業が嫌という気持ちを裏返せば、働きを正当に認めて欲しいという気持ちが隠れていることに気づきます。

働きたくないのではなく、正当な評価の下に働きたいのです

言い方を変えれば全く反対の意味に受け取ってもらうことができるのです。

・過剰なノルマ

ノルマが課される職種があればそうでない職種も存在します。

ノルマがある代表的な職種は営業職でしょう。

ノルマが嫌で転職をしたのなら、営業という職種が向いていないことが考えられます。

自分が本当にしたい仕事内容は何なのかを分析し、その職種への思いを伝えてみるのも方法です。

また、どんな職種にもビジネスである以上は営業的な視点が必要です。

別の職種を希望したとしても過去の営業経験は役立ちますので、そうしたアピールも忘れずに行いたいものです。

・給与への不満

給与など報酬面に不満がある場合も、そのまま伝えるだけではネガティブな印象を与えかねません

仕事への希望や自分の魅力をアピールする転職者が大勢いる面接の場で、自分だけがお金に関するネガティブな話をすれば自ずと評価が下がることは冷静に考えればわかりますね。

働いた内容とそれに与えられる報酬とがアンバランスと感じているのなら、自分の働き方に自信がある証拠でしょう

これまでの自分の働きについて、客観的なデータを加えて面接官にアピールすることができれば採用のゴールがグッと近づきます。

しっかり働きそれに見合った正当な対価を得たいことを伝えて、納得しない面接官はいないと言えますし、難色を示すようであればそんな企業には入社すべきではないとも言えます。

人間関係を理由に会社を辞める前にすべきこと


職場の人間関係に悩んだ時、転職は真っ当な1つの選択肢ではあります。

しかし、できることならこれまで積んだ職場でのキャリアや不和を抱えていないそれ以外の人間関係を続けたいものです。

以下では、会社を辞める決意をする前にすべきことをご紹介します。

自分の考えを変えてみる

「あの人とは絶対に合わない!」と強く感じた時ほど、少し冷静になってみましょう

今のあなたの考えや価値観では合わないだけで、少し角度を変えて相手を見てみると必ず許せる部分があるはずです。

例え相手から嫌がらせを受けているような過酷な場合でも、「私を妬んでいるからだ」と割り切ってしまえば心が軽くなるものです。

家族や友人に相談してみる

トラブルを解決する際に必要なのが、客観視してもらえる第3者の目です。

まずは信頼できる身近な人にトラブルを相談してみましょう。

多くの人が家族や親友と呼べるほどの友人になるはずです。

自分では思いつかない意外な答えをもらえることも多いでしょう。

人事部や労働組合に相談してみる

どう考えても相手に問題があり、業務がスムーズに行えないほどのトラブルを抱えているときは、会社や労働組合に相談しましょう

両組織は、社員がそうした事態に陥らないようにサポートする義務があります。

相談の際には、客観視できる証拠やデータがあるとスムーズに話を進められます。

改善の余地がなければ転職すべき


人間関係のトラブルで大切な仕事や職場を失うのは不本意です。

しかし、可能な限り働きかけてみて、それでも改善の余地がないと感じるのであれば転職も1つの方法でしょう。

仕事や職場を失うこと以上に、ビジネスマンとしての人生を辛い人間関係の中で過ごし続けるのも大変に勿体無いことだからです。

人間関係のトラブルの中で色々と次のキャリアの道を模索することが、これからのあなたのビジネスマン人生の大きな糧となるでしょう。

関連記事