仕事の悩み

30代女性の働き方。キャリアプランはどう見直すべき?

投稿日:

【12月2日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


30代になると、このままの働き方で良いのだろうか?と感じ始める女性が増えてきます。

20代は、とにかくがむしゃらに頑張ってきたという人も、30代に入ると、結婚や出産といった人生の選択肢が増えてくることから、その分悩みも増えてくるのでしょう。

昔と比べて、女性の働き方も多様化しています。

だからこそ、今後の人生の方向性を考える上でも、30代というのは非常に重要な年代でもあるのです。

将来どうなりたいのか、じっくりと考えてみることで、具体的なキャリアプランも見えてくるでしょう。

転職するかしないかに関わらず、今後の人生設計を考えるためにも、キャリアプランというのはとても大事です。

30代女性がキャリアプランを見直した方がいい理由

30代女性がキャリアプランを見直した方がいい理由

30代に入ると、20代とは違ったものが見えてきます。

これまで様々なことにチャレンジしてきた結果、「思ってたのと違う」ということも出てくるでしょう。

改めて、今後どうやって生きていきたいのか?ということを見直す時期に来ているのです。

30代だからこそわかることがある

20代は、仕事を覚えて成果を出そう!ということに必死だったと思います。

しかし、一通りの仕事ができるようになると、「これは私が目指しているものではない」ということが見えてきますし、自分の得意とする分野、これから伸ばしていくことによって自分にプラスになるスキルなどが、明確にわかるようになります。

だからこそ、一度立ち止まって、もう一度キャリアプランを練り直す必要があるのです。

20代で考えていた通りに進んでいれば問題はありませんが、もう少しこうしたいとか、こんなこともやってみたいという気持ちが芽生えてきていませんか?

それは、20代で経験を積んだからこそ出てくる気持ち。

改めて自分のキャリアプランを考えてみると、こんな方向性もあるなと違う道筋に気づくこともあり、場合によっては、キャリアチェンジということもあり得るでしょう。

自分の可能性をどんどん広げるためにも、30代はこの先の人生を考え直すいい機会です。

30代にはライフイベントが多い

もう一つ、女性には結婚、出産というライフイベントによって、仕事に影響が出る可能性を考えておかなくてはなりません。

結婚だけなら、影響は引っ越しくらいかもしれませんが、出産となると違います。

最低でも産休は取らなくてはなりませんし、預け先の保育園が決まるまでは育休も取らなくてはならないでしょう。

もし保育園が決まって、仕事に復帰できるとしても、今までのように自由なペースで仕事をするのは難しくなります。

パートナーとうまく協力できて、家事や育児を分担しても、仕事と両立させるのは結構ハードです。

30代で結婚や出産を考えているならば、これらの点を考慮して、今のままの働き方で良いのか?ということを早めに考えておかなくてはなりません。

今の仕事を続けていくべきか、結婚する前に早めに違う仕事にキャリアチェンジしておくべきか、その決め方によって今後の働きやすさに影響が出ます。

今後のキャリアアップを考える必要がある

結婚や出産を考慮して、「働きやすさ」だけを追求してしまうと、将来やりたい仕事ができなくなるというデメリットがあります。

40代になった時、どのような経験を積んできたかによって、その後のキャリアに大きな影響が出るからです。

もし、40代、50代になっても、緩やかに仕事ができればいいと考えているのか、それとも、「自分はこんなことをやりたい!」と明確な目標があるのか、先のこともしっかり考えておく必要があります。

着実にキャリアアップしていきたいと考えるなら、30代でどのような経験を積んでおくべきかを見極めて、働き方を考えていかなくてはなりません。

それによって、今の会社で頑張るのは、転職した方が良いのか、方向性も変わってくるでしょう。

30代女性がキャリアプランを見直す上で必要な3つのこと

30代女性がキャリアプランを見直す上で必要な3つのこと

それでは、具体的に、30代でキャリアプランを見直すには、どんなことを考えれば良いのでしょうか?

将来を見据えた3つのポイントについて、お話しします。

1.やるべきことをきちんとやっているかを考える

20代で、必要な経験を積んできたかどうか、一度振り返ってみます。

今の会社で、取り立てて成果を残せていない、自分が自信を持って「20代はこれをやってきた!」と思えるようなことがないと感じている人は、まずなんでもいいので、成果を出しましょう。

成果というのは、例えば営業職のように、結果が数字に表れる仕事はわかりやすいですが、事務職などはわかりづらいものです。

そんな時は、

  • 言われた仕事を指示通りやるだけでなく、プラスアルファの仕事ができただろうか
  • 同じ部署の人の役に立てるような仕事ができただろうか
  • 入社した頃よりも、周囲の人に「ありがとう」と言われることが増えただろうか

このように考えてみてください。

上司が何を求めているのかがわかるようになる、というのは立派な成果です。

これができれば、部署が変わっても、転職したとしても、しっかり仕事をしていけます。

2.自分の「核」を一つ決めること

今後のキャリアプランを考える上でもう一つ大事なこと、それは一番大きな目標をどう設定するか、ということです。

10年後、どうなっていたいか、考えてみてください。

  • 社会貢献できるような仕事がしたい
  • チームを統括できるような、リーダー的な仕事をする
  • 新ブランドを立ち上げるなど企画に携わる仕事がしたい
  • 仕事も大事だが、家庭を第一に考えられるような働き方をする

それによって、これからどのようなキャリアパスを歩んでいきたいのかが変わってきます。

3.自分にどんな経験が残るかを考える

キャリアプランを考えても、予定通りにいかないことは、きっと出てくるでしょう。

そんな時でも、家庭があると、すぐに方向転換できない、思うように仕事を変えられないという場合もあります。

頑張ってチャレンジしてみたことが、失敗に終わるかもしれません。

それでも、頑張ったことは経験として自分の中に残ります。

その経験が、いずれ役に立つ日がきっと来るのです。

ですから、「これからこの仕事を続けたとして、自分の経験値がどのくらい上がるだろうか?」ということも考えて、キャリアプランを立てましょう。

一般事務職など、キャリアプランを立てづらい職種の場合は、

  • 営業事務
  • 経理事務
  • 総務事務

など、事務職の幅を広げてみるというチャレンジをしてみることもおすすめします。

現状維持のままではなく、どうすれば自分がより多くの経験を積んでいけるか、考えてみてください。

キャリアプランも大事だけれどこれからの生き方も考えて!

キャリアプランも大事だけれどこれからの生き方も考えて!

キャリアプランというと、一般的には会社員として仕事を続けていくことが前提になっていると思います。

今の会社で昇進していくか、より良い条件を目指して転職するか。

しかし、結婚や出産というライフイベントを経験すると、仕事そのものに対する考え方が変わる可能性もあります。

その時、会社員以外の選択肢が出てくるということも、頭の片隅に置いておきましょう。

30代という年代は、まさに子育ての真っ只中。

子供を育てながら仕事をするというのは、想像以上にエネルギーを使いますから、これまで通りに働くのは無理、となる人もいます。

また、自分の年齢が上がるにつれて、親の年齢も上がっていきます。

親の介護の問題が出てくることもあるでしょう。

仕事を辞めざるを得ない場合もあると思います。

それでも自分が幸せだと思える生き方をするにはどうするか、ということを今から考えておいた方が良いでしょう。

今は、家で仕事をする方法もありますから、在宅勤務ができる会社に転職したり、フリーランスになるという選択肢もあります。

いっそのこと、一時的に家庭のことに集中し、仕事から離れるという選択肢もありです。

大事なのは、壁にぶつかった時にどうすることが自分にとって一番幸せなのか、それを自分で選ぶことです。

誰かの犠牲になったという思いを抱かないためにも、生き方そのものについても考えてみてください。

まとめ:30代は人生の転機。しっかりキャリアプランを立てていこう

まとめ:30代は人生の転機。しっかりキャリアプランを立てていこう

30代になると、20代の頃には見えなかったものが見えるようになります。

経験を積んだことで、20代の頃とは違う考え方を持つようにもなりますから、改めて、今後どうやって働きたいのかということを考え直す時期でもあるのです。

また、結婚や出産といったライフイベントが入ってくる年代でもあるので、仕事と両立させるにはどうするかということも考えていかなくてはなりません。

5年後、10年後、自分がどうなっていたいのか、先のことを考えて、今何をやるべきかを考えていきましょう。

納得のいく人生を送るためにも、「私はどう生きていきたいのか」と、仕事だけでなく、人生そのものについても、見直す良い機会です。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【11月25日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-, ,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.