仕事の悩み

変わった仕事がしてみたい!今とは違う世界で頑張りたい人へ

更新日:

【7月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


世の中には、聞いたこともないような変わった仕事がたくさんあります。

もし今の仕事がつまらないと感じていたり、このままこの仕事を続けていていいのだろうか?と悩んでいるなら、この記事を参考に、少し変わった仕事にチャレンジしてみませんか?

変わった仕事は、まだあまり人に知られていない仕事が多いので、事務職など誰でも知っている仕事より、転職のチャンスがあるかもしれません。

持っている感性を生かせそうな仕事

持っている感性を生かせそうな仕事

資格は特に必要ありませんが、自分の感性をもっと生かして仕事をしていきたいと思っている人に、チャレンジしてみてほしい仕事をご紹介します。

ものの型を作る原型師

原型師とは、読んで字のごとく、「原型」を作る人のことです。

例えば、フィギュアやおもちゃの原型などです。

通常は、おもちゃを作る会社に勤め、その中で仕事をしますが、フリーランスで働いている人もいます。

原型師になるには特に資格は必要ありませんが、一流になるにはセンスも必要ですし、ある程度の時間もかかるでしょう。

昔は、金属や木材、ロウなどの素材で作っているものも多かったですが、最近ではパソコンでデータを作る「3Dモデリング」も増えてきました。

モデリングは独学で学んで仕事にしている人もいますので、やり方の解説している動画などを見て勉強してみてはいかがでしょう。

色の専門家、カラリスト

カラリストは、「どのような色がいいのか」をお客様に提案できる色のスペシャリストです。

色というと、洋服のコーディネートなどがイメージしやすいかと思いますが、それだけではありません。

例えば、アパレル業界で服の色を考えたり、企業で商品を開発する際に、その商品のターゲット層にふさわしいイメージの色を考えたりします。

どのような色がいいのかを考える仕事なので、アパレル業界以外にも、インテリアや美容など、幅広く仕事ができるでしょう。

公的な資格はないので、資格はなくてもできる仕事ですが、「カラーコーディネート検定」などの民間資格を持っていると、仕事の上では有利でしょう。

ひたすら愚痴を聞く仕事

カウンセリングやコーチングとは違い、ひたすら愚痴を聞く仕事があります。

「リスニングスタッフ」という名で募集されていることが多いです。

電話はもちろん、スカイプなどを通じて、相手の口に真摯に耳を傾ける仕事なので、特に資格は必要ありません。

人の話を聞くだけなんて、簡単じゃない?と思うかもしれませんが、ひたすら愚痴を聞くというのはなかなか難しいものです。

聞いてもらった相手が満足して、「ああスッキリした、またこの人に聞いてほしい!」と思ってくれれば、次の仕事につながりやすいです。

隙間時間を利用してもできる仕事ですが、話を聞くにはそれなりのエネルギーを必要とします。

受付のプロ、レセプショニスト

レセプション=受付という意味で、ホテルなどの受付係として働く人のことをレセプショニストといいます。

最近では、単なる受付業務だけでなく、お客様の様々な要望に応える「コンシェルジュ」のような仕事を要求されることが多いので、英語や中国語など語学ができると、仕事の幅もぐんと広がります。

受付は、お客様が最初に目にするところですから、その会社やお店の印象を左右する大事な仕事です。

収入が割といい、変わった仕事

収入が割といい、変わった仕事

少し変わった仕事で、なおかつお給料も高めだといいなと思う人に、おすすめの仕事をご紹介しましょう。

結婚式の代理出席

時間が限られているので、ややアルバイト的な仕事になりますが、求められる年齢が幅広く、責任感のある人に向いている仕事です。

というのも、披露宴に出席しますので、「サクラ」であることは絶対にバレてはいけないからです。

新郎新婦との関係性や、自分の役割について、設定された通りに違和感なく、周りの人と会話をしなくてはなりません。

ただ、時給換算にしますと、2,000〜3,000円、披露宴での美味しい食事もいただけますので、なかなかいい仕事です。

スピーチなども代理で行うと、お給料がプラスされますから、ベテランになると1回の結婚式でかなり稼げます。

様々な代行サービス

仕事やプライベートで、「この人になりきってほしい」という依頼に応える仕事があります。

例えば、

  • 仕事でミスをして、取引先に謝罪に行かないといけないのだが、一人で行けないので、上司としてついてきてほしい。
  • 親がうるさいので、彼女として親に会ってほしい。
  • セミナーを申し込んだが忙しくて行けないので、代わりに出席してほしい。

など、様々な代行があります。

誰かを演じて、人に役に立って、しかもお金ももらえる。

なかなかおもしろい仕事だと思いませんか?

ゴルフボールダイバー

ゴルフをするときに、よくやってしまう、池ぽちゃ。

プレイヤーが池に入って拾うわけにはいきませんから、1打プラスして打ちます。

そのようにして、池に入ったゴルフボールはどんどん溜まっていくので、時々拾う必要があるのですが、池に潜って拾ってくれるのが、ゴルフボールダイバーです。

日本ではまだあまりメジャーな仕事ではありませんが、海外ではよく知られています。

ボールをただ拾うのではなく、拾ったボールをきれいにして、中古のボールとして売るのです。

例えば1つ200円くらいでも、1万個ボールがあったら200万円の売り上げ。

これは大きいです。

ゴルフボールダイバーという資格はないものの、池の中に潜りますので、スキューバダイビングなどの資格があった方が、仕事をしやすいです。

ゴルフ場と契約し、ボールの収集を専門に行っている会社がありますので、そういった会社にダイバーとして入社するのがいいでしょう。

少々難易度の高い仕事

少々難易度の高い仕事

資格を取ったり、特殊な訓練をしたり、難しいけれどやってみたら面白そうな仕事をご紹介します。

簡単にはなれませんが、その分チャレンジする人も少ないので、その分野で第一人者になれるかもしれません。

海外でも需要が大きいひよこ鑑定士

鶏は、卵を産むメスだけを育てるため、生まれた段階でオスとメスを分ける必要があります。

その判別をするのが、ひよこ鑑定士の仕事です。

瞬時にオスとメスを間違いなくより分けるため、非常に高度な技術が必要になるのですが、全て「人の目」でより分けるというのが、この仕事の凄さです。

ひよこ鑑定士は、正式名称を「初生雛鑑別師」といい、実は海外でも需要のある仕事です。

資格を取るためには、職業訓練を受けなくてはなりませんが、25歳以下という制限がありますので、もし興味があれば早めにチャレンジした方がいいでしょう。

数学が得意ならアクチュアリー

アクチュアリーは、日本語では、保険数理士、保険数理人などと訳されます。

死亡率、事故率、災害率などのデータを分析しながら、将来起こるであろう事故等を予測し、保険金の掛け金などを決定する仕事です。

アクチュアリーと名乗れるのは、日本アクチュアリー会の正会員のみで、非常に難しい試験をパスした人しかなれません。

高度な数学、統計学の知識が必要とされますので、合格するのは非常に難しく、現在日本でアクチュアリーと名乗っている人はおよそ5,000人しかいません。

しかしその平均年収は1,250万円ともいわれ、高度な仕事に見合うだけの報酬は得られるでしょう。

コツコツ数字と向き合うのが好きな人は、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

鷹とともに生きる鷹匠

鷹匠(たかじょう)とは、鷹を使って狩をする仕事をしている人のことです。

鷹の飼育をしながら、訓練を行う、鷹の専門家といったところ。

イベントで鷹を飛ばすなどのパフォーマンスを見せる、という仕事もあります。

最近では、狩だけでなく、鷹を使って畑や田んぼからカラスを追い払うという仕事もしており、鷹匠のあり方も変化しているようです。

公的な資格はありませんが、民間団体が認定試験を行なっています。

または、鷹匠として活動している人の元に弟子入りをして、基本的なことを学びます。

おもちゃで一儲け!レゴ投資家

レゴとは、よく知られている、あの小さなブロックです。

そのレゴに投資するのが、レゴ投資家です。

レゴにお金をかけるのではなく、これから高値になりそうだなと思うレゴを購入して、高値になったら売るというのがその投資の方法です。

もちろん資格はいりませんが、目利きの力が必要でしょう。

これからプレミアがつきそうなレゴはどれかを見極めることができるか、それが全てです。

また、実際に購入してから売るまでに時間がかかりますので、すぐには儲からないですし、レゴをストックしておく場所も必要です。

まとめ:今の仕事に飽きたら変わった仕事にチャレンジしてみる!

まとめ:今の仕事に飽きたら変わった仕事にチャレンジしてみる!

世の中には、まだまだたくさん仕事があります。

今回ご紹介した仕事は、ほんの一部ですが、もし今の仕事にやりがいを感じられないとか、何か新しいことにチャレンジしてみたいと思ったら、ぜひやってみてはいかがでしょうか?

天職を見つけるのは難しいですが、少しでも興味を引かれたものがあるなら、それはあなたの心のどこかに引っかかったということ。

これも、何かの縁かもしれません。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.