仕事の悩み

仕事のこだわり持ってる?やらされてる感から卒業するために

投稿日:

【5月9日まで限定公開!】あなたの悩みは、こうやって解消される!
「体調がすぐれない…」
「仕事で失敗する夢を見た…」
「自分軸で生きたい…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事は、成果を出すことが何よりも大事で、成果が出せるのなら、過程は正直、どうでもいい時もあります。

しかし、仕事のこだわりを持っていると、仕事はもっと楽しく、やりがいのあるものになります。

今回は、こだわりを持って仕事をすることのメリットについてお話ししますので、こだわりについて改めて考えてみませんか?

同じ仕事をするなら、こだわりがあった方が自分にとってプラスになることが多いのです。

本当に仕事のこだわりって必要?

本当に仕事のこだわりって必要?

仕事は、指示されたことがきちんとできればいいのではないか。

仕事のこだわりなんて考えたこともないという人もいるでしょう。

そもそも、仕事のこだわりは必要なのかと疑問に思う人もいると思いますが、こだわりは必要です。

こだわりとは、プロとしての覚悟であり、プライドです。

仕事に対する信念といってもいいかもしれません。

そんな大層なもの、持ってない…という人もいると思うのですが、要は、あなたが仕事をする上で何を大切にしているか、ということです。

小さなことでも、ここはこうしたいな、こんな風にやりたいなと思うことがあれば、それは立派なこだわりです。

あえてこだわりについて考えたことのない人は、気づいていないだけかもしれません。

仕事をする上で、

  • 自分が気になることは何か
  • 嫌だなと感じることは何か

と考えてみると、自分のこだわりがどこにあるか、見えてくるでしょう。

気になるということは、その点について「もっとこうした方が良いのでは?」という気持ちがあなたの中にあるということ。

それがあなたのこだわりです。

仕事のこだわりを持つことで仕事はもっと楽しくなる

仕事のこだわりを持つことで仕事はもっと楽しくなる

こだわりがなくても仕事を進めることはできますが、こだわりがあった方が仕事は充実してくるはずです。

自分が常に「こうしたいな」という気持ちを持って仕事ができるようになるので、前向きな気持ちになれます。

ここでは、こだわりを持つことのメリットについて説明します。

やらされている感がなくなり自主的に動けるようになる

仕事のこだわりとは、どう進めていくべきか、どうすれば成果に結びつくのだろうかと考えることです。

指示されたことを指示された通りにやるだけでなく、より良い形にしたいという思いを自分で考えて形にしていくので、イヤイヤやらされているという感覚が薄くなっていきます。

つまり、主体的に仕事を進められるようになるのです。

こんな風にやってみたい、あれも試してみたいというような自分なりのこだわりがたくさん出てくるようになると、きっと仕事が楽しくなってくるでしょう。

こだわり=責任感になる

仕事のこだわりは、自分の中から出てくるものですから、仲間や上司に「こうしたい」と意思表示をすることになります。

そうすると、自分でやりたいと言った以上、最後まで責任を持たないといけない、ということになるでしょう。

それが仕事に対する責任感となっていくのです。

責任感が増すことで、一層仕事を頑張ろうという気持ちになれるでしょう。

こだわりがあると向上心に繋がる

こんなことをやってみたいとこだわりを持って仕事をし、そのこだわりによって、意図した良い成果が出せたとしましょう。

そうなると、今度はこうやってみたい、いや、こうやってみたらどうだろうかと、試してみたいことがどんどん増えてくると思います。

意欲的に仕事に取り組むことができるようになり、もっと上を目指したい、良い仕事がしたいという気持ちが湧いてくると思います。

そしてそのこだわりが結果を出すたびに、あなたのこだわりの引き出しが増えていき、さらに良い仕事ができるようになるでしょう。

こだわりを持つことは自分の将来にも役に立つ

こだわりを持つことは自分の将来にも役に立つ

仕事にこだわりを持つことがなぜ大切なのか、それは仕事を変えるときにも自己アピールの材料となるからです。

というのも、転職するときの面接では、必ずと言っていいほど、仕事へのこだわりや工夫していることについて質問されます。

これは、あなたの仕事に対する姿勢や価値観を見るための質問ですから、絶好の自己アピールの機会となるでしょう。

もちろん、転職だけでなく、異動や昇進にも影響を与えるものです。

上司としては、何もこだわらずにただ仕事をこなしているだけの人より、こだわりを持って丁寧に仕事をしている人にこそ、もっと大事な仕事を任せたい、と思うものでしょう。

自分が仕事を与える立場だったら?と考えてみるとわかると思います。

ですから、自分が仕事をする上で何を大切にしたいのかを常に考えて欲しいと思います。

仕事は、価値の提供です。

同じ仕事をするのでも、ただ労働してお給料をもらうより、誰かが喜んでくれるような価値を与えることでお給料がもらえると考えた方が楽しいと思いませんか?

ただし仕事のこだわりはバランスが大事

ただし仕事のこだわりはバランスが大事

仕事のこだわりを持つことは必要ですし、その方が仕事も楽しくなります。

しかし、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。

こだわりの見せ方によっては迷惑がられることもありますので、注意しましょう。

こだわり過ぎはうるさがられる

こだわりというのは、自分の中に持っているもので、自分が仕事をするときの基準です。

自分の気持ちの中でこだわる分には良いのですが、それを表に出しすぎると「なんなの、この人?」と思われてしまうでしょう。

  • 私はこの方法じゃないとダメなんです
  • この仕事は、○○さんと一緒でないと
  • この仕事はやりたくないんですよね

というようなことばかり言っている人と仕事をしたいと思うでしょうか?

例えば、指示された方法があまり好きではなくて、自分としては違う方法でやってみたいと思う場合、「わかりました。ただ、私としては○○という方法も試してみたいのですが、よろしいでしょうか?」と提案する形にすれば、うるさがられないでしょう。

いろいろな人と仕事をしているのですから、自分のこだわりとは合わない部分があって当然です。

しかし自分のこだわりを押し付けるのではなく、「こういう風にしてみたい」という柔らかい提案にすることで、人と衝突することは避けられます。

何事も、言い方ひとつです。

「新人」の時はこだわりを出さないことも必要

新入社員が「この仕事はこうやりたいんですよね」などと自分のこだわりばかりを持ち出していたら、うるさがられると思います。

何もわかっていないくせにと思われてしまうでしょう。

これは、中途採用の時も同じです。

即戦力として採用されたとしても、その会社では「新人」ですから、謙虚さをなくしてはいけません。

まずは、その会社のやり方、風土に馴染むことも必要です。

自分のこだわりを出していくのは、仲間との信頼関係を築いてからでも遅くはありません。

こだわりが見えないとポリシーがないと思われる

こだわりを持っていたとしても、それが見えなさすぎる時も、「この人、大丈夫?」と思われてしまうことがあります。

こだわりは自分で持っているものだから、人に言う必要はないと思っている人もいますが、何を考えているかわからないと、一緒に仕事をしづらいものです。

時にははっきりと意見を言い、自分のこだわりを表に出すことが大切な時もありますので、適度な自己主張が必要です。

まとめ:仕事のこだわりを持ってもっと楽しく働こう

まとめ:仕事のこだわりを持ってもっと楽しく働こう

こだわりは、なくても仕事はできますが、あった方が自分にとってもプラスになり、楽しく仕事ができるようになります。

「やらされている感」がなくなり、主体的に仕事ができるようになりますし、もっといいものを作りたい!という向上心にもつながるからです。

ただ、自分のこだわりを一方的に人に押し付けるのは良くないので、バランスが大切です。

せっかくのこだわりを仕事に活かすために、周囲の人としっかり信頼関係を築いた上で、徐々にこだわりを出していくのがポイントです。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【5月9日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.