仕事の悩み

仕事に行きたくない時はどうする?心のサインに答える方法

更新日:

【9月30日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


朝起きて、仕事に行きたくないなと思うのは、社会人なら誰でも一度は経験しているのではないでしょうか?

行かなきゃいけないことはわかっていても、とても億劫で、いっそのことズル休みしてしまおうかと、悪魔の囁き声が聞こえてくることもあるでしょう。

仕事に行きたくないと思うのは、あなたの心が「少し休んでほしいな」とサインを送ってきているからかもしれません。

そんな時は、なぜそんなに仕事に行きたくないのか、一度理由を探ってみると、対処法がきっと見つかります。

仕事に行きたくない理由は?対処法を考える前に原因を探る

仕事に行きたくない理由は?対処法を考える前に原因を探る

なぜ仕事に行きたくないのでしょうか?

漠然と悩んでいても、解決策は見つかりません。

仕事に行きたくないと思った時はどうすればいいのか、それは理由によって対処法が変わってきますので、まずはあなたが仕事に行きたくない理由をはっきりさせてみましょう。

上司の顔を思い浮かべると憂鬱だ

パワハラ上司とまではいかなくても、ウマが合わない上司はいるものです。

上司の指示に納得がいかなかったり、何かと意見が衝突したり、仕事がスムーズにいかないなと感じると、仕事に行くのも嫌になります。

職場の人間関係が悪い

上司だけでなく、同僚との関係も大事です。

セクハラやマタハラなど、様々なハラスメントに悩まされている人もいますし、陰口を叩かれるなどいじめに遭っている人もいるでしょう。

いくら仕事の内容が自分の望んだものだったとしても、人間関係が悪いと仕事なんて行きたくなくなります。

今日も残業かと思うと行きたくない

ついさっき帰ってきて寝たばかりなのにもう朝になってしまった。

連日、残業が続いていると、疲労もたまり、辛いものです。

やってもやっても終わらない仕事のことを考えると憂鬱になり、仕事に行きたくなくなるでしょう。

ミスばかりして怒られっぱなし

仕事のミスは誰でもするものです。

しかし、何度も同じミスをしていると、上司に叱責されることも増え、仕事に行きたくなくなってしまいます。

ミスばかりしているせいで、「あの人は仕事ができない」と陰口を叩かれることもあるでしょう。

自分が悪いことはわかっているのですが、怒られてばかりでは気が滅入ってしまいます。

仕事の重圧に押しつぶされそう

責任のある立場についたり、大きな仕事を任されたりした時、それがやりがいにつながればいいのですが、「自分の実力で大丈夫なのか?」と思ってしまうと、その重圧で仕事に行きたくなくなることがあります。

仕事がつまらない、やりがいが感じられない

これは私がやりたかった仕事ではないと感じていたり、簡単すぎてつまらないと思っていると、仕事に行く気もなくなります。

多少の困難があっても、それを乗り越えることで自分が成長したと感じられますし、成長し続けることが仕事のやりがい、生きがいにつながります。

しかし、毎日同じような仕事、誰でもできるような仕事を続けていると、こんなことをして何の意味があるのだろう?と思ってしまいます。

仕事に行きたくないと思ったらやるべきこと5つ

仕事に行きたくないと思ったらやるべきこと5つ

悶々とした気持ちを抱えたまま出社し続けることは、体にも心にもよくありません。

そのうち、体調不良を感じ始め、心まで病んでしまうかもしれません。

そうならないように、行きたくないと思っているだけの今のうちに、なんとかすることが必要です。

1.数日休んでリフレッシュしよう

不満が溜まった状態ですと、正常な判断ができなくなるので、仕事にも支障が出ますし、感情の赴くままに辞めてしまう人もいるかもしれません。

そうならないように、まずは一度休んで頭を切り替えましょう。

2〜3日休んで、温泉に出かけるとか、趣味に没頭するとか、好きなことをして過ごしたら、不満も薄れてくるのではないでしょうか?

気持ちに余裕が出てくれば、今後のことも考えられるようになります。

2.仕事のやり方をもう一度見直してみよう

残業が多かったり、仕事でミスばかりしている時には、自分の仕事のやり方を見直すいい機会です。

この時大事なのは、「どうして私は仕事ができないのだろう」と、自分を責めないことです。

自分を責めても何もいいことはありませんし、余計仕事に行きたくなくなるからです。

  • 効率よく仕事をするにはどうすればいいのか?
  • 何か無駄なことはしていないか?
  • 同じ間違いを繰り返していないか?

など、仕事のやり方を振り返り、今よりも楽になる方法を探りましょう。

仕事が早い人、ミスが少ない人のやり方を参考にしてみるのが、一番の近道かもしれません。

3.今の仕事で成果を出して異動を希望してみる

今の仕事がつまらない、もっと違う仕事がしたい!と思ったら、異動を申し出てみましょう。

ただし、何も成果のない人が異動させてほしいといっても、聞き入れてもらうのは難しいものです。

まずは、今の仕事で成果を出すことです。

どんなにつまらない仕事だと思っても、そのつまらない仕事で成果を出せなければ、もっと大きな仕事を任せてもらうことは無理でしょう。

目の前にある仕事に真摯に取り組み、成果を出してから、やりたい仕事があるということを上司に相談してみるといいと思います。

4.ハラスメントを受けているなら担当部署に訴える

セクハラ、パワハラなどを受けている人は、社内の相談窓口に訴えてみましょう。

もし窓口がないなら上司に、その上司が加害者だった場合はさらにその上の人に相談します。

本来は、会社が社員の苦情や相談を受ける窓口を設置しなければならないのですが、それがない場合には、これを機に設置をお願いしましょう。

5.仕事は生活費を稼ぐためと割り切ってみる

仕事のやりがいなど、もう考えずに、仕事は生きていくための方法だと考えるのも一つの方法です。

より良い生活をするため、趣味を楽しむためなどなんでも良いのですが、生きていくためにはお金が必要ですから、そのお金を稼いでいるのだと割り切って、終業時間まで頑張りましょう。

人間関係の問題も、相手がいることなので、自分一人ではどうにもならないこともあります。

他人を変えることはできないので、仲良くできなくても仕方ないと、ある程度割り切ることが大切です。

仕事に行きたくないと思うのは心のサイン

仕事に行きたくないと思うのは心のサイン

一つ一つの不満は、取り立てて文句を言うほどのことではないからと、我慢をしながら仕事に行っている人も多いと思います。

しかしその不満は、今は小さくても、積もり積もってやがて心を押しつぶしてしまうかもしれません。

ネガティブな気持ちを抱えたまま、いい仕事をするのは難しいのではないでしょうか?

仕事に行きたくないなと思う気持ちは、心が発しているサインなのです。

そのサインをしっかりと受け止めて、自分は何に対して不満を感じているのか、原因を考えてみて対処法を練っていくことが大切です。

我慢をすることは良いことではありません。

思いのたけを吐き出してみよう

心に溜まったうっぷんを吐き出してみませんか?

鬱々と、一人で思い悩んでいると、そのネガティブな気持ちにどんどん押しつぶされ、ポジティブな考えができなくなっていきます。

そんな時は、人に話をしてみましょう。

他人に話すことで、「なんだ、大した悩みじゃなかったな」と思えることもありますし、何か違った視点を得られるかもしれません。

「そうか、そんな風に考えればよかったな」と思うことができたら、頭を切り替えて、新たな気持ちで仕事に取り組むことができるのではないでしょうか?

話をする相手は、信頼できる上司や同僚でも構いませんし、友人、もしくはカウンセラーなどを利用するといいでしょう。

会社関係の人に話すときには、自分はこう思っている、感じているという話にとどめ、くれぐれも誰かの陰口にならないように気をつけましょう。

本当に今の仕事、会社があっているだろうか?と考えてみる

本当は違う仕事がやりたかった、と思う気持ちがあるのなら、今の仕事を続けている限り、行きたくないという気持ちがつきまとうことになるでしょう。

それなら、本当にやりたいと思う仕事に就けるよう、行動を起こすべきときなのかもしれません。

自分は何をやりたかったのか、今一度よく考えて、転職に向けての準備をしましょう。

また、仕事に行きたくないと感じているのは、その会社があなたにあっていない可能性もあります。

会社にはそれぞれカラーがありますし、働く人たちによって環境も変わります。

今の仕事がやりたい仕事だったとしても、会社の雰囲気にどうしても馴染めないという場合も、やはり転職を考えた方が良さそうです。

まとめ:仕事に行きたくないことは誰でもある。そう思ったら休んでみよう

まとめ:仕事に行きたくないことは誰でもある。そう思ったら休んでみよう

仕事に行きたくないと思うのは、今のあなたに休みが必要だということだと考えて、一度ゆっくり休養してみましょう。

そうすればまた元気を取り戻せますし、やっぱり転職したほうがいいのかな?など次のことを考える心の余裕も出てきます。

倦怠期のようなもので、誰にでもあることです。

その思いを誰かに話すことで、大した悩みじゃなかったなとわかることもありますし、仕事のやり方を変えるきっかけにもなるでしょう。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.