仕事の悩み

仕事に「飽きる」原因と転職する前に試すべき対策

更新日:

【4月21日まで限定公開!】あなたの悩みは、こうやって解消される!
「体調がすぐれない…」
「仕事で失敗する夢を見た…」
「自分軸で生きたい…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事に飽きたと感じながら、毎日仕事をこなすのはつらいものです。

「この先ずっとつまらない仕事を続けなくてはならないの?」と考えてしまうこともあるでしょう。

そのような場合は、転職してしまえば飽きている状態から脱することができますが、転職をする前に試せる方法もあります。

今回は、仕事に飽きる原因や、仕事へのモチベーションを上げる対策をご紹介します。

仕事に飽きる原因にはどんなものがある?

仕事に飽きる原因にはどんなものがある?

なぜ仕事に「飽きた」と感じてしまうのでしょうか。

まず飽きる原因を見ていきましょう。

同じことの繰り返しに飽きる

「毎日同じことの繰り返し」と感じている人は、仕事のルーティンに飽きてしまっているのでしょう。

はじめて仕事を教わったときには、新しいことにチャレンジをするという刺激を脳が感じまず。

その刺激で人はやる気を感じますが、同じことを繰り返すことでその刺激に慣れてしまい、飽きたと感じてしまうのです。

これは同じ職場で長く働けば働くほど感じることでしょう。

どんな人でも感じることなので、おかしいことではありません。

しかし、飽きた状態で働き続けるのが苦痛に感じるのであれば、仕事の仕方を工夫するなど自分自身がアクションを起こす必要があるでしょう。

成長を実感できない

「現在の職場ではこれ以上成長できない」と感じている場合も、仕事に飽きてしまうでしょう。

成長ができないと感じているということは、目標がない状態とも言えます。

職場でステップアップするためにどうすべきか、自分がどうなりたいのかなど、今後を考える必要があるでしょう。

仕事に対する情熱が薄れてきた

「入社したての頃は情熱を持って仕事に取り組んでいたな」と感じる人は多いのではないでしょうか。

入社したばかりの頃は「この会社で頑張っていく」という意気込みもありますし、新しい職場での刺激を感じるためモチベーションを保ちやすいもの。

しかし、時が経つにつれて仕事に慣れるとともに、飽きを感じてしまうようになります。

このような場合は、新たなやりがいや目標を見つける必要があるでしょう。

正当に評価されていないと感じる

頑張っているのに、その頑張りを見てもらえていないと仕事へのモチベーションは下がってしまいます。

結果を出しているつもりなのに、成果を正当に評価されていないと感じたときも、仕事への意欲が低下して、飽きたと感じてしまうかもしれません。

他の仕事が魅力的に見える

知り合いの職場の話しを聞いて、うらやましいと感じたことがある人もいるでしょう。

特に仕事に情熱を注げている人の話は、その仕事がとても魅力的に思えることもあるかもしれません。

また、好奇心旺盛な人はすぐに他の仕事がしてみたくなるという場合も。

他の仕事が魅力的に思えると、今の仕事の嫌な部分に目がいってしまいがちになります。

そのため、仕事に飽きて「転職したい」と考えてしまうこともあるでしょう。

今の仕事が自分に合っていないと感じる

仕事で失敗を繰り返したり、やりたい仕事ではなかったけれど妥協して今の会社に就職したという人は「仕事が合わない」と感じることもあるでしょう。

そのように考えながら仕事をしていては、当然モチベーションは下がります。

その結果、飽きたと感じてしまうことも。

仕事に「飽きた」と感じた場合の対処法

仕事に「飽きた」と感じた場合の対処法

自分が仕事に飽きている原因はわかりましたか?

では、仕事に飽きている状態を改善するには、どのような方法が有効なのでしょうか。

その職場で仕事を続けるメリットを考えてみる

まずはじめに、今の職場で働き続けるメリットを考えてみましょう。

例えば、

  • 職場内の雰囲気がいい
  • 給料には満足している
  • 働き続けることで経験がつめる
  • 顧客に喜んでもらえる
  • ライフワークバランスが取りやすい

このように、自分にとってプラスになることは何かを考えてみてください。

なにもメリットが思いつかないというのであれば、それは転職を考えるべきかもしれません。

メリットがあるのであればそれが働く理由や意欲となるので、あらためてメリットを確認することでモチベーションを上げることができるでしょう。

目標を正しく設定してみる

目標の立て方ひとつで、仕事へのモチベーションは大きく変わります。

目標設定をしても上手くいかない人の多くが、目標の立て方を間違えているのです。

例えば「ダイエットをする」という目標を立てても、何をもって目標達成というゴールとなるのかがわかりません。

また、期間が決められていないため、やる気も散漫になってしまうでしょう。

ダイエットで目標を立てるなら、

  • 半年後までに体重を6kg落とす
  • 1ヶ月で体重を500g落とす
  • 毎日筋トレを30分おこなう
  • 野菜とたんぱく質を中心にして、食事の摂取カロリーを1600kcalに抑える

このように設定すると具体的で、やる気も湧いてくるような気がしませんか?

目標は高すぎると、達成できないことで逆にやる気を失ってしまいます。

反対に、低い目標であっても繰り返し達成することで、モチベーションをアップすることができるのです。

目標は「昇進」「年収アップ」というような長い目で見る必要があるものを考えることも大切ですが、日常的にこなせる業務の中でも目標設定をすることができます。

「午前中に書類作成を終わらせる」など、ちょっとしたことでも目標を立てることで、集中力もアップできますよ。

ゲーム感覚で仕事をしてみる

毎日の仕事がルーティン化していることに飽きを感じている場合は、目標設定に加えて仕事をゲーム感覚で進めてみてください。

「この仕事を10時までに終わらせれば1ポイント」と言ったように、目標を達成するごとに自分でポイントを加算していき、ポイントが貯まったら自分にご褒美というように決めると、より楽しめるかもしれません。

時間を決めて業務に取り組むことで、仕事の効率を上げることができますよ。

新しいことにチャレンジしてみる

仕事に飽きてしまった場合は、新しい刺激を受けることも大切です。

そのために、今まで携わっていなかった業務にチャレンジしてみるなど、新しいことにチャレンジしてみましょう。

そうすることで、入社したてのような情熱を思い出せるかもしれません。

また、仕事に役立つ勉強や資格の取得などもいい刺激になるでしょう。

生活のリズムに変化をつけてみる

仕事に飽きたと感じたら、仕事以外の生活リズムにも注目してみましょう。

同じ時間に起きて、同じ電車に乗って…というように、毎日の生活リズムが同じという人は多いでしょう。

普段の生活リズムに変化をつけることで、新しい刺激が生まれて仕事への意欲が増す可能性があります。

例えば、

  • 少し早起きして隣駅まで歩いてみる
  • 髪型を毎日変えてみる
  • 駅から会社までの通勤ルートを変えてみる
  • 会社の近くのカフェで朝食を食べてみる

このように、ちょっとした変化をつけることで日々を楽しめるようになり、仕事にもやる気が起きることで「飽きた」という思いを感じなくなるかもしれません。

「オン」と「オフ」の切り替えを大事にする

仕事とプライベートのオンオフができていないと、しっかりと休むことができず疲れてしまいます。

その疲れからモチベーションが下がって、仕事に飽きを感じてしまうこともあるでしょう。

オンオフの切り替えをするためには、職場を出るときに服を着替えると切り替えがしやすくなります。

しかし多くの人は、職場で着替えをしないでしょう。

着替えずに帰宅する人は、会社を出たらジャケットを脱いだり、仕事中身に着けているものを外すなどすることで「ここからはオフの時間」という実感を自分に感じさせるのがオススメ。

これを毎日おこなうことで、オフの時間に切り替えができるようになります。

また、休みの日に仕事のことを思い出してしまう人は、没頭できる趣味を見つけたり、外出するなどして仕事のことを忘れられる環境を作るといいでしょう。

運動を日課にしてみる

「仕事にすぐ飽きてしまう」という人は、運動不足が原因であることも。

仕事に飽きると「仕事にやる気が起きなくて体がだるい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

特にデスクワークが中心の人は、脳の中でも同じ部分ばかり使っています。

脳が部分的に使われ続けると、脳が酸素不足となるためストレスを感じ、やる気の減退や体のだるさに繋がってしまうのです。

その状態を解消するためには、運動をして脳の別の部分を働かせることが大切。

1日中デスクワークで疲れたと感じるなら、ウォーキングや筋トレなどの運動をすることで疲れが解消できるのです。

運動不足でだるさを感じているのであれば、疲れているときほど運動をしましょう。

また、運動をするときは「疲れたから終わりにする」ではなく、運動メニューを作って明確な終わりを決めましょう。

終わりを明確にすることで、オンオフの切り替えが上手にできるようになりますよ。

まとめ:仕事に飽きたら自分でやり方を工夫して

まとめ:仕事に飽きたら自分でやり方を工夫して

今回は、仕事に飽きる原因や、仕事へのモチベーションを上げる対策をご紹介しました。

仕事に飽きてしまう原因は、

  • 同じことの繰り返しに飽きる
  • 成長が実感できない
  • 仕事への情熱が薄れている
  • 他の仕事が魅力的に見える
  • 今の仕事が合っていないと感じる

このようなことが考えられます。

飽きている状態から脱したいのであれば、

  • 現在の職場で仕事を続けるメリットを確認
  • 目標を正しく設定
  • 仕事をゲーム感覚で進める
  • 新しいことにチャレンジ
  • 生活のリズムに変化を付ける
  • オンオフの切り替えを重視
  • 運動をする

これらを試してみましょう。

何をやっても飽きたと感じる状態から向けだせないのであれば、転職を視野に入れてみてもいいかもしれません。

まず、自分ができるところから始めてみてください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【4月21日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.