仕事の悩み

海外移住して仕事がしたい!そのために必要なことは何?

更新日:

【10月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


いつかは海外で暮らしてみたい、そんな風に思っている人にとって、大事なのが仕事です。

長期間暮らしていくためには、貯金をするよりも現地で働きながら暮らしていく方が現実的です。

しかし、安易に海外に行ってもすぐに仕事が見つかるわけではありません。

そこで、海外に移住して仕事をするにはどんな方法があるのか、具体的にどのような仕事があるのかについてご紹介します。

これから先、日本以外で暮らしてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

海外移住して仕事するにはどんな就職ルートがある?

海外移住して仕事するにはどんな就職ルートがある?

海外で仕事をするためには、どのようなルートが考えられるでしょうか。

ワーキングホリデーを利用する

ワーキングホリデーは年齢制限がありますが、働きながら永住権の取得も目指せる方法です。

30歳未満なら、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

ワーキングホリデーとは、一定の期間、働いたり、観光したり、学校に通ったりと自由に過ごせる制度のことで、専用のビザが発行されます。

学生ビザですと勉強しかできませんが、ワーキングホリデービザなら、学校へ通いながら、アルバイトをして生活費を稼ぐことも可能です。

そして、アルバイトの就業経験を生かして、地元の企業に就職するという方法があります。

海外では日本のように、新卒が就職に有利、ということはありません。

むしろ、学歴にこだわらず、即戦力となる人が求められます

アルバイトでスキルを身につければ、そのままその土地で暮らしてくことも可能です。

海外支社のある日本企業を探す

海外に積極的に事業を展開している会社に入れば、海外移住して仕事をするという道が開けるでしょう。

この方法ですと、すぐに海外移住というわけにはいきませんが、日本でしっかりとスキルをつけてから海外へ移住できますし、日本企業というバックボーンがあるので、安心して移住できるでしょう。

海外の学校へ通ってから就職する

語学力に不安がある人は、まず語学力を磨くことから始めなくてはいけませんが、それならばいっそのこと留学して、そこから地元企業のインターンに参加して、就職するというルートがあります。

海外企業は日本と違い、インターンが必須のところがほとんどです。

日本のように未経験者を「若いから」と雇ってくれるような会社ありません。

英語は就職してからどうにかなる、と思っていたら大間違いです

また、英語以外のスキルも当然必要になってくるので、現地で語学を学びながら、専門学校などへ通い、スキルを身につけてからインターンに参加する、という方法なら、就職先を見つけやすくなります。

海外移住して実際にできる仕事は?

海外移住して実際にできる仕事は?

企業の一般事務職なども採用がないわけではありませんが、地元の人を差し置いて外国人を雇うとなると、就労ビザを発行するため、企業側にもそれなりの理由が必要です。

事務職で突出したスキルを持つのは、現実問題としてなかなか難しいので、それならば少し専門的な仕事の方が見つけやすいでしょう。

プログラマーなどIT関連の仕事

仕事を受注できるスキルさえあれば、海外に移住して仕事を請け負うことも十分可能です。

ウェブ制作に関わる仕事は、会社に出勤しなくてもできるため、会社に就職する以外にも、フリーランスとして仕事をしていくことができます。

ライターやブロガーなど情報発信する仕事

どこかの企業に採用されるのではなく、フリーランスとして仕事をしていくという方法もあります。

中でも、ライターやブロガーといった仕事は自由度も高く、人気のある仕事です。

ただ、人気のある仕事=稼げるということではありません

その土地に住んでいるからこそわかること、海外で暮らしながら仕事をしたいと思っている人に役立つ情報など、読者が求めている情報をどのくらい発信していけるか、それによって報酬はかなり左右されるでしょう。

物価の安い国に住んで、生活費を抑えて暮らしていけば、決して難しくはありませんが、この方法で成功できるかは、安定的に仕事を受注できるかどうかにかかっています

日本の文化も伝えられる日本語教師

日本語は日本でしか話されていないにも関わらず、海外では重要のある仕事です。

語学を教える時には、その背景にある文化や習慣を伝えることにもなるので、日本の素晴らしさを伝えたい、積極的に国際交流をしたいという人に向いている仕事です。

ただ、報酬が魅力的とはいえないのがやや難点です。

日本にいる外国語の教師が稼いでいるとはいえないように、日本人が海外にで日本語を教えても同様のことが起こります。

学校に勤めても非常勤講師であることが多く、高い給与が期待できません

常勤採用されるよう、日本語以外のスキルも身につけておいた方が良いでしょう。

日本食レストラン

流暢な英語が話せなくても働きやすいのが、日本食のレストランです。

もちろん、語学力はあるに越したことはないですが、日本人が経営するレストランであれば、ホールスタッフや調理師として仕事がしやすいでしょう。

現地の留学エージェント

日本からやってくる留学生のサポートをする仕事です。

ワーキングホリデーは、現地に着いてから仕事を見つけるので、まだ英語が十分にできない状態で自分で仕事を見つけるのは難しいもの。

そんな日本人が海外でスムーズに生活できるようにお手伝いをします。

時にはホームステイ先を探したり、学校を紹介するなど、現地の人とも関わり合いながら、学生の生活を支援します。

英語力は当然必要です。

人のサポートをするために細々と動ける人に向いている仕事です。

日本語もOKのところも。コールセンター

東南アジア圏では、コールセンターの仕事が増えています。

というのも、パソコンの普及などによって、ヘルプデスクなど顧客の問い合わせに対応するための仕事の重要が高くなっているのです。

現地の会社のコールセンターであれば英語は必須ですが、中には日本企業のコールセンターもあります。

電話は日本からかかってくるので、答えるのも日本語です

海外にいながら、日本語で仕事ができることもあるということです。

学びながら働けるオーペア

オーペアとは、フランス語の「Au Pair」という言葉が元になっていて、若年層をサポートする留学プログラムです。

ホームステイ先の子供の面倒を見たり、家事のお手伝いをしながら、お給料をもらうことができる制度です。

ワーキングホリデービザや就労ビザの他に、オーペア専用のビザがある国もあります

主に30歳以下までという制限がありますが、終了すると「オーペア修了書」がもらえるので、地元できちんと生活していけます、という証明にもなります。

ただし、オーペア自体が何かのスキルになるわけではないのと、年齢制限があるので、短期間だけ移住して働きたい人に向いています

海外移住して仕事をするために知っておくべきこと3つ

海外移住して仕事をするために知っておくべきこと3つ

海外は仕事に対する考え方が日本とは全く違いますし、今は英語ができないけれど、行ったらなんとかなるかという安易な考えでは海外に移住して仕事をすることはできません。

きちんと計画を立て、スキルを身につけてから行かないと失敗します。

どのような仕事をするにしても英語力は必須

海外で働くならば、現地の人を差し置いてでもこの外国人を雇いたい!と思ってもらわなくてはいけません。

ということは、語学力はあって当たり前です。

ここでいう英語力というのは、単に日常会話ができるレベルではなく、ビジネス英語が使えるということです。

中国や韓国、東南アジアの人たちは熱心に英語を学んでいますから、そういったライバルとも差をつけなくてはいけないわけです。

TOEICなら700点以上、できれば800点くらいを目指したいところです。

IELTSなら6.5くらいのスコアが必要です。

就労ビザを取得するために「即戦力」になる必要がある

就労ビザを得るには就職先の会社のサポートが必要ですから、どうしてもこの人が欲しいという人材にならなくてはいけません。

外国人ならば即戦力になれなければ、まず仕事は見つかりません。

どのような経歴があって、何ができるのかをアピールすることが必要です。

当座の生活費はあるか

渡航前に就職先が決まっていたとしても、移住してからの当座の生活費が必要です。

ビザの取得費用や保険料などもありますから、目安としては100〜150万円くらいは最低でも準備しておきたいところです。

まとめ

まとめ

なんとなく海外に行って、そこで仕事を見つけて、と甘いことを考えていても決してうまくいきません。

海外で仕事を見つけるためには、どのようなルートがあるのかを調べ、現地の人に負けないだけの語学力やスキルを身につけて、ようやくスタートラインに立てるのです。

まずは英語力!本気で海外移住したいなら、しっかりと勉強してください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.