仕事の悩み

仕事の適正を知るには?好きなことや働き方を多角的に考える

更新日:

【7月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


仕事が適正かどうかは、単に向き不向きだけを考えるのではダメで、あなたがどのように働きたいのか、仕事に何を求めるのかなど、様々な角度から考える必要があります。

単に向いている仕事というだけでなく、能力を活かしながら、ストレスなく働けることが重要です。

適正な仕事を見つけるにはどうすればいいのか、順を追って説明しますので、転職したいと考えている方は、仕事探しの参考にしてください。

仕事は、自分に向いているかどうかも大事ですし、ワークライフバランスも大事です。

仕事の適正を知らないとなぜ困るのか

仕事の適正を知らないとなぜ困るのか

仕事を探す時、まず、事務職、営業職など大まかに職種を考え、それからお給料や休みといった条件面を見て決めるのではないでしょうか。

事務職といっても仕事の幅は広いものですが、それよりも待遇面で会社を比較することが多いのではないかと思います。

働く条件はとても大切なので、重視するのもやむを得ないのですが、どんなに条件が良かったとしても、自分に合った仕事でないと楽しくないですし、長続きもしないでしょう。

あなたの能力を活かし、楽しく仕事をするためには、得意・不得意などを見極めた上で、あなたの性質に合った働き方、会社の風土などを選ぶ必要があります。

適正と適性の違いがある

  • 適正:適当で正しいこと。
  • 適性:性質、性格にかなうこと、また、ある事柄に適した性質。

どんな仕事に向いているか?などのチェックをするのは「適性検査」と呼ばれます。

適正は、それが適当か、妥当かどうかという意味合いで使われることが多く、適性は向いているかどうか、という意味合いで使われます。

適当というと、「いい加減」という意味で使っている人もいますが、正しくは「ちょうどよく合うこと、ふさわしいこと」という意味です。

自分の性質に合っているということなので、いい加減ではないのです。

向いていることと好きなことは違う

つまり、仕事には2つの「てきせい」があるということです。

自分の性質を知って(=適性を知る)、適正な仕事に就くことが、「自分に合った仕事」だということです

例えば、あなたが理数系の科目が得意で、計算能力の高い人が経理の仕事をする部署に配置されたとします。

確かに計算能力が高ければ、数字を扱う仕事は向いているかもしれません。

しかし、コツコツと書類を作る仕事が向いていなかった場合や、能力は高くても計算そのものが嫌いだった場合には、経理職はあなたにとっての「適正な仕事」ではないということです。

向いているかどうかは「適性」ですが、その仕事を好きになれるか、楽しんでやることができるかは「適正」です。

ですから、仕事を選ぶ上では適性を知った上で、あなたが本気で打ち込めるかどうかを見極めることが大切なのです。

仕事の適正を知るために、まずは適性を知る

仕事の適正を知るために、まずは適性を知る

では、どのような性格・性質の人がどのような仕事に向いているのか、簡単ではありますが、分類してみましょう。

適正な仕事を知るために、自分がどんな性質を持っているかを考える必要があります。

  • 事務職:コツコツ丁寧な仕事ができる人、パソコンスキルは必須。
  • 営業職:説明するのが得意、相手の話をよく聞ける人
  • 販売職:人と接することが好き、流行に敏感
  • 医療職:きめ細やかな気配りができる、人と関わることが好き、感情的にならない
  • IT系の職種:パソコン仕事が苦にならない、納期を絶対に守れる人
  • デザイン、クリエイター系:物作りが好き、色彩感覚などに優れている人
  • 作業系の職種:コツコツ一人で取り組むことが好き

ごく簡単ですが、このように仕事によって、求められる全く方向性が違うわけです。

人と話すのは好きだけど、パソコンの前で1日中仕事するなんて耐えられないという人もいるでしょう。

そのような人は、プログラミングの仕事には向いていないです。

このようにして、自分の性質、性格などから向いている業種や職種を探します。

最初にここを間違えてしまうと、適正な仕事も探せなくなるからです。

自分に合った仕事は?適正を知る方法

自分に合った仕事は?適正を知る方法

では次に、自分に合っている適当な仕事は何か、それを知るためにはどうすれば良いかを考えます。

自分の性質を理解した上で、今度はあなたの好みややりがいを感じられること、苦もなくできることなどから適正な仕事を探します。

徹底した自己分析をして何が楽しいのかを探る

自己分析といっても何から手をつけたらいいのかわからないという人もいると思いますが、まずは自分の年表を作ってみます

子供の頃から現在まで、やってきたことやエピソードを時系列に整理していきます。

  • 頑張ったこと
  • 楽しかったこと
  • 苦労して大変だったこと
  • 興味を持ったこと

部活動や趣味、習い事など自分がやってきたことの中で感じたことを書き出してみてください。

また、長所・短所を考えることも必要です。

自分の長所を探すのは難しいと思う人もいるかもしれませんが、まずは思いついたことを書いてみてください。

強みを知っておくと、転職の時はもちろんのこと、仕事を始めてからも役に立ちます

どんな働き方をしたいのか

  • 睡眠時間はしっかり確保したいので残業したくない
  • オンとオフはきっちり分けたい
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手なので、一人でコツコツ仕事をしたい
  • やった仕事がきっちり評価してもらえる会社がいい
  • 成果主義よりみんなで仲良く仕事がしたい

人によって、会社や働く環境に求めるものは違うと思います。

最近ではリモートワークも増えてきたので、できれば家で仕事がしたいと思う人もいるでしょう。

同じ職種でも、会社によって仕事のやり方は違うので、自分が理想とする働き方も書き出してみてください。

転職活動をする時には、働き方の中で最も自分が優先したい事項を見ていくと、適正な仕事が探しやすいです

適職診断を利用する

簡単に自分のことを知るには、インターネットで「適職診断」などを利用してみるのもいいでしょう。

質問の量も中身もいろいろありますので、一つではなく、いくつか利用してみて、その結果からどのような傾向があるかを分析してみます

このようなシステムを利用してみると、自分では気づいていなかった意外な面を知ることもできますので、適正な仕事の幅が広がるでしょう。

身近な人に聞いてみる

家族や友人など、身近な人に聞いてみるというのもおすすめの方法です。

あなたを近くで見てきた人だからこそ、本人が気づいていないような強みを知っていることもあるからです。

自分では短所だと思っている点が、人から見ると長所だということはよくあることです。

人の話を聞いてみると、自分を客観的に見ることができますし、他の人にはない個性も見つけやすくなり、意外な一面に気づけるでしょう。

それが仮に短所だったとしても良いのです。

短所は長所、逆に考えればそれもあなたの強みになります

「あの時、こんな風に行動した」というような過去のエピソードなども聞けると、就職の面接などでも役にたつかもしれません。

具体的な話があると、面接の時にアピールしやすくなるというメリットもあります。

社風など会社との相性も大事!

社風など会社との相性も大事!

最後に、働く上では環境もとても大切です。

職種としては自分の性質と合っているけれど、社風が合わないと仕事をしていて辛いと思います。

とてもおとなしい人が、体育会系のノリの会社ではきっと馴染めないでしょう。

企業には文化があるので、そこに馴染めるかどうかというのはとても大きな問題なのです

せっかくいいお給料の仕事を見つけたと思っても、会社の雰囲気に馴染めなければ、モチベーションを保ち続けるのは難しく、長く働くことはできなくなるでしょう。

そうならないために、会社のホームページなど情報だけで判断するのではなく、実際に説明会などに足を運び、その会社の人に触れてみる、可能であれば会社の見学などもさせてもらうといいでしょう。

まとめ

まとめ

好きなことと得意なことは違いますし、得意なことでもその仕事自体が向いているかどうかはまた別問題。

仕事が適正かどうかは、自分の性質はもちろんのこと、望んだ働き方なのか、会社の雰囲気に馴染めるのかなど、様々な角度から検討する必要があります

決して、給与など待遇面だけで決めてしまわないようにしてください

長く、楽しみながら仕事を続けていくためにも、自己分析をしっかりした上で、働く環境も考慮して、適正な仕事を探しましょう。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.