【10月28日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事の悩み

仕事のやりがいはどうすれば見つかる?見つけ方のポイント

更新日:

就職して一定の期間が経つと、仕事にも慣れてきますし、なんとなく「やりがいがない」と感じてしまうこともあると思います。

しかし、そもそも仕事のやりがいとは、どのようなことを指すのでしょうか?

何をやりがいだと感じるかは人それぞれです。

ですから、自分がやりがいと感じることはどんなことだろう?と考えるのがスタート地点。

ただ漠然と「やりがいがない」と思っていてもやりがいは見つからないので、仕事のやりがいとは何かを定義し、転職すれば見つかるのか、今の仕事の中から見つけることができるのか、その見つけ方のポイントについてお話しします。

仕事のやりがいってなんだろう?

仕事のやりがいってなんだろう?

達成感があっても給料が低いままで満足はできないでしょう。

また、給料が良くても、将来のビジョンが見えない職場ですと、やりがいよりもだんだん不安が大きくなってきそうです。

そこで、そもそも仕事のやりがいとは何なのか、定義を考えてみます。

やりがいとは結果を出して達成感を感じること

辞書を引いてみますと、やりがいとは「ある行為によって生み出される良い結果。やるに足る価値、値打ち」(現代国語例解辞典・小学館)とあります。

これを仕事に当てはめてみると、

  • 仕事で大きな成果をあげる
  • 仕事であげた成果に見合う報酬がもらえる
  • 仕事であげた成果に見合う評価が得られる

ということになるでしょう。

それぞれ、もう少し掘り下げてみます。

成果が出ると達成感がある

人は、頑張った結果、誰かにそれを認めてもらうとドーパミンという神経伝達物質が分泌され、喜びを感じます。

これが、普段私たちが感じている「達成感」の正体です。

ドーパミンは、分泌されるとさらにやる気につながり、良い循環を作り出します。

そして、超えなければならない壁が高いほど、ドーパミンの働きは強くなるので、大きな苦労をして結果を出した時ほど、達成感も大きくなります。

お給料が上がれば生活も安定する

仕事で成果をあげて、それに見合う報酬が得られれば、やったことの結果が形として見えますので、やりがいも大きく感じられるでしょう。

感謝される喜び

やりがいとは、自分の頑張りだけでは少し足りなくて、人との関わり合いにおいて、さらに強く感じることができるものです。

自分が作った資料がとてもわかりやすかった、説明がしやすかったと上司に褒められたり、仕事でサポートしてもらって助かったと同僚に感謝されたり、周囲の人からの感謝の言葉によって、自分の存在価値を再確認できるでしょう。

自分が頑張った結果が正当に評価されているので、人の役に立てているというやりがいを感じられます。

将来の希望や目標があることも大事

仕事で満足するためには、将来性も大事なポイントになります。

今、これだけ頑張っているのに全く評価されない、お給料も上がらないという状態では、「このままこの仕事を続けていて大丈夫なんだろうか?」という不安につながります。

また、今は安定していても、将来こんなことをやりたいという目標を持てるかという点も重要です。

将来性のない仕事は、モチベーションや前向きな気持ちを維持していくのが難しく、いずれ仕事に対する不満が出てくる可能性があるからです。

転職すれば仕事のやりがいは見つかるのか?

転職すれば仕事のやりがいは見つかるのか?

今やっている仕事に対して、やりがいが感じられないという人は、何に対して自分が不満を持っているのか、どんな点についてやりがいを感じられないのか、ということをしっかり考えてみてほしいのです。

「今の仕事はやりがいがない」と決めつけてしまうと、自分の本当の不満が見えなくなることがあるからです。

例えば、仕事のやりがいがないのではなく、

  • 人間関係が良くない
  • 頑張っても給料が上がらない
  • 休みがなかなか取れない

など、職場の環境や労働条件に対する不満をまとめて、「やりがいがない」というように感じてしまっているだけのこともあります。

それなら、もっと給料を上げるためにはどうすればいいか、人間関係を改善するにはどうすればいいのかなど、やりがいとは違う点を考える必要も出てきます。

ですから、どんなことに対してやりがいがないと感じるのかを言語化していくことによって、自分がやるべきことが見えてきます。

安易に「転職すればきっとやりがいのある仕事ができる」と考えるのではなく、今の仕事に対する不満を整理して、その中から今できることを考えていきましょう。

考えた上で、やはり転職した方がいいとなればそれで良いでしょうし、もう少し今の職場で頑張ってみようという結論が出ることもあります。

どちらにしても、焦って決めないことが大切です。

今の仕事で自分なりの仕事のやりがいを見つける方法

今の仕事で自分なりの仕事のやりがいを見つける方法

仕事を変えるには、大きなエネルギーを必要としますから、まずは今の仕事の中でできることを考えてみましょう。

次のようなことを試してみてください。

能動的に仕事をしてみる

今は、やりがいが感じられないと、少し後ろ向きな気持ちになってしまっているかもしれません。

ですからまず、一つ一つの仕事に前向きに取り組めるよう、指示されたことをそのままやるのではなく、自分なりに仕事の目標を立てたり、仕事の意義を考えてみます。

指示されたことをこなすというやり方ですと、いつまでも受動的なやり方で、仕事をやらされているという感覚になってしまうからです。

それではなかなか、やりがいは見出せません。

言われたからやるのではなく、

  • もしこの仕事を自分が依頼する側だったら、どんなことを相手に望むだろうか
  • どんな成果を出して欲しいと思うだろうか

そんな風に考えてみてください。

そうすると、自然と「この仕事の目的はなんだろう?」ということを考え始めるので、これまでとは仕事のやり方が変わってきます。

仕事に対する意識も変わってきますので、周囲からも、

  • いつも前向きに取り組んでいる
  • 仕事熱心
  • 信頼できる

など、評価されるようになるはずです。

それが徐々にあなたのやりがいにつながっていくでしょう。

ルーチンワークでも改善点がないか考えてみる

毎日同じようなルーチンワークの繰り返しだと、やりがいを感じにくくなってしまうことはあると思います。

しかし、小さな一つ一つの仕事が、きっと誰かの役に立っているという気持ちを忘れずにいてください。

そして、ルーチンワークだからこそ、見逃してしまっていることはないか?と改善点を探してみるのです。

  • そもそもこの仕事は本当に必要なのだろうか?
  • この仕事がなくなったら、困ることはあるか?

と、根本から疑ってみるのです。

前任者から引き継いだ時に、「この仕事はこうする」と教わっていると、何の疑いもなく進めていることが少なからずあると思いますが、本当はもっとやり方を工夫すれば、効率化できることがあるかもしれません。

小さなことであっても、自分なりの工夫で仕事のやり方を改善していければ、それがあなたの仕事のやりがいにつながっていくのではないでしょうか?

他の人はどんなことにやりがいを感じているか聞いてみる

どうしてもやりがいが見出せない。

そんな時は、同じ仕事をしている人に聞いてみる、というのも一つの方法です。

自分とは全く違う視点でその仕事を見ている人の意見を聞いてみると、ああ、そんな考え方もあったのかと、目からウロコの状態になるかもしれません。

今とは違う見方ができたら、思いもよらなかったやりがいを見出せる可能性があります。

仕事の内容以外のやりがいを見つける

「仕事のやりがい」というと、仕事の内容そのものだけに目を向けてしまいがちですが、もっと大きく、「人生そのもの」を考えてみるのもいいでしょう。

例えば、仕事の中身はさておき、プライベートの楽しみを見つけるのです。

家に帰ってやりたいことがある、週末の時間を思いきり楽しみたいというのも、仕事のやりがいにつながります。

残業はしたくない、一刻も早く家に帰って、自分の楽しみに没頭したいと思えば、いかに残業しないか、効率的に仕事をこなそうか?と考えるでしょう。

理由は「早く帰るため」ですが、仕事の中身が好きでなくても、仕事を頑張ろうという間接的なモチベーションになります。

やりがいをどう捉えるかは自分次第です。

まとめ:仕事のやりがいは今の仕事の中からも見つけられる!

まとめ:仕事のやりがいは今の仕事の中からも見つけられる!

仕事のやりがいというのは、とても漠然とした概念なので、まずはやりがいが感じられないのはなぜか、何に対して不満を感じているのかということを、自分の中で整理することが大切です。

その上で、今の仕事の中で頑張れることもありますし、仕事以外のことにやりがいを見出し、間接的に仕事のモチベーションをアップして仕事をこなすという方法もあります。

やりがいがないと思っていた仕事でも、少し能動的に、自分からやるという姿勢で取り組んでみると、改善点がいろいろ見えてきて、仕事が楽しくなることもありますから、やりがいを見つけるかどうかは自分次第です。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【10月28日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.