仕事の悩み

社会福祉士の仕事の内容は?資格を取得して活躍する方法

更新日:

【8月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


高齢化や児童虐待の相談件数の増加によって、社会福祉に関する仕事のニーズはますます高まっています

そこで、社会福祉士とは具体的にどのような仕事をするのか、資格を取得するにはどのような勉強が必要なのか、わかりやすく説明します。

併せて、資格取得後の働き方についてもお話ししますので、福祉に関わる仕事をしたいと思っている方は是非参考にしてください。

社会福祉士の仕事ってどんなことするの?

社会福祉士の仕事ってどんなことするの?

社会福祉士の仕事は多岐に渡ります。

社会の中で、様々な困難を抱え、生活に支障をきたしている人に寄り添い、サポートをします。

仕事を大きく分けると、

  • 困っている人の相談に乗る
  • 関係機関との橋渡しをする
  • 定期的なサポート

に分かれます。

問題を抱えている人の相談に乗る

社会福祉士のメインとなる仕事が相談業務です。

対象となるのは、

  • 介護が必要な人
  • 障害者
  • 生活困窮者

などですが、高齢者だけでなく子供も含み、福祉サービスを必要とするすべての人の相談に乗るのが仕事です。

生活に困っている本人はもちろんのこと、介護などで疲労している家族をサポートするのも、社会福祉士の仕事です。

どのようなことで生活に困っているのか、一人一人に寄り添い、適切な福祉サービスを提案します。

仕事がなくて生活に困っている人には、自分に適した仕事を見つける方法を教えたり、当座の生活費を補助してもらえる制度があれば申請方法を紹介したりします。

どうすれば今の困難から抜け出すことができるのか、よく話を聞き、アドバイスをし、その困難を解決するためのサポートをしていくのです。

関係機関と連携し情報を共有

話を聞いてアドバイスをし、本人が自分で行動できるなら良いのですが、時には福祉施設に入所が必要な場合もあるので、関係する機関との連絡、調整も行います。

困っている人が本当に必要とするサービスを受けられるように、今後の計画を立てながら、申請等の手続きがスムーズに行えるようにします

相談後の状況も確認

相談に乗って終わり、ではなく、福祉サービスを紹介した後、その人がどうなっているかを確認することも大切な仕事です。

本人の状況に変化があれば、別のサービスを提案し、新たに関係各所と調整を行います。

お給料はどのくらいもらえる?

社会福祉士の資格を取ったら、お給料がどのくらいになるのかという点も気になるところだと思います。

経験年数が上がるほど、給料も上がっていく傾向にありますが、勤め先によっても幅がありますので、どこに就職するかが重要です。

◆平均月収

  • 児童相談所、福祉事務所など:35万円〜36万円くらい
  • 社会福祉協議会:35万円前後
  • 病院などの医療機関:30万円前後
  • 特別養護老人ホームなどの民間施設:20〜25万円くらい

公的機関で仕事をする方がお給料は高めで、なおかつ安定しています。

社会福祉士になるには?資格を取るための要件など

社会福祉士になるには?資格を取るための要件など

社会福祉士は国家資格です。

年に1回の試験を受けて合格すると、社会福祉士として登録して、仕事ができるようになります

受験資格は以下の通りです。

福祉系学校で指定科目履修

  • 4年制大学卒業
  • 短大卒業→履修が3年なら+相談実務1年、履修が2年なら+相談実務2年

福祉系学校で基礎科目履修

  • 4年制大学卒業→短期養成施設で6ヶ月以上の実務経験
  • 短大卒業→履修が3年なら+相談実務1年、履修が2年なら+相談実務2年、加えて短期養成施設で6ヶ月以上の実務経験

一般大学、短大

  • 4年制大学卒業→1年以上一般養成施設に通う
  • 短大卒業→履修が3年なら+相談実務1年、履修が2年なら+相談実務2年、加えて1年以上一般養成施設に通う

大学に行っていない人

  • 4年以上の相談実務+1年以上一般養成施設に通う

福祉系の大学で指定科目を履修しているのが一番受験資格に近いですが、大学を卒業していなくても仕事をしながら受験を目指すことは可能です。

社会福祉士に向いているのは人の悩みに親身になれる人

社会福祉士に向いているのは人の悩みに親身になれる人

社会福祉士の一番の仕事は、困っている人に寄り添い、真摯に話を聞くことです。

その人が本当に必要としている支援が何なのかを探るためには、表面的な話では本心をつかめないこともあるからです。

まずは相手との信頼関係を築くために、自分の感情は抑えて、相手の世界観を丸ごと受け入れるくらいの、心理カウンセラー的な要素も必要です。

時には、本人や家族の意向と、こちらが提案する内容が一致しないこともあります。

どんなに「この方法がいい」と思っても、関わる人が納得してくれなければうまくサポートができません。

そんな時でも根気よく話をし、相手の気持ちに寄り添い、親身になってサポートできる人でないと社会福祉士は務まらないでしょう。

あわせて、関係各所と連絡調整をすることも大切な仕事ですから、関連するサービスを熟知し、様々な情報を自ら仕入れる積極性も必要とされる仕事です。

どこで働くか?資格を取ってからの仕事への結び付け方

どこで働くか?資格を取ってからの仕事への結び付け方

社会福祉士の資格を取ったら、実際にどのような現場で働くことができるのでしょうか。

社会福祉士の仕事は非常に幅が広いので、仕事をする場所も様々です。

市町村窓口で相談に乗る

市役所の窓口でも、生活困窮者、障害者、介護が必要な高齢者などの相談業務を行います。

何に困っているのか丁寧に話を聞き、その人にあった公的サービスがないかを探して、提案します

場合によっては関係機関と連絡を取り、福祉サービスをスムーズに利用できるように調整します。

福祉事務所などで勤務することもあります。

介護施設で働く

デイサービスや特別養護老人ホームで働く時には、

  • 生活相談員
  • ソーシャルワーカー
  • 生活指導員

などの名称で働くことが多いです。

入居者の生活をサポートするアドバイスを行ったり、家族の相談にも乗ります。

特に、家族との間に入って連絡調整するのはとても大切な仕事です。

家族との関係が良好であれば、本人の状態次第で、在宅介護に移行できる場合もあるからです。

逆に、在宅介護に限界を感じている場合には、適切な施設を案内するなどの調整業務も行います。

障害者施設で働く

障害者の自立をサポートするために、障害者施設やグループホームで様々な相談に乗ります。

身体障害者、知的障害者、それぞれ障害のレベルに応じた適切な支援が必要ですので、障害に関する専門的な知識が必要です。

家族、特に親が心配なのは、自分たちがいなくなった後に子供が一人で生きていけるかということです。

社会福祉士は、障害者が自分の力で生きていけるように、自分で自分のことができるように訓練をサポートし、就労支援も行います。

児童福祉施設で働く

様々な家庭の事情で、親元で暮らせない子供や生活に困窮している母子の力になります。

子供は、18歳未満が対象です。

  • ファミリーソーシャルワーカー
  • 児童指導員
  • 母子相談員
  • 少年指導員

などの名称で仕事をします。

児童相談所で働く場合には、児童福祉司と呼ばれます。

虐待を受けている子供を保護したり、非行に走り学校へ行けていない子供の相談に乗り、子供の未来を開くサポートをします。

また、子育てに悩む親をサポートするのも重要な仕事です。

虐待をしてしまう、子供が不登校など育児に困難を感じている親の相談に乗り、適切な解決策を一緒に探ります。

病院などの医療機関で働く

医療機関にも社会福祉士の仕事があります。

病院では医療ソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。

病気や怪我が治っても、日常生活が困難になってしまう人がいるので、退院後にどのような支援が受けられるのかを提案したり、医療保険に関する手続きのサポートなどを行います。

司法関係機関で働く

  • 少年院
  • 更生保護施設

などで、これから出所する人が、スムーズに社会生活に戻れるようにサポートします。

仕事を得て、社会の一員として自立できるように支援することが、再犯を防ぐことにつながるからです。

まとめ

まとめ

団塊の世代が70代を超え、高齢化がますます進んでいる日本。

また、非正規雇用の問題もなかなか解決されず、格差も解消されていません。

誰しも、いつ自分が生活困窮者になるかわからないですし、児童虐待の問題も深刻化しています。

このような世の中で、社会福祉士のニーズは今後ますます高まっていくことが予想されます。

働く場所は幅広く、自分に目指す福祉を実現できる職場を探せそうです。

社会の中で取り残されそうになっている人をなんとかしたいという熱い思いを持っている人は、ぜひチャレンジしてほしい資格です。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.