仕事の悩み

仕事と育児の両立は難しい?ストレス溜めずに続けるコツ!

更新日:

【12月2日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


働きながらどうやって育児をしていくか、仕事と育児の両立に悩んでいるママは多いのではないでしょうか?

時短勤務制度などを利用できればいいのですが、それができない場合、仕事を続けるのが難しく、止むを得ず退職を選ぶママもいます。

仕事もしたい、育児も頑張りたいというママの願いを叶えるにはどうすればいいか、仕事と育児の両立を叶える方法をご紹介します。

最初はなかなか慣れないことも多いと思いますが、自分のペースがつかめるようになれば、無理なく続けていくことができるようになるでしょう。

仕事と育児を両立させるには上手に力を抜くこと!

仕事と育児を両立させるには上手に力を抜くこと!

かつては、専業主婦のいる世帯が多かったものの、昭和の終わりころから共働き世帯が増え始めました。

平成に入ると割合は逆転し、総務省の調査によると、2017年にはおよそ半数の世帯が共働きをしていることになっています。

しかし、女性の社会進出とともに、男性が家事や育児を担うようになったかというと、決してそうではありません。

仕事と育児を両立させるには、頑張りすぎないで、時間を有効利用する工夫が必要です。

手抜きというと、いけないことをしているような気持ちになってしまうので、「力を抜く」と考えてみてください。

便利な機械はどんどん取り入れよう

なんでも自分でやろうとしなくてもいいのです。

使える機械、家電があれば積極的に利用して、少しでも家事の負担を減らしましょう。

  • 食器洗い乾燥機
  • 洗濯乾燥機
  • お掃除ロボット

などを駆使しして、家事の手間を減らすのです。

一度に揃えるとお金はかかりますが、時間をお金で買うと思ってください。

仕事から帰ってきたら、ご飯を作るのだけで精一杯です。

洗濯や食器洗いなどは機械に任せてしまいましょう。

自分が一番やりたくないと思う家事から、手を抜けるようにしていくと、ストレスが減ります。

宅配食材や惣菜などを積極的に利用しよう

ご飯は手作りしたいと思うママも多いでしょう。

余裕があるときは、それでもいいと思います。

しかし、仕事をしながら毎日全て手作りをするのは本当に大変です。

ここは、無理をしないで、食材の宅配サービスなどを利用しましょう。

ミールキットなどを注文しますと、材料があらかじめ切られた状態で入っていますから、あとは調理をするだけ。

手作りのものを出したいというママの願いも叶えられると思います。

また、疲れた時には、惣菜や冷凍食品に頼りましょう。

食事を作る時間を少しでも短縮できれば、子供とゆっくり夕食を食べられます。

疲れたら、とことん手を抜く。

楽をして気力と体力を回復させる方が大事です。

何でも「ついで」にやる!〜ながら家事で時短

掃除も毎日丁寧にやるのは難しいです。

子供がいれば家の中は散らかるものですし、仕事から帰ってきてからでは、食事やお風呂の準備で精一杯だと思います。

ですから、改めて「掃除をきちんとしよう!」などと意気込まないで、何かのついでにできることだけをやるようにしてみてはいかがでしょうか?

  • トイレ掃除は朝起きた時に、軽くブラシでこするだけ
  • 歯磨きしながら洗面所でクイックルワイパー
  • 風呂掃除は最後に入った人がやっておく
  • 夕食の支度をしながら、翌日の朝食の準備
  • 週末の時間がある時に野菜を切るなどの下ごしらえ

など、とりあえず一緒にできる作業をやってみると、少しでも時短につながります。

子供が自分でできることは積極的にやらせる

小さな子供でも、自分でできることがあります。

一つでもいい、自分でできることがあると、子供の自信にもつながります。

  • 明日着たい服を自分で揃えてみよう
  • おもちゃを自分で箱の中に片付けてみよう
  • お茶碗をキッチンまで持って行こう

など、その子どもの年齢できる範囲のことで十分です。

子供はママが大好きなので、「できたね、すごいね、ママも助かるよ!」と褒めると、喜んでやってくれます。

時短勤務制度があれば利用する

育児介護休業法によって認められているのは、

  • 子供が3歳未満
  • 1日の勤務時間が6時間以下でないこと
  • 日々雇用されるものでないこと
  • 1年以上勤務等労使協定で適用除外とされていない者

の場合、1日の所定労働時間を6時間にするというものです。

この条件に当てはまれば、正社員でなくても時短制度を利用することができます。

また、会社によっては子供が3歳以上になっても時短にできるところもあります。

会社の制度を調べて、利用できるものは利用しましょう。

頑張ってるママ、「手抜き」という罪悪感をなくして!

頑張ってるママ、「手抜き」という罪悪感をなくして!

例えば買ってきた惣菜を出したり、冷凍食品を使うことに、「手抜き」をしていると思ってしまうママは多いと思います。

罪悪感から、頑張って手作りしなければと自分を追い詰めてしまう人もいるでしょう。

しかし、家事で楽をすることは、手抜きなどではありません。

力を入れすぎないようにしているだけです。

仕事をしている分、それが正社員であっても、パートであっても、家庭のために割ける時間が減ってしまうのは仕方のないことですから、少しでも時間を節約するために楽をすることの、何がいけないのでしょうか?

パパが惣菜を買ってきたら、手抜きだって言われるでしょうか?

多分、誰もそんなことを言いません。

だったら、ママが同じことをしてもいいはずです。

おかずを買ってくれば、調理する時間を子供と話す時間に当てられます。

掃除は週末にまとめてでもいいです。

その分、早く休んで、疲れを癒しましょう。

ママ一人で、仕事も育児も頑張らなくてもいいのです。

楽できるところはどんどん楽をしましょう。

疲れてしまって、家に帰っても笑顔が出なくなるくらいなら、お惣菜を楽しく食べたほうが、子どものためにもなります。

仕事と育児の両立には夫の意識を変えることが不可欠

仕事と育児の両立には夫の意識を変えることが不可欠

働くママが、仕事と育児の両立に一生懸命である一方、パパが同じことで悩んでいるという話は、ほとんどきかないのではないでしょうか?

育児はパパとママ、二人ですることですし、家事も同じはずです。

家のことですから、家族みんなで協力するというのが、当たり前になっていないことが、ママ一人で悩む原因です。

もはや、男性だから家事をやらないとか、子育てには関わらないというような時代は終わりました。

育児や家事に協力するのではなく、自分のこととして考えてもらうように、意識改革をしていくしかありません。

はなからやる気のない人を変えていくことは、とても難しいです。

時間もかかると思います。

いちいち言わないとやってくれないことにイライラしますし、自分でやってしまった方が早いと思うでしょう。

しかし、放置していても、夫は変わりません。

今のままでは、いつまでたっても楽にならないので、

  • ゴミ出し
  • 風呂掃除
  • 洗濯物をたたむ
  • 子どもの着替えを手伝う

など、できそうなことからやってもらうように、一つ一つ、声かけをしていきましょう。

子育てしやすい仕事に転職することも視野に入れる

子育てしやすい仕事に転職することも視野に入れる

どんなに頑張っても、子供が小さいうちは、熱を出すなど突然の体調不良もありますから、出産前と全く同じように仕事をしてくのも難しいと思います。

好きなように残業をするわけにもいきませんから、そこは子育て世代に配慮した環境で仕事ができるようにしたいものです。

もし今の会社が、子育てに理解がないとか、子供がいることで仕事をしづらいと感じるなら、もっと違う環境を求めてみてもいいのではないでしょうか?

子育て世代が多く働いている会社や、産休・育休の取得率が高い会社なら、子供がいても働きやすいと思います。

まとめ:仕事と育児の両立には適度に力を抜くことが大事

まとめ:仕事と育児の両立には適度に力を抜くことが大事

仕事と育児を両立させるのは、想像以上に大変です。

体力も気力も必要なので、適度に力を抜かないと、心身ともに疲弊してしまいます。

そんな疲れた状態では、子どもの前で笑顔も出なくなってしまうでしょう。

ですから、決して頑張りすぎないようにしてください。

「食事は手作りすべき!」と自分を追い詰めないようにしてください。

楽をできるところは、どんどん楽をしましょう。

それが、仕事と育児を両立させるコツです。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【11月25日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.