NEWS

最新記事

記事

【40代女性】まだまだやり直しは利く!女性の人生設計の仕方

投稿日:2019年02月10日

更新日:2019年02月13日

現在の日本人女性の平均寿命は86歳

40代といえばちょうど人生の折返し地点ですよね。

これからますます平均寿命が伸びていく中で、今後の自分の人生設計をここで一度立て直してみませんか?

これまで「失敗した…」「後悔していることがある」「夢は諦めた」というあなたも、40代ならまだまだやり直しがききます

この記事では、40代の女性のこれからの人生設計の仕方についてアドバイスしていきます。

女性が40代で人生設計を考え直す重要さ


40代に突入すると、なんとなく「人生もう後半に差し掛かった」と感じることはありませんか?

明治・大正時代の女性の平均寿命は44歳

仕事のピークは30〜40代でそのまま人生は下降し、寿命を全うする…というのが戦後までの日本の一般的な人生でした。

現代では経済成長、生活環境の改善、医療の進歩などさまざまな要因で平均寿命がどんどん伸び、これから100歳時代になるとも言われています

時代は変化しているのに、なんとなく40代がピークという固定概念がいまだに浸透しています。

「もう40代だから」

「もう若くないし」

なぜか男性だと前向きな方が多いのですが、女性だと少し悲観的に感じている方がいます

でも、人生まだまだこれから

まだ人生の折り返し地点にも到達していないかもしれないので、前向きにこれからのライフプランを考えていきましょう。

以前twitterで話題になった投稿を紹介します。
https://twitter.com/manomano_farm/status/1084724765468684288

人生を80年と仮定して

その80年を24時間で例えてみると

0時:0歳
3時:10歳
6時:20歳
9時:30歳
12時:40歳
15時:50歳
18時:60歳
21時:70歳
24時:80歳

40歳なら、ちょうどお昼の時間ですね。

お昼休憩をとったら、午後からまたがんばるぞ!という気持ちでこれからの人生設計を立てていきましょう。

40代女性、今までと何が違う?


これからの人生設計を立てる前に、40代になるとこれまでと何が違ってくるのかを整理してみましょう。

仕事

まず仕事について。

仮にあなたが大卒で社会人になっているなら、キャリアはちょうど20年くらいです。

転職を数回していたとしても、社会人としては中堅どころ。

部下や後輩がいるという人も少なくないはずです。

今まで以上に責任やプレッシャーを感じる場面が増えてくるのも40代です。

新社会人から見た40代は大ベテランなので、憧れや尊敬の対象になる場合も。

一方で、もうベテランなので中途半端なミスは許されなくなってきます。

身体の変化

40代に突入すると、身体の変化も顕著になってきます

20代から30代へ移行する際にも身体の変化を感じる女性は多いですが、同じようなことが30代から40代への移行でも起きてきます

特に女性は、女性ホルモンの減少によって起きる変化を感じやすいです。

・異性への興味が薄れる
・更年期障害
・生理が不規則になる
・痩せにくくなる
・髪や肌のハリがなくなってくる

などが主な変化です。

仕事も家庭も大きな変化が、徐々にですが訪れます

その事実を現実として受け止め、悲観的になることなく上手に準備し対処していくことがこれからの人生設計のポイントになってきます。

場合よっては専門家への質問や相談を行うのも良いでしょう。

恋愛/結婚

もしもあなたが独身の場合、40代に入ってからの恋愛はハードルが高いと感じていることもありませんか

周りの友人もすでに結婚して子供がいて、でも私は相手もいないし…なんて思っているのであれば、その心配はありません

男性も女性も近年、結婚の平均年齢は上がっています

40代、50代、60代になってから結婚相談所に行き婚活を始めたりする方も珍しくありませんし、その年代ごとの婚活パーティなども開催されているほどです。

「出会いがなくて…」と悲観的になっているのだとしたら、それは出会いを探していないだけ

あなた自身が一歩踏み出せば出会いはそこにありますし、40代にしかない魅力で結婚を狙ってみてはいかがでしょうか

40代女性の人生設計で外せないもの


ここからは、40代からの人生設計をする上で欠かせない要素を詳しく解説していきます。

テーマ

「これからの人生、どうやって生きていこう」と考えても、おそらく漠然としすぎていてイメージがわかないと思います。

そんなときはこれからの人生のメインテーマを設定してみましょう。

たとえば、

・自分のペースでゆっくり生きていく人生
・結婚/出産し家族を大切にする人生
・お世話になった人に恩返しする人生
・キャリアをステップアップしていく人生

など。

今までの人生を振り返り、少なからず「もっとこんな風に生きたかった」という思いがあると思います。

それを諦めるのではなく、これからの40年で思い描いていた人生をやり直すようなイメージでテーマを決めましょう

テーマが定まっていれば人生設計もしやすいですし、自分のポリシーができるので何か迷った時でもいつも適切な選択をすることができるようになります。

健康

前述したように、40代になると徐々に身体に変化が訪れます

体力の衰えを感じたり、目に見えて分かる変化に最初は戸惑うかもしれません。

しかし、それは当たり前のこととしてポジティブに受け入れることをおすすめします

そして大切なのが体力づくりと健康維持です。

人生のやっと折り返し地点にきたところで健康をそこなってしまっては、楽しめるものも楽しめなくなってしまいますよね。

これからの人生を楽しむためにも健康でいることは必須条件となります。

また、50〜60代で今人生を謳歌している人に聞くと、40代から運動を始めたという人も多いです。

今さら運動なんて…と思わずに、今からでも始めましょう。

10年後、20年後に「あのとき運動を始めておいてよかった」と思うはずです。

このように、健康面を意識した行動習慣をこれからの人生設計に組み込んでいきましょう。

今の自分に合った、保険の見直しを行うことも大事になります。

まだ早いかもしれませんが、最近だと40代前半から終活も意識されてる女性だって意外といるようです。

お金

最後に忘れてはいけないのはお金のことです。

40代以降は何かとお金がかかる年代

子どもがいれば教育費はどんどんかさみますし、住宅ローンの返済、早い人だと親の介護が始まる人もいます。

それと同時に、老後どうやって生活していくのかまで計画を立てることも必要です。

働いている人なら、

・定年まで働くのか
・退職金はあるのか
・定年の時点で貯金はいくらになりそか(どれくらい必要か)
・年金はいくらなのか

など、お金に関する情報をまとめておきましょう。

中にはあまり考えたくないこともあるかもしれませんし、憂鬱な気分になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、嫌だからといって後回しにしていると数十年後後悔することになるかもしれません

ロールモデルを設定する

もしあなたの理想の人生に近い生活を送っている人がいるなら、その人の人生や生き方を参考にしましょう

身近な人でも、有名人でも構いません。

その人がどうやってその人生を歩むに至ったのか、どんなことを努力していたのか、参考になることもとても多いはず。

その人と全く同じ人生を歩む必要はもちろんありませんが、一人で考えるのが難しい場合はどんどん理想の人をマネしましょう

40代からの人生設計に必要なのはメインテーマ・健康・お金であることをお伝えしました。

これをもとにこれからの人生の年表を作ってみましょう!

できれば1年単位で細かく作成することをおすすめします

もちろん予定通りにいくとは限りませんし、予期せぬ出来事も起こるでしょう。

そのたびに、人生の設計書は書き直していく必要があります

設計書はあなたの人生の地図になります。

行く先をしっかり定めて旅するのと、行き当たりばったりな旅では大きく違ってきますよね。

理想とするこれからの人生を楽しく歩んでいくためにも、人生設計をしっかりしておくことをおすすめします

まとめ


いかがでしたか?

40代の女性にぜひやっていただきたい人生設計の仕方についてお話しました。

40代にもなると様々な経験を重ね、人生に対して悲観的になってしまうこともあるかもしれません。

それは当たり前のことです。

しかし、今まで生きてきた年数と同じくらいの年をこれから歩んでいくのに、悲観的にばかりなってしまっていてはとてももったいないことです

前向きに、いかに理想の人生を歩むかを考えていきましょう

関連記事