女性の悩み

優秀な女性リーダーに共通する10要素&求められる4つの役割とは?

更新日:

あなたは女性リーダーに求められる役割を理解していますか?

また、女性リーダーとして求められるリーダーシップが何か、把握していますか?

もしも自信を持って答えられないなら、この記事を最後までお読みください。

この記事では、リーダーシップの意味、役割などを解説しています

それだけでなく、優秀な女性リーダーに共通する10の要素もまとめました。

・女性リーダーとしての役割を果たしたい
・女性リーダーに求められる要素を知りたい
・優秀な女性リーダーになりたい

そんな風に感じている方に読んで欲しい記事になっています。

あなたに当てはまる要素があるなら、この記事の内容を参考にしてください。

女性リーダー。そもそもリーダーシップって何?


女性リーダーの役割や必要な要素を知る前に、理解しておいて欲しいことがあります。

それが「そもそもリーダーシップとは何か?」ということ。

まず、リーダーシップとは「統率力=組織を率いる力」のことです。

わかりやすく言えば、次のような能力のことです。

・組織が向かうべき目標の設定
・その方向に導いていくための能力

これらの能力が備わっているリーダーこそが「統率力がある」と言えるのです。

このことを理解した上で、この記事を読み進めてくださいね。

リーダーシップとマネジメントの違い


リーダーシップとマネジメント。

似た言葉ですが、この2つの言葉の違いを理解しておくことも大切です。

・リーダーシップを発揮しているつもりなのに、何かおかしい。
・リーダーとしての活躍がしたいのに、なぜかしっくりこない。

このような感覚に思い当たる部分がある人は、この違いが理解できていないからです。

そもそも、マネジメントとはどういう意味があるのかをご説明します。

・組織のリソース
・組織のリスクの管理
・組織を発展させるための経営手法

通常はこれらを「マネジメント」と呼ぶので、「リーダーシップ」とは異なります。

大きく違うのは、以下のような点です。

■リーダーシップ:目標に向かって物事を進める「攻め」の役割が求められる。
■マネジメント:組織を管理する「守り」の役割が求められる。

また、こんな違いもあります。

■組織を統率をする人は「リーダー」と呼ばれる。
■組織を管理する人は「マネージャー」と呼ばれる。

そのため、具体的にマネージャーの仕事は、次のような内容になります。

・部下に仕事を任せられる環境を作る。
・各自の目標達成状況を確認する。
・部下の成長を促すための教育を行う。

上記はリーダーに求められる役割ではありません。

これらは、どちらかというとマネージャーに求められる役割なのです。

あなたはリーダーとマネージャーの仕事を混同していませんでしたか

この項目では、マネジメントとリーダーの役割の違いを説明しました。

次の項目では、女性リーダーとして求められる役割についての解説を進めていきます。

女性リーダーに求められる役割とは?


次に、女性リーダーの役割とは一体どういったものなのかをご紹介します。

女性リーダーに求められるのは、次に紹介するような役割です。

管理職やチームリーダーになっている女性は、ぜひ、参考にしてくださいね。

①適切な目標設定の重要性

女性リーダーがまず意識するべき役割は「目標の設定」です。

先ほどもお話しましたが、男性女性問わず、リーダーには「統率力」が求められています

組織を統率するためには、その組織が向かうべき目的地を決める必要があります。

ですので、女性リーダーにまず求められるのは、組織の目標を設定することなのです。

裏を返すと、目標設定が適切にできない人は、どんな人も組織を統率できません

同じ目的地に向かうために、女性リーダーとして、皆の方向性を示してあげましょう。

組織は目標や計画が定まっていないと、なかなか動きません。

それは、リーダーの下についている人たちが不安を感じてしまうからです。

よって、適切な目標設定と、それを達成するための計画を明確にすることが大切なのです。

②組織の環境を整備しよう

次に女性リーダーに求められる役割は「環境整備」です。

例えば、組織内のメンバー間で、意思疎通が取れていなかったとします。

この状態では、組織をうまく統率して、目標に先導するのは難しいですよね?

結論から言えば、環境整備の基本はコミュニケーションです。

女性リーダーであるあなたが率先して、メンバー間の潤滑油になってあげましょう。

飲み会や食事会など、オフィスと違う場所でコミュニケーションを取ることも効果的です。

スタッフがいかにリラックスして意見交換を交わせるか?

という部分に注目をしてみてください。

組織が活発にコミュニケーションを取れるように感じるなら、環境整備はバッチリです。

環境整備は女性リーダーに求められる重要な役割のひとつなのです。

③組織内のメンバーの手本になろう

女性リーダーとしてメンバーの手本になる

これも女性リーダーに求められる大切な役割のひとつです。

リーダーは「この仕事はこうすれば良いんだよ」という手本を示す存在ですよね?

そのため、強いリーダーのいる組織は、メンバーもしっかりしていることが多いです。

逆に、リーダーに怠け癖があると、メンバーも怠けがちな人が増えてしまいます

スタッフはリーダーとして、常にあなたの行動を見ています。

女性リーダーとして手本になるような言動を心がけ、働きましょう。

男性向けの言葉に感じるかも知れませんが、次の言葉を覚えておいてください。

「優秀な女性リーダーは背中で語る」

多くの言葉で説明するよりも、確かな行動や姿勢は、メンバーの心を打ちます。

これは、女性リーダーだからこそ、余計に強く意識して欲しい言葉です。

④メンバーが自発的に動きたくなる組織を目指そう

女性リーダーに求められる役割として、最後に意識して欲しいのがこの項目です。

「メンバーが自発的に働きたくなる組織」を目指す

これはシンプルかつ、とても大切な項目です。

いくらあなたが必死に手本になろうと動いても、メンバーのやる気がなければ、成果は得られません。

つまり、女性リーダーとしての役割を果たしたい場合、メンバーのモチベーション管理は非常に重要なのです。

それでは、どのようにすれば、メンバーのモチベーションを高められるのでしょうか?

それでは、次の項目では、優秀な女性リーダーに共通する10の要素をご紹介します。

今からご紹介する要素を理解し、女性リーダーとしての統率力を発揮しましょう。

優秀な女性リーダーに共通する10の要素

優秀な女性リーダーには、以下の10個の共通点があります。

あなたが優れたリーダーとしての役割を果たしたいなら、必ず実践してみてください。

優れた女性リーダーになるなら、まずは成功者の取り組みを真似することです。

たったそれだけのことで、優れた組織を統率できるようになるのです。

考えるよりも、まずは行動!

どんどん取り組みを活性化させるのも、リーダーの役割のひとつです。

ここで紹介する10の要素を真似して、リーダーとしての統率力の向上に役立ててください。

①目標設定能力

この項目に関しては、上記で既にお話した内容になります。

■リーダーシップ=適切な目標設定ができる存在である。

これを忘れないように常に意識しましょう。

闇雲に無理な設定をするのではなく、しっかり実現可能な目標を設定することも大切です。

②学習能力

優秀な女性リーダーには「学習能力」が備わっていることが多いです。

リーダーシップを発揮し、リーダーとしての役割を果たすには「知識」が必要です。

知識を得るために「学習」に積極的になりましょう。

最初は少し面倒に感じるかも知れませんが、今はネットなどでも知識が得られます。

当然、昔ながらの書籍などからの情報収集も有効です。

また、通勤時間は、貴重な学習時間にすることができます。

通勤中はスマホで知識を得る時間に充てることからスタートするのがおすすめです。

③判断力

優秀な女性リーダーには「判断力」も備わっています。

同時に、判断力は、どんな女性リーダーにも求められることです。

・優柔不断な態度の人
・判断が早く、意見が明確な人

どちらの方が優秀なリーダーに感じますか?

判断力が備わっている人についていきたいと感じるはずです

時には、正解or不正解かを気にせず決断をすることも大切です。

それが、結果的に周囲を統率していく力になるのです。

④コミュニケーション能力

リーダーシップを発揮する場面は、必ず自分以外の人が関わります

そのため、周囲の人を動かすための、コミュニケーション能力は大切です。

実際、優秀な女性リーダーは、コミュニケーション能力が高い人が多いです。

特に、メンバーが主体性・自発性を持って行動をすることを意識して、人と接することが大切です。

この意識があれば、メンバーの満足度や充実感を向上させていけるからです。

⑤メンバーの育成能力

女性リーダーは、育成能力の高さも求められることが多いはずです。

リーダーがいくら有能でも、メンバーの能力に限界があると、成果は得られないからです。

そのため、リーダーの役割を果たすなら、育成能力が求められるのです。

優秀なリーダーは育成能力の向上を常に意識しています。

⑥常に誠実な姿勢

女性リーダーには常に誠実な姿勢が求められます。

・約束を破るようなリーダー
・メンバーを見下すようなリーダー
・あれこれ指示をするが、自分は何もしないようなリーダー

このような姿をメンバーに見せては、周囲の人はついてきませんよね。

「あの人は口先だけだ」
「あの人は不誠実だ」

そんな印象を与えてしまっては、あなた自身も損することになるのです。

優秀な女性リーダーは常に誠実な姿勢でメンバーと接しています

⑦メンバーの責任を取る覚悟

女性リーダーとして、メンバーの失敗などの責任を取る覚悟を持ちましょう

これも、リーダーとして求められる、大きな役割のひとつです。

あなたがリーダーである以上、あなたについてきてくれている人がいます。

その人たちは、あなたの設定した目標達成に協力をしてくれる、サポーターです。

その人たちへの感謝は、常に忘れないようにしましょう。

感謝の気持ちがあれば、「メンバーの分の責任もとってあげたい」と自然に感じられるようになるはずです。

⑧業務遂行能力

上でお話したように、女性リーダーはメンバーの手本である必要があります。

そのため、リーダーは優れた業務実行力を備えている必要があるのです。

・仕事ができる上司
・仕事ができない上司

この2タイプの上司がいたら、メンバーはどちらの指示を聞きたいと思うでしょうか?

どんな人だって、仕事ができる上司の指示に従うはずです。

⑨モチベーション管理能力

優れた女性リーダーは、メンバーのモチベーションの変化に繊細です。

メンバーのモチベーションが低下したと感じたら、コミュニケーションを取る。

簡単なことですが、非常に大切なことです。

メンバーとコミュニケーションを取れば、その人のやる気がなぜ低下しているのかはわかるはずです。

しかし、メンバーのモチベーションの変化に気がつかない場合は大変です。

コミュニケーションを取ることなく、時間が過ぎていってしまいます。

このような状態が積み重なると、リーダーの役割は果たせなくなってしまいます。

常に組織内のメンバーのモチベーションには気を配りましょう

⑩女性リーダーとしての寛容な姿勢

女性リーダーとして、目標や方向性の設定が大切なことは伝わったと思います。

しかし、実際に仕事をしていると、反対意見が出ることもあるでしょう。

・これは違うと思います。
・僕はこうしたいです。
・その目標設定には反対です。

このような意見が出たとしても、決して突き返すような態度は取らないでください

そのメンバーは、何かしらの考えがあって、あなたに意見をくれたはずです。

現場であなたのサポートをしてくれる協力者の意見には、必ず耳を傾けましょう。

このような、女性リーダーとしての寛容な姿勢は、優秀な女性リーダーには必ず備わっています。

女性リーダーが意識するべき8つの行動


女性リーダーとしての役割を果たすために、次の8つの行動を試してみてください。

これを実践すれば、リーダーとしての統率力は着実に高まるでしょう。

①適切なタスクの振り分け
②明確な計画を立てる
③チームのモチベーション管理
④チーム全体の仕事の効率化
⑤チーム全体の結果確認
⑥各メンバーへのフィードバック
⑦あなたの後継者候補の育成
⑧常にメンバーの手本となる動きをする

ここで伝えた項目をチェックシートにして、日々、自己採点をしてください。

これらの項目を全て遂行できていれば、あなたは優秀なリーダーです。

キャリアアップしたい女性が、必ず覚えておくべき9のこと

まとめ


今回の記事では以下のことをお話しました。

・女性リーダーとして求められる役割
・優秀な女性リーダーに共通する10の要素
・女性リーダーが意識するべき8つの行動

今回お話をしたことを徹底すれば、あなたの統率力は確実に高まります

女性リーダーとしての役割を果たすために、すぐにでも実践をしてみてください。

今回の記事が、あなたの女性リーダーとしてのスキルアップに繋がれば幸いです。

-女性の悩み
-, , ,

Copyright© RASHIKU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.