【10月28日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事の悩み

転職で迷う理由は?辞めてもいいか判断する3つのポイント

更新日:

最近は、昔と比べて転職する人も増えてきました。

転職に対するネガティブなイメージは払拭されつつあり、転職することが自分のキャリアにとってデメリットになることは少なくなっています。

実際、総務省の行なった労働力調査によると、2019年の転職者は過去最高の351万人となりました。

しかし、転職する人が珍しくなくなったとはいえ、いざ自分が転職しようとすると、迷いが生じるものです。

転職先が見つかるのだろうか、今の会社の方が実は良かったと後悔しないだろうか。

そんな風に迷っているなら、その迷いの正体をまずは突き止めましょう。

迷っている理由がはっきりすれば、転職すべきかどうかも判断できます。

どっちつかずの気持ちのまま転職活動に入ることが一番良くないので、なぜ迷っているのかをしっかり考えてみましょう。

 

転職に迷う理由は不安が大きい

転職に迷う理由は不安が大きい

転職したいという気持ちがありながら、転職に踏み切れないのは、このような理由が考えられます。

本当に自分の能力が通用するのか心配

自分のスキルに絶対的な自信が持てないとき、そもそも自分を評価してくれるような会社があるんだろうか?と不安になると思います。

評価をしてもらえないと、希望する会社の内定がもらえないだろうし、仮に入社できても、希望の部署に配属されないとか、希望の職種に就けないかもしれないと、不安ばかりが先行してしまうでしょう。

今の会社では評価されていることでも、他社に行ったら通用しないということももちろんあるので、客観的に自分のスキルを評価する指針がないと、いつまでたっても気持ちが後ろ向きで、転職に踏み切れません。

本当に希望の条件で転職できるか不安

一社だけ応募して即決まった、という人は少ないです。

いくつか候補をあげて、同時に応募するというように、数社並行して転職活動をしていくのが一般的です。

そんな時、希望する企業にはことごとく落ちてしまい、滑り止めで考えていたところしか内定をもらえなかった、ということはよくあることです。

今より条件を下げてでも転職するか、希望の条件が叶わなければ転職をやめるべきか、非常に迷うとことだと思います。

家族がいる人は特に、収入面で希望の条件が叶わなかったらどうしようかと迷うでしょう。

君は必要な人材であると引き留められた

転職の意思を示した時に、上司から強く引き止められるケースがあります。

転職活動を始める前の場合もありますし、内定をもらってからでも「君は我が社に必要な人材だから辞めないでほしい」と言われることも。

そんな風に言われると、やっぱり今の会社で頑張った方がいいのだろうか?と迷ってしまうでしょう。

ただ、ここで注意したいのは、強い引き止め=高く評価されている、とは限らないことです。

会社としては、新しい人を雇ってまた一から仕事を教えるよりも、今いる人を使った方が楽なのです。

単に、コストの問題で引き止めている可能性もあるので、本気で転職したいのかどうか、自分の気持ちを見つめ直すことが必要です。

 

転職すべきかどうか、迷った時のチェックポイント3つ

転職すべきかどうか、迷った時のチェックポイント3つ

色々と迷う中で、転職に踏み切るかどうか、判断するための基準についてまとめてみました。

このポイントをクリアできるかどうか、チェックしてみてください。

他社で通用する、ポータブルスキルが身についているか

仕事のスキルには、いくつかの種類がありますが、スキルというと「テクニカルスキル」をイメージする人が多いです。

テクニカルスキルとは、

  • 商品知識
  • 接客技術
  • 文章作成能力

など、その仕事を行うために必須とされるスキルのことです。

ベテランになる程、技術も熟練しますし、知識も豊富になっているので、「このくらいのスキルがあれば大丈夫!と思ってしまいがちなのですが、ここは注意が必要です。

テクニカルスキルは、その会社でしか通用しないものや、その会社では評価が高くても、他社に行くとそれほどでもない、ということがよくあるからです。

それよりも重視したいのは、ポータブルスキルです。

ポータブルスキルとは、持ち運びができるスキル、すなわち、どこの会社に行っても通用するスキルのことです。

  • マネジメント力
  • 計画力
  • 課題解決力

など、仕事を円滑に進めるために必要な能力です。

  • 傾聴力
  • 説得力

などのヒューマンスキルも含める場合があります。

ポータブルスキルが身についているかどうかを判断するには、これまでの仕事ぶりを振り返ってみます。

  • 仕事を計画的に進めることができていたか
  • プロジェクトを進める上で困難にぶつかった時、どうしたか
  • チームの中で自分がどのような役割を果たしていたか

このようなことを考えてみて、「他社でも通用する」と思えるようなスキルをピックアップしていきましょう。

やりたいことははっきりしているか

もし給料が下がっても、どうしてもこの仕事がしたい!という強い思いはありますか?

5年後、自分はこんな風に活躍している!というイメージが持てますか?

今の仕事にやりがいが感じられないというだけの理由では、転職は成功しません。

また、給与のいいところだったらどこでもいい、というのもきっとうまくいきません。

この会社で、この仕事がしたい!という明確なものがなければ、いくら人手不足でも、「この人に、ぜひ我が社で働いてほしい」と思ってはもらえないでしょう。

これは、採用する側の気持ちを考えてみればわかると思います。

「御社でこの仕事がしたいです!」と熱意を持って話す人と、ありきたりな志望動機しか言えない人では、どちらを採用したいと思うでしょうか?

自分はその会社で何をしたいのか、しっかり掘り下げてみてください。

今の心地よさを捨てる覚悟があるか

人は、変化を嫌う生き物です。

転職すれば、それがどんなにやりたかった仕事でも、希望した会社であっても、慣れるまでは多少の苦労がつきものです。

それよりは、慣れた仕事をしている方が、断然楽なはず。

その心地よさを捨ててまで、新しい環境に移る覚悟があるでしょうか?

苦労しても、それでもやりたいことがある、得たいものがある。

その覚悟があるかどうか、自分としっかり会話をしてください。

年齢だけで焦ってはいけない!転職せずに解決できる問題はない?

年齢だけで焦ってはいけない!転職せずに解決できる問題はない?

転職さえすれば、問題が全て解決するわけではありません。

もし、「35歳までに転職しないと転職先がなくなるのでは?」というような、年齢だけで不安に思って転職しようとしているなら、そこは一度立ち止まって、考え直す必要があります。

転職しないという選択肢も含めて、もう一度考えてみましょう。

労働条件を改善できないか

  • 残業時間が長すぎる
  • 給与がなかなか上がらない
  • 休みが取りづらい

など、労働条件に関する問題は、周囲の人とも話し合ってみる必要がありそうです。

残業しているのが自分だけなら、それは自分の能力の問題かもしれません。

しかし、みんなが同じように残業しているなら、仕事量の問題か、仕事のやり方の問題か、みんなで話し合うことで、解決の糸口を見つけられるのではないでしょうか?

もしくは、人員を増やしてもらうよう、みんなで上司に掛け合ってもいいと思います。

改善できるかどうか、動いてみてから転職を考えても遅くはありません。

人間関係を改善できるか

上司と合わないなど、人間関係の不満も、転職したい理由の一つだとおもます。

確かに、パワハラをするような上司からは、「逃げる」というのも一つの方法ではありますが、もし相手が悪いなら、その上司に相談するなど、転職以外の方法もきっと見つかります。

また、人間関係が悪くて仕事がしづらいという場合、なぜ人間関係がこじれているのか、少し観察してみませんか?

  • 忙しすぎて心に余裕がなくなっている
  • 仕事がうまくいかなくて悩んでいる人が多い

このような場合、仕事に関する悩みを共有することで、心が軽くなって人間関係もうまくいくことがあります。

今すぐ転職しなくても、人間関係を改善する努力をしてみて、それでも改善しなければ本格的に転職活動をする、というのでもいいでしょう。

人間関係改善に向けて努力することは、もし転職しても、次の職場でもきっと役にたつからです。

異動はできないか

どうしても今の仕事が嫌だ、他にやりたい仕事があるという時、同じ会社の中で、希望の仕事ができる部署はありませんか?

もしくは、小さな会社でそれほど部署がないというときは、「こんな仕事をやらせてほしい!」と上司に相談してみるのも一つの方法です。

自分で企画立案して、実現までこじつけるくらいの実行力、行動力が身につけば、いずれ「やっぱり転職しよう」と思った時にも、役にたつでしょう。

まとめ:転職で迷ったら自分との会話が大事!

まとめ:転職で迷ったら自分との会話が大事!

転職したい、だけど失敗したらいやだ、どうしよう?と迷ったら、自分には他社でも通用するスキルがしっかり身についているのか、冷静に考えましょう。

また、エネルギーを使う転職活動をして、今の慣れた環境から離れるだけの覚悟があるか、本当に他の会社に移らなければできない仕事なのか、自分自身としっかり会話をする時間を持つことが大事です。

その上で、やっぱり転職しよう!と思うか、もう少し今の会社で頑張ってみようと思うか。

どちらにしても、納得がいくまで、しっかり考えてみてください。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【10月28日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.