COLUMN

  1. HOME
  2. ブログ
  3. COLUMN
  4. 11の仕事で成長する人・成長しない人の違い&成長する仕事の仕方!

11の仕事で成長する人・成長しない人の違い&成長する仕事の仕方!

あなたは仕事の上司や同僚、部下を見て、成長に関する次のようなことを感じませんか?

「どうして仕事の成長にはこんなにも差が出るの?」
「仕事で成長する人は何を意識してるの?」
「仕事で成長する人と成長しない人の違いは何?」
「具体的にどんな仕事の仕方をすれば成長できるの?」
「仕事で成長しない人にならないためには?」

多くの人は上記のような疑問や不安を抱えながら仕事をしています。

あなたもひとつくらいは当てはまる部分があったのではないでしょうか?

心当たりがあった人は、仕事で成長するための具体的な方法を知らない可能性があります。

当記事ではそんな仕事で成長する人・成長しない人の違いをご紹介します!

また、具体的な仕事で成長する方法も解説しているので、最後までお読みください。

仕事で成長する人・成長しない人には共通点がある!


仕事で成長する人・成長しない人には明らかに共通する部分があります

また、あなたが仕事で成長するためには、成長する人の特徴を取り入れることが大切

そして、仕事で成長しない人の特徴は決して真似しないように。

それでは早速ですが、仕事で成長する人・成長しない人の特徴をみていきましょう!

①仕事で成長する人は目標設定が常に明確!

仕事で成長する人は常に目標を定めて、目標に向かって生きています。

・何かを達成するための目標
・夢を叶えるための目標
・自分を高めるための目標

人によっては色々な目標があると思います。

その目標を達成するために、必要なスキルや知識を身に着けることは苦ではないはず。

こうやって、楽しんで目標に向かって歩んでいくことが、仕事で成長する重要なポイント!

「成長したい」と思うだけで、具体的にはどんな成長を求めているのかが曖昧な人は注意

目標が曖昧だと必要な成長が何かを自分でも理解することができないからです。

②仕事で成長する人は理想像を具体的にする!

あなたは仕事で成長した結果、どんな人生・どんな未来を実現したいですか?

この「成長の結果」「理想的な未来予想図」が具体的な人は仕事で成長します。

未来を具体的に描けない人は理想の未来を実現するために、何が必要かを知りません。

するべきことが全く明確ではないので、当選ですが、仕事でも成長できません。

仕事で圧倒的に成長するためには、理想的な未来像を明確にしてください

③仕事で成長する人は「毎日の経験」を噛みしめている!

仕事で成長する人は「同じような毎日」を過ごしていません

日々、日常の中で経験することを糧にして、常に成長をしているのです

反対に、毎日を同じように過ごす人は自ら成長を止めてしまっている可能性が高いです

成長しない人は「ここの会社では成長できそうにない」などの不満を持ちがち。

しかし成長する人は「この会社が成長できないと感じる理由は?」と答えを探します。

このように毎日が勉強と捉え、経験や学びを取り入れることで、成長しているのです。

④仕事で成長する人は常にポジティブ!

仕事で成長する人は例外なく常にポジティブで前向きな考え方を持っています

逆に負のオーラを放っている、ネガティブな人は仕事で成長することはありません。

それどころか、負のオーラは周りの人に伝染する可能性も多いにあります

そのため、周囲や会社にとってもマイナスな存在として扱われやすいのです。

また、成長できない理由を他者に押し付ける人は、転職後も同じことを繰り返しがち

仕事での成長を加速させるためにポジティブを保つことが重要です。

仕事で成長する人に共通する仕事への姿勢・マインド


仕事で成長する人たちには、共通する仕事への姿勢やマインドがあります。

あなたが仕事で成長したいと願うなら、この姿勢やマインドを取り入れてください。

そうすることで、あなたの仕事での成長は加速していくはずです。

①あなたの仕事での成長目標を言語化する!

あなたは自分が「どう成長したいか?」を言葉にすることはできますか?

仕事で成長する人のほぼ全員が、成長目標を言語化して考えています

成長目標を言語化できれば、あとはそれを実際に実行していくだけで成長していきます

逆に成長に向けた必要な行動が理解できていない場合は、目標をさらに明確にしましょう

あなたの仕事の成長目標を定めて目標を細分化することは成長に繋がります。

②仕事の成長に関するライバルは常にあなた自身!

あなたは周囲や社会的な評価を基準にして、夢を描いていませんか

これは非常に危険な考え方であり、仕事の成長を妨げるリスクもあります

このタイプの人は他人との比較や周囲の評価を感じやすく、鬱になりやすいのです

あなたが「世間一般が描く成功者」になる必要はあるのでしょうか?

重要なのは、あなた自身が心の底から実現したいと感じる夢を叶えることです

ライバルは常に自分だと定め、あなたの本心が求める目標に向けて行動をしてください。

③仕事の成長には2種類のパターンがある!

仕事の成長には2種類のパターンがあることを知っていますか?

①短期的成長:目の前にある具体的な目標に対する成長
②長期的成長:将来の大きな目標に対する成長

あなたが今抱いている目標はどちらでしょうか?

短期的目標が課題の人は、達成後の目標を今から決めておくべきです

長期的な目標が課題なら、目標を具体化する短期的な目標を決めましょう

大事なのは、2種類の成長を理解すること。

そして、バランスよく2種類の成長目標を設定することなのです。

成長したい人が取り組むべき仕事への姿勢


この項目では成長したい人が取り組むべき仕事への姿勢をご紹介します。

つまり「あなたが仕事で成長するために何を意識するべきか?」の解説になります。

仕事で飛躍的な成長を遂げるためにも、ここで紹介する内容は必ず取り入れてください!

実際に取り入れて実践すれば、あなたの仕事の成長はすぐに加速していくでしょう。

①仕事への好奇心が成長をスピードアップさせる!

仕事への好奇心がない人は、仕事の成長速度が非常に遅く、成長できません

好奇心は行動力やモチベーションに繋がるガソリンのようなもの。

成長するためには、変化を楽しんで積極的に行動をしていくことが必要不可欠

現状に満足せずに、常に好奇心を持って仕事に向き合えば、成長はスピードアップします

②仕事のストレス・疲れの解消法を保つ!

成長を求めるあまりに睡眠時間を削ったり、ストレスを貯めるのは絶対にNG

無理をすると生産性は下がり、どこかで倒れてしまいます。

また、成長できない人は「疲れ」「ストレス」の対策ができていないことが多いです。

どんなに忙しくてもストレスや疲れを解消できるように、対策をしましょう

③仕事を広い視野で捉えることも成長に繋がる!

仕事だけに限らず、人間はひとつのことに集中すると視野が狭くなってしまいます

また、一つのことに集中すると視野は狭くなり、ストレスも溜まりやすいです

常に視野を広く保てるように、関心があることには貪欲に取り組んでください

ネットやスマホの発達した現代において、有益な情報を取りに行くのは簡単です。

そんな社会の中で情報に乏しい人は情報弱者と呼ばれ、人生を活かせません。

成長できる人・成長できない人の違いは情報への積極性といっても過言ではありません。

④あなたの人生や仕事の成長は情報が変えてくれる!

あなたの人生は、あなたの得た情報の量に比例するといっても過言ではありません。

情報の量は、当然ながら仕事での成長にも大きく影響します

あなたの業界に縛られず、広い視野で情報を得ることは確実にあなたを成長させます。

あなたの考え方や行動の変化は、新しい自分との出会いでもあります。

新しい自分を常に探し続ける姿勢を持つことは、圧倒的な成長をする重要なポイントです

まとめ


仕事で成長する人・成長しない人の違いはご理解いただけましたか?

仕事で成長する人の特徴や共通点はすぐに取り入れてください

それが、あなたが最もスピーディーに成長する、最も最適な手段になります

同時に、仕事で成長しない人の特徴や共通点は真似しないように注意しましょう。

今回ご紹介したことをすべて実践すれば、あなたは必ず成長します。

まずは明確な目標や夢を具体的にすることからスタートしてください

あなたが仕事で成長して、あなたの夢が叶うことを応援しています。

関連記事