仕事の悩み

体調不良でも評価を下げずに仕事を休むコツやポイント!

更新日:

体調不良で仕事を休むと「自己管理不足」だと言われることが多いですよね。

特に会社の繁忙期などに誰もが必死に頑張っている中、自分だけ休むのは気が引けます。

実際に、大事な場面で体調不良になってしまうことは決して良いことではありません。

しかし、それでも仕事を休むほどの体調不良なら休みを取ることが大切です。

そして、1日でも早く復活して、休んでしまった分を取り返すべきです。

とはいえ、いくら体調不良でも、仕事を休む際の連絡はしにくいですよね。

そこで当記事では、体調不良時に評価を下げずに仕事を休むポイントをご紹介します。

体調不良で仕事を休む際のチェックポイント

体調不良で仕事を休む際のチェックポイント

体調不良で仕事を休むことに、気が引けてしまうことは誰でもあることです。

社会人は体調管理が求められるのは当然ですし、休みが多発するのは問題です。

しかし、実際に体調不良になったら、そんなことを考えていられません。

そこで、仕事を休むべきか否かを判断するためのチェックポイントをご紹介します。

あなたに当てはまる項目がいくつあるか数えながら読み進めてください!

仕事を休むべきかを冷静かつ客観的に考えたか?

仕事を休むべきか悩んだら、冷静になって客観的な視点を持ちましょう。

  1. 自分の目線
  2. 会社の目線

この2つの視点から、客観的に仕事を休むべきか判断してください。

あなたにしかできない仕事があったりするなら、簡単に仕事を休むべきではありません。

しかし、それでも冷静に考えて出社が難しいなら、出社しても仕事ができないはずです。

あなたが出社をする以上は、会社や周囲の役に立てることが前提です

仕事を休むことに引け目を感じるか?

仕事を休む際に「休みにくい」「言い出しにくいな」と感じることはありますか?

もしも「仕事は休んではいけないものだから」と、決め込んでいるなら注意が必要です。

仕事に行くのは社会人として立派なことですが、当然のことではありません。

体調不良なのに、無理に仕事をすることで、逆に周囲に迷惑になることもあるでしょう。

本当に体調が悪いときは無理をせずに休んで回復を優先することも大切です。

体調不良の原因は感染リスクのある病気ではありませんか?

仮にあなたがインフルエンザなのに出社をしてきたら、会社は大混乱です。

インフルエンザに限らず、感染リスクのある体調不良なら、仕事は休みましょう

しかし、仕事を休むことで、周囲に負担が増えることを心配する人もいると思います。

だからといって、会社に病気を持ち込んでいいことにはなりません。

あなたが感染リスクのある病気を患っているなら、出社は控えるのがマナーです

体調不良で仕事をすることが、必ずしも他人に迷惑だと決めつけてないようにしましょう。

状況に合わせて、客観的な目線で、冷静に判断をしてください。

仕事を休むことの悪い面ばかり見ていませんか?

仕事を休めば、確かに周囲に負担を与えてしまうになってしまうでしょう。

だからといって、仕事を休むことでの影響や、周囲への負担ばかり気にしていませんか?

その考え方は、責任感の感じられる立派な考え方です。

しかし、あなたが体調不良を感じるなら、責任感だけで判断するのは危険です。

できる限り客観的な視野で、冷静に休むべきか否かの判断をしましょう。

仮に仕事をスポーツだと仮定して、そのチームのキーマンが体調不良で休んだとします。

この場合、そのチームは棄権をして、素直に負けを認めるのでしょうか?

この例の場合なら、体調不良で休んだ選手の代わりを誰かが担当します。

それは、当たり前のことですし、それがプロフェッショナルというもの。

困ったときはお互い様という言葉がまさにその通り。

周囲の人が体調不良で仕事を休んだときは、率先してサポートしてあげればいいのです

多くの仕事は代役が効くはずなので、支え合いで協力をしましょう。

体調不良時は伝え方次第で仕事を休みやすくできる

体調不良時は伝え方次第で仕事を休みやすくできる

あなたの周りにも、体調不良で仕事を休んでも印象が悪くならない人っていませんか?

今日までに、そんなタイプの人を1度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

その人たちが仕事を休んでも、なぜ悪い印象が残らないのかわかりますか?

それは、体調不良で休む際の伝え方、休み方が上手なのです。

その人たちの仕事を休み方を真似して、上手に仕事を休めるようになりましょう。

普段の仕事への姿勢が重要

仕事を体調不良で休む際、あなたの普段の仕事への姿勢が周囲の印象を決定づけます。

評価が低い人は、体調不良で仕事を休むとさらに評価を落としかねません。

しかし、普段から仕事に真剣に取り組む姿勢があれば、悪い評価には繋がりません

普段から周囲に良い印象を与えておくだけでも仕事を休みやすくすることができます。

万が一に備えて、普段から周囲への評判を高められるように心がけた行動をしましょう。

できる限り早い段階で体調不良を伝える

あなたが体調不良を感じたら、仕事を休むことはできる限り早く伝えましょう

そうすることで会社側もできる対応に幅が持て、その後の余裕を作ることができます。

少なくとも出勤時間ギリギリになって休むと伝えることがないように注意してください。

どんな事情があれど、仕事を休むことを伝えるのが遅いことはNGです。

人材を育てておく

仕事を休む際、あなたの代役になるスタッフがいないと、休みにくいですよね?

今のあなたには、そんな代役を任せられる人が周囲にいますか?

もしも心当たりがないなら、そんな代役候補を探して、育てておけばいいのです。

特にあなたの部下を代役にするなら、部下の成長もあなたの評価になります

また、それが結果的には会社の利益にもなるのです。

そんな経験を積めば、育てた人材は、大切な存在になってくれるはずです。

体調不良で仕事を休むなら電話がベター

仕事を休む際は、その連絡の仕方がとても重要なポイントになります。

多くの人は仕事を休む際に、電話かメールで連絡を入れることが多いでしょう。

体調不良は突然訪れることが多いので、緊急性の高い連絡になるはずです。

そのような急な連絡の際は、電話で仕事を休む旨を伝えてください

電話で伝えることが重要な理由は、連絡の確実性です。

体調不良で仕事を休むという事実を、正確に会社に伝える必要があるのです。

体調不良を電話で伝える際のポイント

体調不良で仕事を休む際は「休みます」という伝え方は絶対にしてはいけません。

言い切るのではなく「仕事を休んでも大丈夫ですか?」と確認方式で連絡を入れましょう。

あなたの体調不良がどのような内容で、医師からはどう言われているのか。

また、仕事を何日休む予定なのかなども同時に伝えると、会社も対策をしやすくなります。

仕事を休むことで会社に迷惑をかけるのですから、現状は正確に伝えるのがベストです。

体調不良をメールで伝えるリスク

体調不良で仕事を休む際は、メールでの連絡はあまりおすすめできません

なぜならメールを受け取る相手側の状況次第では、確認が遅れることもあるからです。

いくら早めに休みの連絡を入れても、相手に確認されなければ意味がありません。

気がつかれなかった場合、あなたは無断欠勤扱いをされる可能性もあるのです。

ですので、特別な事情がない限りは、仕事を休む連絡は電話で済ませましょう

体調不良をメールで伝える際の例文

もしも体調不良で仕事を休む際の連絡をメールで送るなら、内容も注意しましょう。

メールはリアルタイムでやり取りするわけではありません

体調不良で会社を休む際のメールは以下の注意点を意識して作りましょう。

  • どのように体調が悪いのか
  • いつから体調が悪いのか
  • 症状
  • 病院にはいつ行くのか
  • 謝罪の気持ち

上記を取り入れた内容になっているか確認の上、メールをしてください。

まとめ

まとめ

体調不良時に評価を下げずに仕事を休む11のポイントをご紹介しました。

仕事を体調不良で休むことになるのは、あなたにとっても不甲斐ないことでしょう。

そして、周囲の人に迷惑をかけてしまうことを心配に感じることもあると思います。

だからこそ、仕事を休む時の判断基準や方法は間違えないようにしてください。

今回伝えた内容を実践すれば、体調不良で仕事を休む際の不安や悩みは軽くはるはずです。

無理をして出社をするよりも、正しい判断基準で休むべきなのか、判断をしましょう。

もしも仕事を休むことがあれば、休む際のテクニックを実践してみてくださいね。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.