仕事の悩み

仕事で高く評価される人の優先順位の決め方やテクニック!

更新日:

あなたは仕事の優先順位を正しく見極められているでしょうか。

仕事における優先順位は、あなたの評価を大きく左右する重要な要素

正しく優先順位を見極められる人は、出世しやすく、評価される人が多いです。

逆に、仕事の優先順位が判断できない人はいつまでも評価されません。

仕事で高い評価を受ければ、給与にも反映され、日々の充実感も増すでしょう。

当記事を参考に、仕事における正しい優先順位の判断をできるようにしてください。

仕事の優先順位を見極める効果的なテクニック

仕事の優先順位を見極める効果的なテクニック

仕事における「優先順位」は作業効率や集中力に関わる重要な要素です。

また、優先順位の判断は、仕事における、あなたの評価を大きく左右するでしょう。

優先順位を正しく判断ができれば、仕事の評価は格段に高まるはずです。

そこで、仕事の優先順位を見極めるテクニックをご紹介します。

仕事における優先順位の重要性を理解する

仕事の優先順位を正しく整理することは、あなたの評価に直結します。

それだけでなく、残業時間の削減や、プライベートの充実にも繋がるでしょう。

リフレッシュするために必要な、プライベートの時間を作れないことは大きな問題です。

仕事の優先順位を正しく判断できないと、そんな大切な時間をなかなか作れません。

そのため、結果的にミスやトラブルに繋がることも増えてしまうでしょう

仕事は効率よくこなして、プライベートの時間を確保することは、意外に重要なのです。

仕事の優先順位をパターン別で分類

仕事の優先順位を4種類のパターン別に分類すると、判断に困ることが減るでしょう。

具体的には、あなたの仕事を次の4パターンに分類してみてください。

A:重要性:高/緊急性:高

B:重要性:高/緊急性:低

C:重要性:低/緊急性:高

D:重要性:低/緊急性:低

AからDの順番で、優先順位が高い仕事という認識を持ってください。

Aの仕事は重要性も緊急性も高いので、仕事の優先順位は最優先

逆に、Dの仕事は優先順位を落としても構いません

Bに分類される仕事の管理には注意

ひとつ前の項目で分類したパターンの中で、Bのケースは問題を起こしがちです。

Bには必然的に「重要だけど緊急性は低い」といった仕事が分類されるでしょう。

そのため、Bに分類された仕事は、重要なのに先送りにされる傾向があるのです。

しかしBは「ある程度の重要性の高い仕事」であることを忘れてはいけません。

Bの仕事を放置すると、他に重要な仕事が入った時に困ってしまいます。

さらに重要な仕事が急に入った場合、Bの優先度はどんどん格下げになるでしょう。

そして、他に重要な仕事に着手しているうちに、忘れられてしまうのです。

A〜Bに分類される重要性の高い仕事は、常に意識しておくのがいいでしょう。

優先順位が高く期日が明確な仕事は最優先

仕事の期日は、あなたの信頼性・信用問題に関わる重要な要素。

仕事の期日が守れない人は信頼されないので、当然ながら評価もされません。

そのため、期日が明確な仕事は、優先的に片付ける習慣を身につけましょう。

期日が迫っている仕事が減ると、余裕を持って仕事ができるようになりますよ。

簡単な仕事も優先して片付けるのがオススメ

すぐに済ませられる簡単な仕事も、優先的に片付けてしまうようにしましょう。

簡単な仕事をパパッと終わらせると、仕事にスピード感を持たせられます。

スピード感やリズム感を仕事に持ち込めると、仕事が楽に感じるようになるでしょう。

それは、あなたの仕事におけるモチベーションにも大きく関わります。

反対に、仕事に完成度を求めすぎると、スピード感が落ちて、行動力が低下します

簡単な仕事を片付けながら、スピード感を調整していく習慣を身につけましょう。

仕事に取り組む前にタスクを確認しよう

タスクを整理できていなければ、仕事を効率的に進めることはできませんよね。

仕事の優先順位が判断できても、タスク管理ができなければ本末転倒です。

仕事は、全体の流れを把握した上で、自分のするべきことを見極めなければいけません。

1日の仕事を始める前に、当日のタスクをもう1度振り返って確認してみましょう

デキる仕事仲間を真似してみよう

あなたの職場にも、1人くらいは尊敬できる上司や同僚がいるはずです。

もしも心当たりがいなくても「仕事がデキる人」なら、1人はいると思います。

その人の仕事における立ち回りや、行動、時には発言にも注目をしてみましょう。

仕事のデキる人の動き優には、絶対にヒントがあるはずです。

仕事の効率化や、優先順位の判断など、デキる人から仕事のヒントを得てください

発見したヒントは、実際に取り入れることを忘れないようにしましょう。

効率化できる仕事がないか確認しよう

過去のデータを参照できる仕事があれば、仕事を効率化するのに役立ちます。

すでにデータが出ているなら、面倒な集計作業をしなくて済むこともあるでしょう。

その他にも、大幅に時間のロスカットができるはずです。

  • 過去のデータがリストになっている
  • 過去のデータが整理されている
  • 大量のデータがある

上記のような場合は、時間短縮や仕事の効率化が狙えるでしょう。

さらに、余計なミスを防ぐことができるのも大きなメリット。

過去に参照できるデータがある仕事がないか、振り返ってみましょう。

仕事の優先順位を間違えないための効果的なテクニック

仕事の優先順位を間違えないための効果的なテクニック

ここまでは、仕事における優先順位の判断の仕方に関するお話でした。

続いて紹介するのは、優先順位の間違いを防ぐためのテクニックです。

仕事の優先順位を間違えてばかりだと、満足な評価を得ることはできないでしょう。

優先順位を間違えると、周囲を混乱させる原因にもなりかねません。

そんな事態を未然に防ぐために、参考にしてほしいテクニックをご紹介します。

仕事のtodoリスト作成

1日の終わりに、翌日のタスクや必要なタスクを決める時間を設けましょう。

やるべきこと・やることのリストを作成すると、翌日を合理的に過ごせます。

Todoリストを作成する習慣が身につくと、優先順位を間違えにくくなるでしょう

仕事の制限時間を決める

期限がある仕事は、危機感を感じられるので、集中力を発揮できる人もいるでしょう。

特に期限間近に迫った仕事は、集中力が高まりますよね

夏休みの宿題にも、そんな思い出を持っている人も多いのではないでしょうか?

これは新近効果(終末効果)呼ばれる効果で、仕事の効率を高めてくれます。

タスクを短時間に割り振れば、それだけ、新近効果も細かく割り振れます。

タスクを細かく細分化して、仕事に制限時間を設ければ、集中力が切れにくくなります

また、タスク完了の度に、優先順位を確認することを忘れないようにしましょう。

常に最新のタスク状況を確認するため、優先順位を間違えることが減るはずです。

完璧を目指さない

あなたは、完璧に仕事を終わらせようとする、職人肌な部分がありませんか?

職人肌と言えば、聞こえはいいですが、これは仕事が遅い人の特徴のひとつなのです。

仕事の重要度によって「上手に手を抜くスキル」を持ちましょう。

仕事で大切なことは、やるべきことを早くこなすこと

本当に失敗が許されない仕事以外は、まず終わらせることを意識しましょう。

チェックはあとからでもできるので、先にスピードを意識してください。

会社の優先順位を確認

あなたと会社には、それぞれの「優先するべき仕事」があるはずです。

しかし、もしも双方の優先順位の認識に、大きな違いがある場合は問題です。

会社があなたに優先すべき仕事を求めているなら、当然、考慮するべきでしょう。

もしも、優先するべき仕事の順番が納得できない場合は、上司に相談してください。

会社側としても、あなたとしても主張はあるはずなので、意見交換が必要です。

冷静に主張に耳を傾けてみると、自分の見落としが見つかることもあるでしょう。

仕事を周囲に振る勇気を持つ

重要な仕事が立て込んで、どうしても処理できない時は、助けてもらうことも大切です。

仕事を周囲に振ったり、助けを求めるのが苦手な人もいるでしょう。

そんな人は、自分の得意な仕事を請け負ってあげるのもひとつのテクニックです。

あなたが得意な仕事を請け負い、あなたの苦手な仕事を振ってあげましょう。

お互いに得意な仕事に集中できるので、ストレス軽減や仕事の効率化にも繋がります

まとめ

まとめ

仕事の優先順位を判断する能力は、あなたの評価に関わる非常に重要な要素です。

優先順位を間違えずに、効率よくこなすことができれば、あなたの自信にもなるでしょう。

また、優先順位を間違えることなく、仕事に取り組めば、結果もついてくるはずです

そうすれば、あなたの給与面への反映や、評価にも繋がってくるでしょう。

当記事をヒントにして、あなたの仕事に少しでも良い変化が出ることを祈っています。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.