仕事の悩み

仕事に行けない、こんなにつらいときはどうすればいい?

更新日:

【12月2日まで限定公開!】頑張ることをやめたら、全てうまくいった


「毎日がつらい」
「なんで私だけ…」
「楽しそうなみんなと何が違うのかな…」

今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


仕事に行かなきゃ行けないと思いつつ、気持ちとは裏腹に体が動かないとか、仕事に行こうと思うだけで気分が悪くなるとか、仕事に行けないという思いで苦しんでいる人へ、伝えたいことがあります。

それは、あなたの心が「これ以上無理しないで!」と送ってきているサインです。

このサインを、無視してはいけません。

体を壊してしまったら、やりたいこともできなくなります。

そうなる前に、元気を取り戻して欲しいのです。

我慢は美徳ではありません。

自分の心の声をしっかり聞いてください。

仕事に行けない「出社困難症」

仕事に行けない「出社困難症」

仕事に行きたくないなあと思うことは誰でもありますが、それでもなんとか出社はするものでしょう。

しかし、仕事に行こうとすると、様々な症状が出て動けない、そんな状態になってしまうことを「出社困難症」と呼びます。

  • 動悸がする
  • 呼吸困難で苦しい
  • 腹痛や吐き気
  • 頭痛
  • 微熱がある
  • 不安感で動けない
  • 朝、起き上がれない
  • 仕事だけでなく、趣味にもやる気がわかない

このような症状が出ていませんか?

もし出ているなら、すぐに心療内科を受診して欲しいのです。

特に、やる気がわかない=無気力になっている状態は要注意です。

放っておけばうつ病になって、本当に仕事ができなくなってしまうかもしれません。

そうなる前に、自分の心を救ってあげてください。

仕事に行けないと思ったら甘えてもいい

仕事に行けないと思ったら甘えてもいい

要領のいい人だったら、「会社行くのやだなあ、休んじゃおうかなあ」と思って、適当な嘘をついて休むこともできると思います。

しかし、真面目で責任感が強く、嘘がつけない人ほど、「仕事行かなくちゃ。頑張らなくちゃ。」と自分を追い込んでしまいがちです。

しかし、朝起きて「仕事に行けない」と思うほど心と体が疲れているのですから、十分頑張ったのではないでしょうか?

この程度のことで仕事に行けないなんて、社会人として甘えていると思うかもしれませんが、こんな時くらい甘えても良いと思います。

体調に変化が出ているなら甘くみてはいけない

仕事が大好きな人でも、時には疲れを感じますし、もっと寝ていたいなと思うことはあるのです。

しかし、体調不良を感じるほどではありません。

面倒臭いけど、会社に行ってしまえばいつも通り仕事をするのです。

しかし、出社困難症になると、具体的に体に症状が出てくることから、家から出ること自体が本当に辛くなります。

仕事を休んでしまえば、罪悪感からさらに症状が悪化することもあります。

仕事に行けないほど辛いのは、あなたが甘いわけでも、だらしないのでもありません。

症状が出たばかりなら、まだ間に合います。

単なる疲れと見過ごさないでください。

うつ病の入り口にいるのだと思って、すぐに病院へ行きましょう。

一度その場を離れて自分を取り戻すことが大事!

体調不良くらいで仕事を休むなんて、という間違った風潮が残っている会社もありますが、健康ほど大切なものはありません。

仕事に行けないほどの辛い症状が出ているのは、その生活を続けてはいけないということ。

いったん離れなくてはなりません。

逃げてもいいんです。

行きたくないという気持ちに正直になることが大切です。

自分が休むと人に迷惑をかけるという考えを捨てて!

でも、仕事を休んだら、周囲に迷惑をかけてしまうと思って、休めない人がいます。

その考えを、どうか捨ててください。

大丈夫、一人が数日休んだくらいで、会社は潰れないようになっています。

確かに、自分が休んだ時に、誰かに何かを肩代わりしてもらうことはあるかもしれません。

しかしそれは、お互い様ではないでしょうか?

誰かが体調不良で休んだら、あなたはきっと手伝うと思います。

困った時は助け合えばいいのですから、自分を追い詰めないようにしてください。

仕事に行けないと思った時にやってほしいこと

仕事に行けないと思った時にやってほしいこと

どうしても仕事に行けない。

そんな気持ちになっている時には、絶対に無理をしないで、一度立ち止まって欲しいです。

ここで無理をして仕事に行こうとすると、本当に心身ともに壊れてしまう可能性があるからです。

大事なことなので、もう一度いいますが、仕事に行けないと思ったら一度立ち止まりましょう。

勇気を出して休みを取ろう

大事なことなので、これも繰り返しますが、体調が悪くて仕事を休むことは甘えではありません。

むしろ、自己の健康管理のために必要なことです。

疲れていると、正常な判断ができなくなってしまいます。

仕事に行けないのは自分が悪いと思い込んで、さらに無理をする可能性もあるので、一度休んで元気を取り戻して欲しいのです。

ここは、「休んで気力と体力を回復させることが仕事」と割り切りましょう。

健康的な生活に戻してみよう

残業続きで、食生活も乱れている人は、食事の面を見直すことがとても大切です。

カップ麺や菓子パンで食事を済ませていませんか?

栄養が不足していると、体も十分に回復できません。

最近は、コンビニでも和食のおかずが充実しています。

ご飯と味噌汁、それに焼き魚、煮物など「定食メニュー」を意識して食べてみてください。

また、デスクワーク中心の仕事をしていると、運動不足になりがちです。

例えば、家で歯を磨く時にかかとの上げ下ろしをするとか、毎日10回でもいいからスクワットをするとか、時間がなくても簡単にできる運動があります。

たくさんやらなくてもいいので、ちょっと体を動かそうという意識を持ってみてください。

何がそんなに嫌なのか、自分で解決できることはあるか考える

仕事に行けないと思うほど、会社が嫌なのはなぜでしょうか?

いくつでもいいので、仕事に行きたくないと思う理由を書き出してみてください。

書き出したら、

  1. 自分自身で解決できること
  2. 職場の環境など、自分一人ではどうしようもないこと

この2つに分けてみましょう。

例えば、仕事でミスが多く、怒られてばかりなので仕事に行きたくなくなってしまった場合。

これは、ミスを減らす努力によって、解決できそうです。

また、上司と合わない、上司が苦手という場合でも、自分から歩み寄れる余地はきっとあるはず。

しかし、仕事の量に対して圧倒的に人員が足りないなど、労働環境についての問題は、自分一人ではどうしようもないことがあります。

そんな時は、上司に相談するなどの対策が必要です。

職場の環境改善は上司に相談する

仕事の効率化に取り組み、できるだけ無駄を省こうと努力をしても、残業が全く減らないという場合、人員を増やしてもらうか、根本的な仕事の見直しが必要です。

こういった、労働環境に関することは、上司や人事担当と話をしなくてはなりません。

心が疲れているときに、上司と話をすることはとてもエネルギーを要すると思います。

ですので、まずは同じ思いを共有している人がいないか、同僚にも相談してみましょう。

みんなが辛いと思っているなら、話もしやすくなると思います。

もし、上司が話を聞いてくれないなら、さらにその上の人や人事部に相談しましょう。

それでも全く環境が改善されないならば、そろそろ違う会社を探す時なのかもしれません。

まとめ:仕事に行けないと思うのは心からのSOS!

まとめ:仕事に行けないと思うのは心からのSOS!

仕事に行けないと思うほど、辛くなっているなら、どうか休んで気力と体力を取り戻してください。

休むことは、甘えではありません。

普段の自分を取り戻すための、大切な休養です。

今はまだ、仕事に行けないと思っているだけで、本当に行けなくなったわけではありません。

今なら間に合いますので、しっかり休んで健康を取り戻しましょう!

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

【11月25日まで限定公開!】「頑張ることをやめたら、全てうまくいった」
「仕事とか人間関係の悩みで辛い…」
今あなたが悩んでいることは、 頑張ることをやめることで解決する可能性が高いです。
期間限定で、あなたの悩みを解決する方法を、無料動画でお伝えしています。


-仕事の悩み
-

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.