仕事の悩み

仕事の愚痴はこぼしちゃダメ?気持ちをスッキリさせるには?

更新日:

【7月31日まで】あなたの悩みが解決する方法を公開中!
「頑張ることをやめたら、全てうまくいく」
あなたは理想的な生き方ができていますか?
もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。
その悩みが解決されると…
  • 毎日前向きになる
  • 仕事の悩みを抱えなくなる
  • 新しい生き方を見つけられる
  • 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる
  • 本当の自分を知って気持ちが明るくなる
  • 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる
  • チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる
  • 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる
たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。
そのために、このページであなたらしさを確認してください。


文句を言ってもどうしようもないことはわかっていても、でもどうしても言いたい!というのが愚痴です。

愚痴をこぼしたからって、仕事が楽しくなるわけじゃないことくらいわかってる、でもこのまま溜め込んでいたらストレスが溜まる!なんとかしたい!と思っている人は多いでしょう。

実は、愚痴にはいい面と悪い面があります。

人に嫌な思いをせずに、愚痴をこぼしてスッキリするには、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、愚痴をプラスに変えていく方法をご紹介しますので、不満を溜め込みがちな人は、ぜひ参考にしてください。

周囲を不快に!仕事の愚痴をこぼしてはいけない場面

周囲を不快に!仕事の愚痴をこぼしてはいけない場面

「この人はいつも愚痴ばかりだ」と相手に嫌な思いをさせるのは、ダメな愚痴のこぼし方です。

次のような場面での愚痴は気をつけてください。

ストレスが溜まっていると、うっかりやってしまいがちです。

相手を選ばずに愚痴をこぼす

きっとわかってもらえる!という軽い気持ちで、誰彼かまわずに愚痴をこぼしていると、「この人って、いつも文句ばかり言っている」と思われます。

特に、やる気に満ちて入社してきたばかりの新人に、上司の愚痴をこぼすのは厳禁です。

人のやる気を削ぐだけでなく、あなたに対する人望も失ってしまいます。

人に聞こえるボリュームで愚痴をこぼす

会社の中はもちろんのこと、ランチの時や喫茶店にいる時など、どこで誰が聞いているかわかりません。

お酒を飲んでいるときは、特に注意です。

知らず知らずのうちに声が大きくなるので、周囲に丸聞こえです。

もし知人や同じ会社の人がいたら大変なことになりますので、愚痴をこぼす時には、声のボリュームに気をつけましょう。

なんの努力もせずに愚痴ばかりこぼす

仕事ができない人の愚痴ほど、タチが悪いものはありません。

周囲の人からすると、「だってあなた、何もしてないからそうなったのでは?」と呆れるだけで、全く共感を得られないのです。

しかも自分の努力不足を、他人のせいにしていたら、さらにあなたの立場は悪くなってしまうでしょう。

愚痴をこぼしても、誰も共感してくれない!というときは、「私はどこまで頑張ったかなあ?」と一旦立ち止まって考えてみてください。

同意を求めるだけの愚痴

あなたが不満に思っていることを、他の人も同じように感じているとは限りません。

「ねえ、あなたもそう思うでしょ?思うわよね!」というニュアンスで愚痴をこぼしてしまう人がいますが、これは非常に嫌われます。

場合によっては、何も知らない人にあること、ないことを吹き込んでいるのと同じことになりますから、愚痴というより陰口に近くなってしまいます。

相手のタイミングを無視した愚痴

今忙しくて仕事に集中したい人に愚痴をこぼすのは、とても迷惑です。

愚痴をこぼすにしても、相手が今どんなことをしているのか、タイミングを考えなくてはいけません。

相手の仕事を邪魔するような愚痴は、とても嫌われます。

仕事の愚痴で元気を出そう!迷惑をかけずに愚痴をこぼす方法

仕事の愚痴で元気を出そう!迷惑をかけずに愚痴をこぼす方法

実は、愚痴をこぼすことはスッキリすることもあり、こぼし方を間違えなければ、自分にとってプラスになり、また、周囲の共感を得られることもあるのです。

どうせこぼすなら、楽しい愚痴をこぼしたいものです。

愚痴を理解してくれる人に話す

まず第一に、愚痴をこぼす相手はしっかり選ばなくてはなりません。

  • 自分が努力していることを知ってくれている人
  • 単なる悪口ではないことを理解してくれる人
  • こぼした愚痴を周囲に言いふらさない人

このような人です。

会社の中では、うっかり言った愚痴が広まるリスクもあります。

できれば会社以外の人で、愚痴を聞いてくれる人を探した方がいいかもしれません。

愚痴をこぼす時には、前もって宣言をする

「愚痴なんだけど、ちょっと聞いてくれる?」と断ってから愚痴をこぼしましょう。

相手からすると、何か相談ごとなのかな?と思って真剣に聞いていたら、単なる愚痴だったとなると、拍子抜けです。

愚痴というのは、解決策を求める相談とは違い、吐き出せばスッキリするものです。

ですから、愚痴ですよ、と最初に断っておけば、相手も「ただ受け止めればいいんだな」と思ってくれます。

ノートに書き出す

愚痴をこぼせる相手がいない時には、ノートを友達にしましょう。

頭の中で愚痴をこぼしていると、良くない方向へ考えがちで、余計にストレスが溜まります。

ですから、紙に書き出すことで吐き出すのです。

書いているうちに、スッキリしてくるでしょう。

愚痴をこぼせるサイトを利用する

紙に書くのが面倒、という人は、愚痴を書き込みできる専用のサイトで、思いの丈を吐き出すというのもおすすめです。

みんなが愚痴をこぼしているので、そうか、辛い思いをしているのは私だけじゃないんだ!と思えますし、似たような愚痴を見つけると、「そうだよね〜」と共感できることもあるでしょう。

みんなが共感できる愚痴ならOK

自分本位な愚痴は嫌われますが、みんなが「わかる〜!」と思うような愚痴であれば、共感を得られます。

みんな言いたかったけど言えずにいた、そんなことをあなたが代弁してあげれば、愚痴を聞いた方も、嫌な気持ちにはなりません。

例えば、「○○課長も、会議でその話をするなら、先に教えてほしかったなあ。ちゃんと準備できたのに」など、人格ではなく、相手の「行為」だけを愚痴ります。

また、内容も、自分一人が感じたことではなく、おそらくその場にいた人みんながそう思っただろうな、ということにします。

そうすると、愚痴でありならも、むしろ、「みんな同じ気持ちだったんだ」という一体感につながり、より仲良くなれる可能性もあります。

相手の気持ちを察して、その気持ちを言葉にしてあげられるような愚痴は、逆にみんなのやる気を引き出します。

愚痴をこぼさずにスッキリする方法

愚痴をこぼさずにスッキリする方法

人は、気持ちが穏やかな時よりも、不満があった方がやる気につながる場合もあります。

愚痴をこぼしたくて仕方ない!というそのエネルギーを、自分のために使ってみるのはいかがでしょうか?

どうしたら自分にプラスになるか?を考える

愚痴をこぼしたいということは、何かについて不満を持っているということです。

その不満を、そのままにしておくのはつまらないです。

自分にこんなに大変な思いをさせている上司を見返してやろう、大きな成果を出して認めさせてやろう!と、もっと前向きに考えてみませんか?

「この状況こそ自分の成長のチャンス!」ととことんプラスに考えてみましょう。

その勢いで仕事に励んだら、プラスになることはあっても、マイナスになることはありません。

むしろ、「あの時の不満があったから頑張れた」と、いい思い出になる日も来るでしょう。

会社を辞める期限を決めてみる

この状況が1年変わらなかったら、会社を辞めよう。

そんな風に、期限を切ってみてください。

人は、いつまで頑張ればいいのか、ゴールがわからないとやる気が出てこないのですが、ゴールさえ見えていたらやれそうな気がするものです。

不思議なことに、「この会社に一生いるわけではない」と心に決めた時点で、気持ちが軽くなるのです。

どうせ辞めるのだから、今だけ頑張ってみるかと、前向きになれますので、ぜひ試してみてください。

実際に、転職するつもりで、転職先を探しつつ頑張ってみると、「いつでも辞められる」という気持ちが、心を軽くしてくれます。

まとめ:仕事の愚痴はむやみにこぼさない。プラスになる愚痴にしよう!

まとめ:仕事の愚痴はむやみにこぼさない。プラスになる愚痴にしよう!

愚痴には、良い面と良くない面があることがわかったと思います。

自分本位で、誰彼構わず愚痴をこぼしていると、嫌われてしまいます。

基本的に愚痴は相手の時間を奪うものですので、「聞いてくれてありがとう」という気持ちを持っていることが大事です。

愚痴をこぼしたいときは、相手を選び、前もって宣言してからこぼしましょう。

聞いてくれる人がいなければ、紙に書いたり、愚痴サイトを利用するという手もあります。

愚痴をこぼしてスッキリし、やる気が出るなら、それは悪いことではないのです。

この記事の監修

一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事
堀内 博文

1990年、高知県生まれ。
若手起業家、または起業を目指す 20 代を中心に、ビジネスでの結果を約束する Result Business Producer として活躍していたが、『自分の命の使い道』を『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、現在は一般社団法人 Mission Leaders Academy Japan 代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

-仕事の悩み
-,

Copyright© RASHIKU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.